IMessageFormatter インターフェイス

定義

メッセージ キューのメッセージの本文からオブジェクトをシリアル化または逆シリアル化します。Serializes or deserializes objects from the body of a Message Queuing message.

public interface class IMessageFormatter : ICloneable
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Messaging.Design.MessageFormatterConverter))]
public interface IMessageFormatter : ICloneable
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Messaging.Design.MessageFormatterConverter))>]
type IMessageFormatter = interface
    interface ICloneable
Public Interface IMessageFormatter
Implements ICloneable
派生
属性
実装

注釈

アプリケーションがクラスのインスタンスを使用してメッセージをキューに送信すると MessageQueue 、フォーマッタはオブジェクト (任意のクラスのインスタンス) をストリームにシリアル化し、メッセージ本文に挿入します。When an application sends a message to the queue using an instance of the MessageQueue class, the formatter serializes the object (which can be an instance of any class) into a stream and inserts it into the message body. を使用してキューから読み取る場合 MessageQueue 、フォーマッタはメッセージデータをのプロパティに逆シリアル化し Body Message ます。When reading from a queue using a MessageQueue, the formatter deserializes the message data into the Body property of a Message.

BinaryMessageFormatterActiveXMessageFormatter は、よりも高速なスループットを提供し XmlMessageFormatter ます。BinaryMessageFormatter and ActiveXMessageFormatter provide faster throughput than the XmlMessageFormatter. では、 ActiveXMessageFormatter Visual Basic 6.0 のメッセージキューアプリケーションとの相互運用が可能です。The ActiveXMessageFormatter allows interoperability with Visual Basic 6.0 Message Queuing applications. XmlMessageFormatter 疎結合されています。つまり、サーバーとクライアントは、個別に送受信される型のバージョンを指定できます。The XmlMessageFormatter is loosely coupled, which means that the server and client can version the type that is sent and received independently.

メソッド

CanRead(Message)

クラスに実装されると、フォーマッタがメッセージの内容を逆シリアル化できるかどうかを判断します。When implemented in a class, determines whether the formatter can deserialize the contents of the message.

Clone()

現在のインスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。Creates a new object that is a copy of the current instance.

(継承元 ICloneable)
Read(Message)

クラスに実装されると、指定されたメッセージから内容を読み取り、そのメッセージからのデータを格納するオブジェクトを作成します。When implemented in a class, reads the contents from the given message and creates an object that contains data from the message.

Write(Message, Object)

クラスに実装されると、オブジェクトをメッセージの本文にシリアル化します。When implemented in a class, serializes an object into the body of the message.

適用対象

こちらもご覧ください