PeerNameResolver.ResolveAsync PeerNameResolver.ResolveAsync PeerNameResolver.ResolveAsync Method

定義

これらのメソッドは、呼び出し元のピアに認識されているすべてのクラウド内で、指定した PeerName の非同期解決操作を開始します。These methods begin an asynchronous resolution operation for the specified PeerName in all clouds known to the calling peer.

オーバーロード

ResolveAsync(PeerName, Object) ResolveAsync(PeerName, Object) ResolveAsync(PeerName, Object)

呼び出し元のピアに既知のすべてのクラウドで、指定された PeerName の非同期のピア名解決操作を開始します。Begins an asynchronous peer name resolution operation for the specified PeerName in all clouds known to the calling peer.

ResolveAsync(PeerName, Int32, Object) ResolveAsync(PeerName, Int32, Object) ResolveAsync(PeerName, Int32, Object)

maxRecords 未満のピア名エントリを返して、呼び出し元のピアに既知のすべてのクラウドで、指定された PeerName の非同期のピア名解決操作を開始します。Begins an asynchronous peer name resolution operation for the specified PeerName in all clouds known to the calling peer, returning no more than maxRecords entries for the peer name.

ResolveAsync(PeerName, Cloud, Object) ResolveAsync(PeerName, Cloud, Object) ResolveAsync(PeerName, Cloud, Object)

指定された Cloud で、指定された PeerName の非同期のピア名解決操作を開始します。Begins an asynchronous peer name resolution operation for the specified PeerName in the specified Cloud.

ResolveAsync(PeerName, Cloud, Int32, Object) ResolveAsync(PeerName, Cloud, Int32, Object) ResolveAsync(PeerName, Cloud, Int32, Object)

指定された Cloud で、指定された PeerName の非同期のピア名解決操作を開始します。Begins an asynchronous peer name resolution operation for the specified PeerName in the specified Cloud. この解決操作では、指定したピア名に対し maxRecords エントリ以下の解決が行われます。The resolution operation will resolve no more than maxRecords entries for the specified peer name.

注釈

すべてResolveメソッドに相当するものはResolveAsyncメソッドは、非同期処理が必要なときに使用されます。For every Resolve method, there is an equivalent ResolveAsync method, which is used when asynchronous processing is required. これらの ResolveAsync にはイベント処理のためのパラメーター リストでシステム トークンが含まれていますが、渡されるパラメーターと同じです。They are identical in the parameters they are passed, except that ResolveAsync includes a system token in its parameter list for event handling.

Resolve メソッドと、ResolveAsync メソッドのパラメーターの不一致が発生した場合、Cloudパラメーターが指定されていない、メソッドを使用して、Availableクラウド パラメーターを入力するショートカットです。If a parameter mismatch occurs between the Resolve method and the ResolveAsync method, and the Cloud parameter is not supplied, the method uses the Available shortcut to fill in cloud parameters.

ResolveAsync(PeerName, Object) ResolveAsync(PeerName, Object) ResolveAsync(PeerName, Object)

呼び出し元のピアに既知のすべてのクラウドで、指定された PeerName の非同期のピア名解決操作を開始します。Begins an asynchronous peer name resolution operation for the specified PeerName in all clouds known to the calling peer.

public:
 void ResolveAsync(System::Net::PeerToPeer::PeerName ^ peerName, System::Object ^ userState);
public void ResolveAsync (System.Net.PeerToPeer.PeerName peerName, object userState);
member this.ResolveAsync : System.Net.PeerToPeer.PeerName * obj -> unit

パラメーター

peerName
PeerName PeerName PeerName

解決する PeerNameThe PeerName to resolve.

userState
Object Object Object

ピア名解決操作に関する状態情報を格納するユーザー定義のオブジェクト。A user-defined object that contains state information about the peer name resolution operation.

例外

peerNameuserState のパラメーターの一方または両方が null に設定されます。One or both of the peerName and userState parameters are set to null.

注釈

このメソッドは、クラウドにピア名を非同期的に関連付けます。This method asynchronously associates a peer name to clouds. クエリが実行のすべてのクラウド、PeerNameします。All clouds are queried for the PeerName. 生成、ResolveCompletedにコールバックする、イベント、OnResolveCompletedメソッド。It raises the ResolveCompleted event, which calls back to the OnResolveCompleted method. または、生成、ResolveProgressChangedにコールバックする、イベント、OnResolveProgressChangedメソッド。Or, it raises the ResolveProgressChanged event, which calls back to the OnResolveProgressChanged method.

ピア名を解決できない場合は、PeerToPeerExceptionがスローされます。If the peer name cannot be resolved, an PeerToPeerException is thrown.

セキュリティ保護されていないピア名の場合は、同じ名前を登録 (してさまざまなエンドポイントに関連付けられている)、同じクラウド内の別のピアです。For unsecured peer names, the same name can be registered (and associated with different endpoints) by different peers within the same cloud.

呼び出す、PeerNameResolverメソッドの呼び出しに似ていますが、ResolveAsyncメソッドの各ピア名レコード、PeerNameRecordCollectionします。Calling the PeerNameResolver method is similar to calling the ResolveAsync method for each peer name record in the PeerNameRecordCollection. ピア名レコードを解決するメソッドを使用しても、複数のピア名の解決は無効に注意してください。Note that using the Resolve method on an individual peer name record does not invalidate resolving multiple peer names.

すべてResolveAsyncメソッドに相当するものはResolveメソッド。For every ResolveAsync method, there is an equivalent Resolve method. パラメーター リストが同じ、点を除いて ResolveAsync メソッドは非同期イベント処理のためのシステム トークンを追加し、Resolve メソッドは同期処理のためのものです。Their parameter lists are identical, except that the ResolveAsync method includes a system token for asynchronous event handling, and the Resolve method is intended for synchronous processing.

すべての非同期リゾルバー オブジェクト参照は、一意の識別子トークンを使用して調整されます。All asynchronous references to the resolver object are coordinated with a unique identifier token. これは、userStateによりメッセージがメッセージ キューに置かれた後に、1 つの受信側プロセスにメッセージを配信するオペレーティング システム、トークンまたはメッセージの識別子。This userState token or message identifier allows an operating system to deliver a message to a single receiving process after the message has been placed on the message queue.

ResolveCompleted解決操作エラーで終了したかが取り消された場合、イベントが生成されます。The ResolveCompleted event will be raised if the resolve operation completes in error or is canceled.

ResolveAsync(PeerName, Int32, Object) ResolveAsync(PeerName, Int32, Object) ResolveAsync(PeerName, Int32, Object)

maxRecords 未満のピア名エントリを返して、呼び出し元のピアに既知のすべてのクラウドで、指定された PeerName の非同期のピア名解決操作を開始します。Begins an asynchronous peer name resolution operation for the specified PeerName in all clouds known to the calling peer, returning no more than maxRecords entries for the peer name.

public:
 void ResolveAsync(System::Net::PeerToPeer::PeerName ^ peerName, int maxRecords, System::Object ^ userState);
public void ResolveAsync (System.Net.PeerToPeer.PeerName peerName, int maxRecords, object userState);
member this.ResolveAsync : System.Net.PeerToPeer.PeerName * int * obj -> unit

パラメーター

peerName
PeerName PeerName PeerName

解決する PeerNameThe PeerName to resolve.

maxRecords
Int32 Int32 Int32

取得するピア名のレコードの最大数。The maximum number of records to obtain for the Peer Name.

userState
Object Object Object

解決操作に関する情報を格納するユーザー定義のオブジェクト。A user-defined object that contains information about the resolve operation.

例外

peerNameuserState のパラメーターの一方または両方が null に設定されます。One or both of the peerName and userState parameters are set to null.

maxRecords パラメーターが 0 以下です。The maxRecords parameter is less than or equal to zero.

注釈

このメソッドは、クラウドにピア名を非同期的に関連付けます。This method asynchronously associates a peer name to clouds. クエリが実行のすべてのクラウド、PeerNameします。All clouds are queried for the PeerName. セキュリティ保護されていないピア名の場合は、同じ名前を登録 (してさまざまなエンドポイントに関連付けられている)、同じクラウド内の別のピアです。For unsecured peer names, the same name can be registered (and associated with different endpoints) by different peers within the same cloud. ピア名解決できない場合や、場合nullPeerToPeerExceptionがスローされます。If the peer name cannot be resolved or is null, an PeerToPeerException is thrown.

このメソッドはResolveCompletedにコールバックする、イベント、OnResolveCompletedメソッド。This method raises the ResolveCompleted event, which calls back to the OnResolveCompleted method. または、生成、ResolveProgressChangedにコールバックする、イベント、OnResolveProgressChangedメソッド。Or, it raises the ResolveProgressChanged event, which calls back to the OnResolveProgressChanged method.

すべてResolveAsyncメソッドに相当するものはResolveメソッド。For every ResolveAsync method, there is an equivalent Resolve method. パラメーター リストが同じ、点を除いて ResolveAsync メソッドは非同期イベント処理のためのシステム トークンを追加し、Resolve メソッドは同期処理のためのものです。Their parameter lists are identical, except that the ResolveAsync method includes a system token for asynchronous event handling, and the Resolve method is intended for synchronous processing.

すべての非同期リゾルバー オブジェクト参照が一意の識別子トークンを使用して調整されます。Objectします。All asynchronous references to the resolver object are coordinated with a unique identifier token Object. これは、userStateによりメッセージがメッセージ キューに置かれた後に、1 つの受信側プロセスにメッセージを配信するオペレーティング システム、トークンまたはメッセージの識別子。This userState token or message identifier allows an operating system to deliver a message to a single receiving process after the message has been placed on the message queue.

ResolveCompleted解決操作エラーで終了したかが取り消された場合、イベントが生成されます。The ResolveCompleted event will be raised if the resolve operation completes in error or is canceled.

ResolveAsync(PeerName, Cloud, Object) ResolveAsync(PeerName, Cloud, Object) ResolveAsync(PeerName, Cloud, Object)

指定された Cloud で、指定された PeerName の非同期のピア名解決操作を開始します。Begins an asynchronous peer name resolution operation for the specified PeerName in the specified Cloud.

public:
 void ResolveAsync(System::Net::PeerToPeer::PeerName ^ peerName, System::Net::PeerToPeer::Cloud ^ cloud, System::Object ^ userState);
public void ResolveAsync (System.Net.PeerToPeer.PeerName peerName, System.Net.PeerToPeer.Cloud cloud, object userState);
member this.ResolveAsync : System.Net.PeerToPeer.PeerName * System.Net.PeerToPeer.Cloud * obj -> unit

パラメーター

peerName
PeerName PeerName PeerName

解決する PeerNameThe PeerName to resolve.

cloud
Cloud Cloud Cloud

peerName を解決する対象の CloudThe Cloud in which to resolve the peerName.

userState
Object Object Object

ピア名解決操作に関する情報を格納するユーザー定義の ObjectA user-defined Object that contains information about the peer name resolution operation.

例外

peerNameuserState のパラメーターの一方または両方が null に設定されます。One or both of the peerName and userState parameters are set to null.

注釈

このメソッドはResolveCompletedにコールバックする、イベント、OnResolveCompletedメソッド。This method raises the ResolveCompleted event, which calls back to the OnResolveCompleted method. または、生成、ResolveProgressChangedにコールバックする、イベント、OnResolveProgressChangedメソッド。Or, it raises the ResolveProgressChanged event, which calls back to the OnResolveProgressChanged method.

セキュリティ保護されていないピア名の場合は、同じ名前を登録 (してさまざまなエンドポイントに関連付けられている)、同じクラウド内の別のピアです。For unsecured peer names, the same name can be registered (and associated with different endpoints) by different peers within the same cloud.

場合、Cloudパラメーターがnullを使用して名前を解決、Availableショートカットで、既定値を初期化します、 NameScope、およびScopeIdプロパティ。If the Cloud parameter is null, the name is resolved using the Available shortcut, which initializes default values for the Name, Scope, and ScopeId properties.

すべてResolveAsyncメソッドに相当するものはResolveメソッド。For every ResolveAsync method, there is an equivalent Resolve method. パラメーター リストが同じ、点を除いて ResolveAsync メソッドは非同期イベント処理のためのシステム トークンを追加し、Resolve メソッドは同期処理のためのものです。Their parameter lists are identical, except that the ResolveAsync method includes a system token for asynchronous event handling, and the Resolve method is intended for synchronous processing.

すべての非同期リゾルバー オブジェクト参照は、一意の識別子トークンを使用して調整されます。All asynchronous references to the resolver object are coordinated with a unique identifier token. これは、userStateによりメッセージがメッセージ キューに置かれた後に、1 つの受信側プロセスにメッセージを配信するオペレーティング システム、トークンまたはメッセージの識別子。This userState token or message identifier allows an operating system to deliver a message to a single receiving process after the message has been placed on the message queue.

ResolveCompleted解決操作エラーで終了したかが取り消された場合、イベントが生成されます。The ResolveCompleted event will be raised if the resolve operation completes in error or is canceled.

ResolveAsync(PeerName, Cloud, Int32, Object) ResolveAsync(PeerName, Cloud, Int32, Object) ResolveAsync(PeerName, Cloud, Int32, Object)

指定された Cloud で、指定された PeerName の非同期のピア名解決操作を開始します。Begins an asynchronous peer name resolution operation for the specified PeerName in the specified Cloud. この解決操作では、指定したピア名に対し maxRecords エントリ以下の解決が行われます。The resolution operation will resolve no more than maxRecords entries for the specified peer name.

public:
 void ResolveAsync(System::Net::PeerToPeer::PeerName ^ peerName, System::Net::PeerToPeer::Cloud ^ cloud, int maxRecords, System::Object ^ userState);
[System.Security.SecurityCritical]
public void ResolveAsync (System.Net.PeerToPeer.PeerName peerName, System.Net.PeerToPeer.Cloud cloud, int maxRecords, object userState);
member this.ResolveAsync : System.Net.PeerToPeer.PeerName * System.Net.PeerToPeer.Cloud * int * obj -> unit

パラメーター

peerName
PeerName PeerName PeerName

解決する peerNameThe peerName to resolve.

cloud
Cloud Cloud Cloud

peerName を解決する対象の cloudThe cloud in which to resolve peerName.

maxRecords
Int32 Int32 Int32

peerName に対して cloud から取得するレコードの最大数。The maximum number of records to obtain from cloud for peerName.

userState
Object Object Object

ピア名解決操作に関する情報を格納するユーザー定義のオブジェクト。A user-defined object that contains information about the peer name resolution operation.

例外

peerNameuserState のパラメーターの一方または両方が null に設定されます。One or both of the peerName and userState parameters are set to null.

指定された 1 つ以上のパラメーターが無効です。One or more supplied parameters are invalid.

この操作を正常に完了するには、少なくとも 1 つのイベント ハンドラーが必要です。Successful completion of this operation requires at least one event handler.

maxRecords パラメーターが 0 以下です。The maxRecords parameter is less than or equal to zero.

注釈

セキュリティ保護されていないピア名の場合は、同じ名前を登録 (してさまざまなエンドポイントに関連付けられている)、同じクラウド内の別のピアです。For unsecured peer names, the same name can be registered (and associated with different endpoints) by different peers within the same cloud.

このメソッドはResolveCompletedにコールバックする、イベント、OnResolveCompletedメソッド。This method raises the ResolveCompleted event, which calls back to the OnResolveCompleted method. または、生成、ResolveProgressChangedにコールバックする、イベント、OnResolveProgressChangedメソッド。Or, it raises the ResolveProgressChanged event, which calls back to the OnResolveProgressChanged method.

場合、Cloudパラメーターがnullを使用して名前を解決、Availableショートカットで、既定値を初期化します、 NameScope、およびScopeIdプロパティ。If the Cloud parameter is null, the name is resolved using the Available shortcut, which initializes default values for the Name, Scope, and ScopeId properties.

すべてResolveAsyncメソッドに相当するものはResolveメソッド。For every ResolveAsync method, there is an equivalent Resolve method. パラメーター リストが同じ、点を除いて ResolveAsync メソッドは非同期イベント処理のためのシステム トークンを追加し、Resolve メソッドは同期処理のためのものです。Their parameter lists are identical, except that the ResolveAsync method includes a system token for asynchronous event handling, and the Resolve method is intended for synchronous processing.

ピア リゾルバー オブジェクトへの非同期のすべての参照が一意の識別子トークンを使用して調整されます。Objectします。All asynchronous references to the peer resolver object are coordinated with a unique identifier token Object. これは、userStateによりメッセージがメッセージ キューに置かれた後に、1 つの受信側プロセスにメッセージを配信するオペレーティング システム、トークンまたはメッセージの識別子。This userState token or message identifier allows an operating system to deliver a message to a single receiving process after the message has been placed on the message queue.

ResolveCompleted解決操作エラーで終了したかが取り消された場合、イベントが生成されます。The ResolveCompleted event will be raised if the resolve operation completes in error or is canceled.

適用対象