SmtpNetworkElement.TargetName プロパティ

定義

拡張保護を使用して SMTP メール サーバーに接続するときの認証に使用するサービス プロバイダー名 (SPN: Service Provider Name) を取得または設定します。Gets or sets the Service Provider Name (SPN) to use for authentication when using extended protection to connect to an SMTP mail server.

public:
 property System::String ^ TargetName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.Configuration.ConfigurationProperty("targetName", DefaultValue=Mono.Cecil.CustomAttributeArgument)]
[System.Configuration.ConfigurationProperty("targetName")]
public string TargetName { get; set; }
member this.TargetName : string with get, set
Public Property TargetName As String

プロパティ値

拡張保護を使用して SMTP メール サーバーに接続するときの認証に使用する SPN を表す文字列。A string that represents the SPN to use for authentication when using extended protection to connect to an SMTP mail server.

属性

注釈

TargetNameプロパティを使用すると、拡張保護を使用した統合 Windows 認証の場合に、認証に使用する SPN をアプリケーションで取得または設定できます。The TargetName property allows an application to get or set the SPN to use for authentication when integrated Windows authentication with extended protection. プロパティが設定されていない場合、この SPN の既定値は "SMTPSVC/<host >" の形式<になります。ここで、host > は SMTP メールサーバーのホスト名です。 TargetNameIf the TargetName property is not set, the default value for this SPN is of the form "SMTPSVC/<host>" where <host> is the hostname of the SMTP mail server.

SMTP 構成ファイル内のこのネットワーク要素の既定値は、コンピューターまたはアプリケーションの構成ファイルを手動で直接編集することによって変更することもできます。The default value for this network element in the SMTP configuration file can also be changed by manually editing the machine or application configuration files directly.

適用対象

こちらもご覧ください