System.Messaging Namespace

System.Messaging 名前空間は、ネットワークのメッセージ キューへの接続、監視、および管理を行い、メッセージの送信、受信、またはピークを行うことができるクラスを提供します。 The System.Messaging namespace provides classes that allow you to connect to, monitor, and administer message queues on the network and send, receive, or peek messages.

クラス

AccessControlEntry

共通タスクのアプリケーション固有の実装を行うトラスティ (ユーザー、グループ、またはコンピューター) のアクセス権を指定します。Specifies access rights for a trustee (user, group, or computer) to perform application-specific implementations of common tasks.

AccessControlList

1 つ以上のトラスティのアクセス権を指定したアクセス制御エントリのリストを格納しています。Contains a list of access control entries, specifying access rights for one or more trustees.

ActiveXMessageFormatter

MSMQ ActiveX コンポーネントと互換性のある形式を使用して、メッセージ キュー メッセージの本文との間でプリミティブ データ型と他のオブジェクトのシリアル化または逆シリアル化を行います。Serializes or deserializes primitive data types and other objects to or from the body of a Message Queuing message, using a format that is compatible with the MSMQ ActiveX Component.

BinaryMessageFormatter

バイナリ形式を使用して、メッセージ キューのメッセージの本文との間でオブジェクトまたは関連付けられたオブジェクトのグラフ全体のシリアル化または逆シリアル化を行います。Serializes or deserializes an object, or an entire graph of connected objects, to or from the body of a Message Queuing message, using a binary format.

Cursor

Cursor は、キューのメッセージを読み取るときに、MessageQueue 内の特定の場所を維持するために使用されます。A Cursor is used to maintain a specific location in a MessageQueue when reading the queue's messages.

DefaultPropertiesToSend

Message インスタンス以外のオブジェクトをメッセージ キューに送信するときに使われるプロパティの既定値を指定します。Specifies the default property values that will be used when sending objects other than Message instances to a message queue.

Message

メッセージ キューのメッセージを定義するのに必要なプロパティへのアクセスを実現します。Provides access to the properties needed to define a Message Queuing message.

MessageEnumerator

メッセージ キュー内のメッセージを列挙するための前方向カーソルを提供します。Provides a forward-only cursor to enumerate through messages in a message queue.

MessagePropertyFilter

メッセージ キューからメッセージをピークまたは受信するときに取得されるプロパティを制御および選択します。Controls and selects the properties that are retrieved when peeking or receiving messages from a message queue.

MessageQueue

メッセージ キュー サーバーのキューにアクセスできるようにします。Provides access to a queue on a Message Queuing server.

MessageQueueAccessControlEntry

トラスティ (ユーザー、グループ、またはコンピューター) メッセージ キュー タスクを実行するためのアクセス権を指定します。Specifies access rights for a trustee (user, group, or computer) to perform Message Queuing tasks.

MessageQueueCriteria

MessageQueue クラスの GetPublicQueues() メソッドを使用してクエリを実行するときに、メッセージ キューにフィルターをかけます。Filters message queues when performing a query using the MessageQueue class's GetPublicQueues() method.

MessageQueueEnumerator

メッセージ キュー内のメッセージを列挙するための順方向専用カーソルを提供します。Provides a forward-only cursor to enumerate through messages in a message queue.

MessageQueueException

Microsoft Message Queuing の内部エラーが発生した場合にスローされる例外。The exception that is thrown if a Microsoft Message Queuing internal error occurs.

MessageQueueInstaller

アプリケーションの実行に必要なキューのインストールと構成ができます。Allows you to install and configure a queue that your application needs in order to run. このクラスは、MessageQueue をインストールするときに、InstallUtil.exe などのインストール ユーティリティによって呼び出されます。This class is called by the installation utility, for example, InstallUtil.exe, when installing a MessageQueue.

MessageQueuePermission

メッセージのコード アクセス許可を制御できるようにします。Allows control of code access permissions for messaging.

MessageQueuePermissionAttribute

宣言 MessageQueue のアクセス許可をチェックできるようにします。Allows declarative MessageQueue permission checks.

MessageQueuePermissionEntry

メッセージのためのコード アクセス セキュリティのアクセス許可セットの最小単位を定義します。Defines the smallest unit of a code access security permission set for messaging.

MessageQueuePermissionEntryCollection

MessageQueuePermissionEntry オブジェクトの厳密に型指定されたコレクションを格納しています。Contains a strongly typed collection of MessageQueuePermissionEntry objects.

MessageQueueTransaction

メッセージ キューの内部トランザクションを提供します。Provides a Message Queuing internal transaction.

MessagingDescriptionAttribute

プロパティまたはイベントの説明文を指定します。Specifies a description for a property or event.

PeekCompletedEventArgs

PeekCompleted イベントのデータを提供します。Provides data for the PeekCompleted event. 非同期のピーク操作がイベント ハンドラーを呼び出すと、そのクラスのインスタンスがハンドラーに渡されます。When your asynchronous peek operation calls an event handler, an instance of this class is passed to the handler.

ReceiveCompletedEventArgs

ReceiveCompleted イベントのデータを提供します。Provides data for the ReceiveCompleted event. 非同期の受信操作がイベント ハンドラーを呼び出すと、このクラスのインスタンスがハンドラーに渡されます。When your asynchronous receive operation calls an event handler, an instance of this class is passed to the handler.

SecurityContext

キュー内のメッセージのセキュリティ コンテキストを表します。Represents the security context for a message in a queue.

Trustee

アクセス制御エントリの適用先のユーザー アカウント、グループ アカウント、またはログオン セッションを指定します。Specifies a user account, group account, or logon session to which an access control entry applies.

XmlMessageFormatter

XSD スキーマ定義の XML 書式を使用して、メッセージ本文との間でオブジェクトをシリアル化および逆シリアル化します。Serializes and deserializes objects to or from the body of a message, using the XML format based on the XSD schema definition.

インターフェイス

IMessageFormatter

メッセージ キューのメッセージの本文からオブジェクトをシリアル化または逆シリアル化します。Serializes or deserializes objects from the body of a Message Queuing message.

列挙型

AccessControlEntryType

トラスティのアクセス権の許可、拒否、または取り消しを行うかどうかを指定します。Specifies whether to allow, deny, or revoke access rights for a trustee.

AcknowledgeTypes

メッセージ キューが送信元アプリケーションに返す受信確認メッセージのタイプを指定します。Specifies the types of acknowledgment message that Message Queuing returns to the sending application.

Acknowledgment

試行されたメッセージ配信の結果を指定します。Specifies the result of an attempted message delivery.

CryptographicProviderType

デジタル署名の検証に使用できる暗号サービス プロバイダーを指定します。Specifies the cryptographic service providers available for validating digital signatures.

EncryptionAlgorithm

プライベート メッセージの本文を暗号化するために使われる暗号化アルゴリズムを指定します。Specifies the encryption algorithm used to encrypt the message body of a private message.

EncryptionRequired

キューによって受信されたメッセージのプライバシ レベルを指定します。Specifies the privacy level of messages received by the queue.

GenericAccessRights

Windows 2000 および Windows NT のアクセス形式を使用して、メッセージ キューによって、読み取り、書き込み、および実行のための標準アクセス権とオブジェクト固有のアクセス権の両方に割り当てられる、共通アクセス権のセットを指定します。Uses the Windows 2000 and Windows NT access format to specify a set of common access rights that Message Queuing maps to both standard and object-specific access rights for reading, writing, and executing.

HashAlgorithm

メッセージを認証するときにメッセージ キューで使用するハッシュ アルゴリズムを指定します。Specifies the hash algorithm used by Message Queuing when authenticating messages.

MessageLookupAction

メッセージ キューからピークまたは受信するメッセージを指定します。Specifies a message to peek at or receive from a message queue.

MessagePriority

メッセージがキューへ送信されている間、およびメッセージを送信先キューに挿入するときに、メッセージ キューによってメッセージに適用される優先順位を指定します。Specifies the priority Message Queuing applies to a message while it is en route to a queue, and when inserting the message into the destination queue.

MessageQueueAccessRights

メッセージ キュー固有の操作のためのオブジェクト固有のアクセス権のセットを指定します。Specifies a set of object-specific access rights for operations specific to Message Queuing.

MessageQueueErrorCode

メッセージ キュー アプリケーション内で発生した、MessageQueueException 例外を生成したエラーの原因を識別します。Identifies the source of an error that occurred within the Message Queuing application and generated a MessageQueueException exception.

MessageQueuePermissionAccess

System.Messaging アクセス許可クラスによって使用されるアクセス レベルを定義します。Defines access levels used by System.Messaging permission classes.

MessageQueueTransactionStatus

内部メッセージ キュー トランザクションの状態を指定します。Specifies the state of an internal Message Queuing transaction.

MessageQueueTransactionType

メッセージ キュー トランザクションのタイプを指定します。Specifies the type of a Message Queuing transaction.

MessageType

メッセージのタイプを識別します。Identifies the type of a message. 使用できるメッセージのタイプとして、通常のメッセージ キューのメッセージ、肯定受信確認メッセージ (到着および読み取り) または否定受信確認メッセージ (到着および読み取り)、レポート メッセージがあります。A message can be a typical Message Queuing message, a positive (arrival and read) or negative (arrival and read) acknowledgment message, or a report message.

PeekAction

キュー内の現在のメッセージまたは次のメッセージのどちらをピークするかを示します。Indicates whether to peek the current message in a queue, or the next message.

QueueAccessMode

MessageQueue のアクセス モードを作成時に指定します。Specifies the access mode for a MessageQueue at creation time.

StandardAccessRights

セキュリティ設定できるオブジェクトのほとんどの型に共通する操作に対応する標準アクセス権のセットを指定します。Specifies a set of standard access rights that correspond to operations common to most types of securable objects.

TrusteeType

トラスティの型を指定します。Specifies the type of a trustee.

代理人

PeekCompletedEventHandler

PeekCompletedMessageQueue イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle the PeekCompleted event of a MessageQueue.

ReceiveCompletedEventHandler

ReceiveCompletedMessageQueue イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle the ReceiveCompleted event of a MessageQueue.

注釈

メンバー、MessageQueueクラスが読み取りとキューにメッセージを書き込み、次のメソッドが含まれます。Members of the MessageQueue class include the following methods for reading and writing messages to the queue:

  • Sendメソッドにより、アプリケーションでキューにメッセージを書き込みます。The Send method enables your application to write messages to the queue. 使用して、メッセージを送信するかどうかを指定したり、メソッドのオーバー ロードを有効にする、 Message (送信する情報の制御について詳しく説明している) またはその他のマネージ オブジェクト、アプリケーション固有のクラスを含むです。Overloads of the method enable you to specify whether to send your message using a Message (which provides detailed control over the information you send) or any other managed object, including application-specific classes. メソッドには、トランザクションの一部としてメッセージの送信もサポートしています。The method also supports sending messages as part of a transaction.

  • ReceiveReceiveById、およびReceiveByCorrelationIdメソッドは、キューからメッセージを読み取るための機能を提供します。The Receive, ReceiveById, and ReceiveByCorrelationId methods provide functionality for reading messages from a queue. ように、Sendメソッドでは、これらのメソッドがトランザクション キュー処理をサポートするオーバー ロードを提供します。Like the Send method, these methods provide overloads that support transactional queue processing. これらのメソッドでは、タイムアウトを持つオーバー ロードも提供します。These methods also provide overloads with time-out.

    Out パラメーターは、処理をキューが空であるかどうかは続行できるようにします。Out parameters that enable processing to continue if the queue is empty. これらのメソッドは、同期処理の例であるために、タイムアウトを指定しない限り、メッセージが、現在のスレッドに割り込みます。Because these methods are examples of synchronous processing, they interrupt the current thread until a message is available, unless you specify a time-out.

  • PeekメソッドはReceiveは、メッセージが読み取られるときに、キューから削除するのには発生しません。The Peek method is similar to Receive, but it does not cause a message to be removed from the queue when it is read. Peekキューの内容を変更しないトランザクション処理をサポートするためにオーバー ロードはありません。Because Peek does not change the queue contents, there are no overloads to support transactional processing. ただし、ためPeekと同様に、 Receive、キューからメッセージを同期的に読み取り、メソッドのオーバー ロードは、スレッドが無期限に待機していることを防止するためのタイムアウトを指定することをサポートします。However, because Peek, like Receive, reads messages synchronously from the queue, overloads of the method do support specifying a time-out in order to prevent the thread from waiting indefinitely.

  • BeginPeekEndPeek(IAsyncResult)BeginReceive、およびEndReceive(IAsyncResult)メソッドを非同期的にメッセージをキューから読み取る方法を提供します。The BeginPeek, EndPeek(IAsyncResult), BeginReceive, and EndReceive(IAsyncResult) methods provide ways to asynchronously read messages from the queue. メッセージがキューに到達するを待機中に、現在のスレッドを中断するしません。They do not interrupt the current thread while waiting for a message to arrive in the queue.

次のメソッド、MessageQueueクラスは、指定条件でキューの一覧を取得し、特定のキューが存在するかどうかを決定するための機能を提供します。The following methods of the MessageQueue class provide functionality for retrieving lists of queues by specified criteria and determining if specific queues exist:

その他の方法、MessageQueueクラスは、次の機能を提供します。Other methods of the MessageQueue class provide the following functionality:

  • 作成して、メッセージ キューのキューを削除しています。Creating and deleting Message Queueing queues.

  • メッセージの列挙子を使用して、キュー内のメッセージをステップします。Using a message enumerator to step through the messages in a queue.

  • キューの列挙子を使用して、システム上のキューを反復処理します。Using a queue enumerator for iterating through the queues on the system.

  • ACL ベースのアクセス権を設定します。Setting ACL-based access rights.

  • 接続キャッシュを使用します。Working with the connection cache.

Messageクラスは、キューに送信する情報の詳細に制御を提供は、オブジェクトを使用、キューからメッセージを受信またはピークするとします。The Message class provides detailed control over the information you send to a queue, and is the object used when receiving or peeking messages from a queue. メッセージの本文のプロパティだけでなく、Messageクラスには、確認の設定、フォーマッタの選択、識別、認証と暗号化の情報、タイムスタンプ、トレース、サーバーの履歴の使用に関する指示が含まれてし、配信不能メッセージ キュー、およびトランザクション データ。Besides the message body, the properties of the Message class include acknowledgment settings, formatter selection, identification, authentication and encryption information, timestamps, indications about using tracing, server journaling, and dead-letter queues, and transaction data.

MessageQueueコンポーネント、およびキューから送受信されるメッセージを逆シリアル化を有効にする次の 3 つフォーマッタに関連付けられています。The MessageQueue component is associated with the following three formatters, which enable you to serialize and deserialize messages sent and received from queues:

  • XmlMessageFormatterクライアントとサーバーでのシリアル化された型の独立したバージョン管理を有効にする疎結合メッセージングを提供します。The XmlMessageFormatter provides loosely coupled messaging, enabling independent versioning of serialized types on the client and server.

  • ActiveXMessageFormatterは MSMQ COM コントロールとの互換性。The ActiveXMessageFormatter is compatible with the MSMQ COM control. コントロールによって受信可能な型を送信して、コントロールから送信された種類を受け取るように実行できます。It allows you to send types that can be received by the control and to receive types that were sent by the control.

  • BinaryMessageFormatterに高速に代わる、XmlMessageFormatterが疎結合メッセージングの利点もします。The BinaryMessageFormatter provides a faster alternative to the XmlMessageFormatter, but without the benefit of loosely coupled messaging.

他のクラス、Messaging名前空間は、コード アクセスおよび ACL ベースのセキュリティをサポート フィルターMessageプロパティがメッセージをキューからメッセージを読み取ると、送受信するときにトランザクションを使用するとします。Other classes in the Messaging namespace support code-access and ACL-based security, filtering Message properties when reading messages from a queue, and using transactions when sending and receiving messages.