SmtpClient.TargetName プロパティ

定義

拡張保護を使用するときの認証に使用するサービス プロバイダー名 (SPN: Service Provider Name) を取得または設定します。Gets or sets the Service Provider Name (SPN) to use for authentication when using extended protection.

public:
 property System::String ^ TargetName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string TargetName { get; set; }
member this.TargetName : string with get, set
Public Property TargetName As String

プロパティ値

拡張保護に使用する SPN を指定する StringA String that specifies the SPN to use for extended protection. この SPN の既定値の形式は "SMTPSVC/<host>" で、<host> は SMTP メールサーバーのホスト名です。The default value for this SPN is of the form "SMTPSVC/<host>" where <host> is the hostname of the SMTP mail server.

注釈

TargetName プロパティは、アプリケーションが拡張保護を使用している場合に、統合 Windows 認証で使用されます。The TargetName property is used with integrated Windows authentication when an application is using extended protection. この SmtpClient は、資格情報のチャレンジ応答に、サービス固有の情報 (SPN) と、必要に応じてチャネル固有の情報 (チャネルバインディングトークンまたは CBT) を含めることができるように拡張保護を提供できます。The SmtpClient can then provide extended protection to ensure that credential challenge responses contain service specific information (a SPN) and, if necessary, channel specific information (a channel binding token or CBT). 資格情報の交換でこの情報を使用すると、不適切に取得された可能性がある資格情報チャレンジ応答の悪意のある使用からサービスを保護することができます。With this information in the credential exchanges, services are able to better protect against malicious use of credential challenge responses that might have been improperly obtained.

このプロパティの既定値は、コンピューターまたはアプリケーションの構成ファイルで設定することもできます。The default value for this property can also be set in a machine or application configuration file. TargetName プロパティに加えられた変更は、構成ファイルの設定よりも優先されます。Any changes made to the TargetName property override the configuration file settings.

適用対象

こちらもご覧ください