FileStream.Write FileStream.Write FileStream.Write FileStream.Write Method

定義

オーバーロード

Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>)

読み取り専用スパンから現在のファイル ストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込まれたバイト数だけこのファイル ストリーム内の現在位置を進めます。Writes a sequence of bytes from a read-only span to the current file stream and advances the current position within this file stream by the number of bytes written.

Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32)

ファイル ストリームにバイトのブロックを書き込みます。Writes a block of bytes to the file stream.

Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>)

読み取り専用スパンから現在のファイル ストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込まれたバイト数だけこのファイル ストリーム内の現在位置を進めます。Writes a sequence of bytes from a read-only span to the current file stream and advances the current position within this file stream by the number of bytes written.

public:
 override void Write(ReadOnlySpan<System::Byte> buffer);
public override void Write (ReadOnlySpan<byte> buffer);
override this.Write : ReadOnlySpan<byte> -> unit
Public Overrides Sub Write (buffer As ReadOnlySpan(Of Byte))

パラメーター

buffer
ReadOnlySpan<Byte>

メモリの領域。A region of memory. このメソッドでは、この領域のコンテンツが現在のファイル ストリームにコピーされます。This method copies the contents of this region to the current file stream.

注釈

現在のCanWriteインスタンスが書き込みをサポートしているかどうかを判断するには、プロパティを使用します。Use the CanWrite property to determine whether the current instance supports writing. 現在のWriteAsyncストリームに非同期に書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteAsync method to write asynchronously to the current stream.

書き込み操作が成功した場合、ファイルストリーム内の位置は、書き込まれたバイト数だけ進みます。If the write operation is successful, the position within the file stream advances by the number of bytes written. 例外が発生した場合、ファイルストリーム内の位置は変更されません。If an exception occurs, the position within the file stream remains unchanged.

Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32)

ファイル ストリームにバイトのブロックを書き込みます。Writes a block of bytes to the file stream.

public:
 override void Write(cli::array <System::Byte> ^ array, int offset, int count);
public override void Write (byte[] array, int offset, int count);
override this.Write : byte[] * int * int -> unit
Public Overrides Sub Write (array As Byte(), offset As Integer, count As Integer)

パラメーター

array
Byte[]

ストリームに書き込むデータを格納しているバッファー。The buffer containing data to write to the stream.

offset
Int32 Int32 Int32 Int32

ストリームへのバイトのコピーを開始する位置を示す array 内のバイト オフセット。インデックス番号は 0 から始まります。The zero-based byte offset in array from which to begin copying bytes to the stream.

count
Int32 Int32 Int32 Int32

書き込む最大バイト数。The maximum number of bytes to write.

例外

offsetcountarray の無効な範囲を示しています。offset and count describe an invalid range in array.

offset または count が負の値です。offset or count is negative.

I/O エラーが発生しました。An I/O error occurred.

または-or-

別のスレッドが原因で、オペレーティング システムのファイル ハンドルの位置で予期しない変更が発生した可能性があります。Another thread may have caused an unexpected change in the position of the operating system's file handle.

ストリームは閉じられています。The stream is closed.

現在のストリームのインスタンスでは、書き込みをサポートしません。The current stream instance does not support writing.

このコード例は、 Lockメソッドに提供されているより大きな例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the Lock method.

// Write the original file data.
if ( fileStream->Length == 0 )
{
   tempString = String::Concat( lastRecordText, recordNumber.ToString() );
   fileStream->Write( uniEncoding->GetBytes( tempString ), 0, uniEncoding->GetByteCount( tempString ) );
}

// Write the original file data.
if(fileStream.Length == 0)
{
    tempString = 
        lastRecordText + recordNumber.ToString();
    fileStream.Write(uniEncoding.GetBytes(tempString), 
        0, uniEncoding.GetByteCount(tempString));
}
' Write the original file data.
If aFileStream.Length = 0 Then
    tempString = _
        lastRecordText + recordNumber.ToString()
    aFileStream.Write(uniEncoding.GetBytes(tempString), _
        0, uniEncoding.GetByteCount(tempString))
End If

注釈

このメソッドは、Write をオーバーライドします。This method overrides Write.

パラメーター offsetは、コピーを開始する位置のarrayバイト (バッファーインデックス) のオフセットを指定し、パラメーターはcountストリームに書き込むバイト数を指定します。The offset parameter gives the offset of the byte in array (the buffer index) at which to begin copying, and the count parameter gives the number of bytes that will be written to the stream. 書き込み操作が成功した場合、ストリームの現在位置は、書き込まれたバイト数だけ進んでいます。If the write operation is successful, the current position of the stream is advanced by the number of bytes written. 例外が発生した場合、ストリームの現在位置は変更されません。If an exception occurs, the current position of the stream is unchanged.

注意

現在のCanWriteインスタンスが書き込みをサポートしているかどうかを判断するには、プロパティを使用します。Use the CanWrite property to determine whether the current instance supports writing. 詳細については、「CanWrite」を参照してください。For additional information, see CanWrite.

書き込み操作を実行しているスレッドを中断しないようにします。Do not interrupt a thread that is performing a write operation. スレッドがブロック解除された後にアプリケーションが正常に実行されているように見える場合でも、中断によってアプリケーションのパフォーマンスと信頼性が低下する可能性があります。Although the application may appear to run successfully after the thread is unblocked, the interruption can decrease your application's performance and reliability.

一般的なファイルおよびディレクトリ操作の一覧については、「一般的な I/o タスク」を参照してください。For a list of common file and directory operations, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

適用対象