SslStream.AuthenticateAsClient メソッド

定義

クライアントとサーバー間の接続のクライアント側を認証します。Authenticate the client side of a client-server connection.

オーバーロード

AuthenticateAsClient(SslClientAuthenticationOptions)

サーバーおよび必要に応じてクライアントとサーバー間の接続にあるクライアントを認証するために、クライアントによって呼び出されます。Called by clients to authenticate the server and optionally the client in a client-server connection.

AuthenticateAsClient(String)

サーバーおよび必要に応じてクライアントとサーバー間の接続にあるクライアントを認証するために、クライアントによって呼び出されます。Called by clients to authenticate the server and optionally the client in a client-server connection.

AuthenticateAsClient(String, X509CertificateCollection, Boolean)

サーバーおよび必要に応じてクライアントとサーバー間の接続にあるクライアントを認証するために、クライアントによって呼び出されます。Called by clients to authenticate the server and optionally the client in a client-server connection. 認証プロセスでは、指定された証明書コレクション、およびシステムの既定の SSL プロトコルを使用します。The authentication process uses the specified certificate collection, and the system default SSL protocol.

AuthenticateAsClient(String, X509CertificateCollection, SslProtocols, Boolean)

サーバーおよび必要に応じてクライアントとサーバー間の接続にあるクライアントを認証するために、クライアントによって呼び出されます。Called by clients to authenticate the server and optionally the client in a client-server connection. 認証プロセスには、指定した証明書コレクションおよび SSL プロトコルが使用されます。The authentication process uses the specified certificate collection and SSL protocol.

AuthenticateAsClient(SslClientAuthenticationOptions)

サーバーおよび必要に応じてクライアントとサーバー間の接続にあるクライアントを認証するために、クライアントによって呼び出されます。Called by clients to authenticate the server and optionally the client in a client-server connection.

public:
 void AuthenticateAsClient(System::Net::Security::SslClientAuthenticationOptions ^ sslClientAuthenticationOptions);
public void AuthenticateAsClient (System.Net.Security.SslClientAuthenticationOptions sslClientAuthenticationOptions);
member this.AuthenticateAsClient : System.Net.Security.SslClientAuthenticationOptions -> unit
Public Sub AuthenticateAsClient (sslClientAuthenticationOptions As SslClientAuthenticationOptions)

パラメーター

sslClientAuthenticationOptions
SslClientAuthenticationOptions

SSL 接続のプロパティ バッグ。The property bag for the SSL connection.

例外

targetHostnullです。targetHost is null.

認証に失敗し、このオブジェクトが使用できない状態のままになっています。The authentication failed and left this object in an unusable state.

認証が既に発生しました。Authentication has already occurred.

または-or-

この SslStream を使用するサーバーの認証は以前に試行されました。Server authentication using this SslStream was tried previously.

または-or-

認証が既に実行中です。Authentication is already in progress.

このオブジェクトは閉じられました。This object has been closed.

注釈

.NET Framework 4.7 より、この方法では None を使用して認証を行うため、オペレーティング システムが使用する最適なプロトコルを選択し、セキュリティで保護されていないプロトコルをブロックできるようになります。Starting with .NET Framework 4.7, this method authenticates using None, which allows the operating system to choose the best protocol to use, and to block protocols that are not secure. .NET Framework 4.6 (および最新のセキュリティ パッチがインストールされている .NET Framework 4.5) で許可されている TLS /SSL プロトコルのバージョンは 1.2、1.1 および 1.0 です (ただし、Windows のレジストリを編集して強力な暗号化を無効にしていない場合に限ります)。In .NET Framework 4.6 (and .NET Framework 4.5 with the latest security patches installed), the allowed TLS/SSL protocols versions are 1.2, 1.1, and 1.0 (unless you disable strong cryptography by editing the Windows Registry). 認証にクライアント証明書が使用されていません。No client certificates are used in the authentication. 証明書失効リストは、認証時に確認されません。The certificate revocation list is not checked during authentication. に指定する値は、 targetHost サーバーの証明書の名前と一致する必要があります。The value specified for targetHost must match the name on the server's certificate.

認証が成功したら、 IsEncrypted プロパティとプロパティを確認し IsSigned て、で使用されているセキュリティサービスを確認する必要があり SslStream ます。When authentication succeeds, you must check the IsEncrypted and IsSigned properties to determine what security services are used by the SslStream. プロパティをチェックして、 IsMutuallyAuthenticated 相互認証が行われたかどうかを確認します。Check the IsMutuallyAuthenticated property to determine whether mutual authentication occurred.

認証に失敗すると、が表示され、 AuthenticationException これは使用でき SslStream なくなります。If the authentication fails, you receive a AuthenticationException, and this SslStream is no longer useable. このオブジェクトを閉じて、ガベージコレクターによって収集されるように、このオブジェクトへのすべての参照を削除する必要があります。You should close this object and remove all references to it so that it can be collected by the garbage collector.

適用対象

AuthenticateAsClient(String)

サーバーおよび必要に応じてクライアントとサーバー間の接続にあるクライアントを認証するために、クライアントによって呼び出されます。Called by clients to authenticate the server and optionally the client in a client-server connection.

public:
 virtual void AuthenticateAsClient(System::String ^ targetHost);
public virtual void AuthenticateAsClient (string targetHost);
abstract member AuthenticateAsClient : string -> unit
override this.AuthenticateAsClient : string -> unit
Public Overridable Sub AuthenticateAsClient (targetHost As String)

パラメーター

targetHost
String

この SslStream を共有するサーバーの名前。The name of the server that shares this SslStream.

例外

targetHostnullです。targetHost is null.

認証に失敗し、このオブジェクトが使用できない状態のままになっています。The authentication failed and left this object in an unusable state.

認証が既に発生しました。Authentication has already occurred.

または-or- この SslStream を使用するサーバーの認証は以前に試行されました。Server authentication using this SslStream was tried previously.

または-or- 認証が既に実行中です。Authentication is already in progress.

このオブジェクトは閉じられました。This object has been closed.

注釈

.NET Framework 4.7 より、この方法では None を使用して認証を行うため、オペレーティング システムが使用する最適なプロトコルを選択し、セキュリティで保護されていないプロトコルをブロックできるようになります。Starting with .NET Framework 4.7, this method authenticates using None, which allows the operating system to choose the best protocol to use, and to block protocols that are not secure. .NET Framework 4.6 (および最新のセキュリティ パッチがインストールされている .NET Framework 4.5) で許可されている TLS /SSL プロトコルのバージョンは 1.2、1.1 および 1.0 です (ただし、Windows のレジストリを編集して強力な暗号化を無効にしていない場合に限ります)。In .NET Framework 4.6 (and .NET Framework 4.5 with the latest security patches installed), the allowed TLS/SSL protocols versions are 1.2, 1.1, and 1.0 (unless you disable strong cryptography by editing the Windows Registry). 認証にクライアント証明書が使用されていません。No client certificates are used in the authentication. 証明書失効リストは、認証時に確認されません。The certificate revocation list is not checked during authentication. に指定する値は、 targetHost サーバーの証明書の名前と一致する必要があります。The value specified for targetHost must match the name on the server's certificate.

認証が成功したら、 IsEncrypted プロパティとプロパティを確認し IsSigned て、で使用されているセキュリティサービスを確認する必要があり SslStream ます。When authentication succeeds, you must check the IsEncrypted and IsSigned properties to determine what security services are used by the SslStream. プロパティをチェックして、 IsMutuallyAuthenticated 相互認証が行われたかどうかを確認します。Check the IsMutuallyAuthenticated property to determine whether mutual authentication occurred.

認証に失敗すると、が表示され、 AuthenticationException これは使用でき SslStream なくなります。If the authentication fails, you receive a AuthenticationException, and this SslStream is no longer useable. このオブジェクトを閉じて、ガベージコレクターによって収集されるように、このオブジェクトへのすべての参照を削除する必要があります。You should close this object and remove all references to it so that it can be collected by the garbage collector.

適用対象

AuthenticateAsClient(String, X509CertificateCollection, Boolean)

サーバーおよび必要に応じてクライアントとサーバー間の接続にあるクライアントを認証するために、クライアントによって呼び出されます。Called by clients to authenticate the server and optionally the client in a client-server connection. 認証プロセスでは、指定された証明書コレクション、およびシステムの既定の SSL プロトコルを使用します。The authentication process uses the specified certificate collection, and the system default SSL protocol.

public:
 virtual void AuthenticateAsClient(System::String ^ targetHost, System::Security::Cryptography::X509Certificates::X509CertificateCollection ^ clientCertificates, bool checkCertificateRevocation);
public virtual void AuthenticateAsClient (string targetHost, System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection? clientCertificates, bool checkCertificateRevocation);
public virtual void AuthenticateAsClient (string targetHost, System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection clientCertificates, bool checkCertificateRevocation);
abstract member AuthenticateAsClient : string * System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection * bool -> unit
override this.AuthenticateAsClient : string * System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection * bool -> unit
Public Overridable Sub AuthenticateAsClient (targetHost As String, clientCertificates As X509CertificateCollection, checkCertificateRevocation As Boolean)

パラメーター

targetHost
String

この SslStream を共有するサーバーの名前。The name of the server that will share this SslStream.

clientCertificates
X509CertificateCollection

クライアント証明書を格納している X509CertificateCollectionThe X509CertificateCollection that contains client certificates.

checkCertificateRevocation
Boolean

認証時に証明書失効リストをオンにするかどうかを指定する Boolean 値。A Boolean value that specifies whether the certificate revocation list is checked during authentication.

注釈

.NET Framework 4.7 より、この方法では None を使用して認証を行うため、オペレーティング システムが使用する最適なプロトコルを選択し、セキュリティで保護されていないプロトコルをブロックできるようになります。Starting with .NET Framework 4.7, this method authenticates using None, which allows the operating system to choose the best protocol to use, and to block protocols that are not secure. .NET Framework 4.6 (および最新のセキュリティ パッチがインストールされている .NET Framework 4.5) で許可されている TLS /SSL プロトコルのバージョンは 1.2、1.1 および 1.0 です (ただし、Windows のレジストリを編集して強力な暗号化を無効にしていない場合に限ります)。In .NET Framework 4.6 (and .NET Framework 4.5 with the latest security patches installed), the allowed TLS/SSL protocols versions are 1.2, 1.1, and 1.0 (unless you disable strong cryptography by editing the Windows Registry).

認証が成功したら、 IsEncrypted プロパティとプロパティを確認し IsSigned て、で使用されているセキュリティサービスを確認する必要があり SslStream ます。When authentication succeeds, you must check the IsEncrypted and IsSigned properties to determine what security services are used by the SslStream. プロパティをチェックして、 IsMutuallyAuthenticated 相互認証が行われたかどうかを確認します。Check the IsMutuallyAuthenticated property to determine whether mutual authentication occurred.

認証に失敗すると、が表示され、 AuthenticationException これは使用でき SslStream なくなります。If the authentication fails, you receive a AuthenticationException, and this SslStream is no longer useable. このオブジェクトを閉じて、ガベージコレクターによって収集されるように、このオブジェクトへのすべての参照を削除する必要があります。You should close this object and remove all references to it so that it can be collected by the garbage collector.

注意

クライアント証明書は、SSL バージョン2プロトコルではサポートされていません。Client certificates are not supported in the SSL version 2 protocol.

適用対象

AuthenticateAsClient(String, X509CertificateCollection, SslProtocols, Boolean)

サーバーおよび必要に応じてクライアントとサーバー間の接続にあるクライアントを認証するために、クライアントによって呼び出されます。Called by clients to authenticate the server and optionally the client in a client-server connection. 認証プロセスには、指定した証明書コレクションおよび SSL プロトコルが使用されます。The authentication process uses the specified certificate collection and SSL protocol.

public:
 virtual void AuthenticateAsClient(System::String ^ targetHost, System::Security::Cryptography::X509Certificates::X509CertificateCollection ^ clientCertificates, System::Security::Authentication::SslProtocols enabledSslProtocols, bool checkCertificateRevocation);
public virtual void AuthenticateAsClient (string targetHost, System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection? clientCertificates, System.Security.Authentication.SslProtocols enabledSslProtocols, bool checkCertificateRevocation);
public virtual void AuthenticateAsClient (string targetHost, System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection clientCertificates, System.Security.Authentication.SslProtocols enabledSslProtocols, bool checkCertificateRevocation);
abstract member AuthenticateAsClient : string * System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection * System.Security.Authentication.SslProtocols * bool -> unit
override this.AuthenticateAsClient : string * System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection * System.Security.Authentication.SslProtocols * bool -> unit
Public Overridable Sub AuthenticateAsClient (targetHost As String, clientCertificates As X509CertificateCollection, enabledSslProtocols As SslProtocols, checkCertificateRevocation As Boolean)

パラメーター

targetHost
String

この SslStream を共有するサーバーの名前。The name of the server that will share this SslStream.

clientCertificates
X509CertificateCollection

クライアント証明書を格納している X509CertificateCollectionThe X509CertificateCollection that contains client certificates.

enabledSslProtocols
SslProtocols

認証に使用されるプロトコルを表す SslProtocols 値。The SslProtocols value that represents protocols used for authentication.

checkCertificateRevocation
Boolean

認証時に証明書失効リストをオンにするかどうかを指定する Boolean 値。A Boolean value that specifies whether the certificate revocation list is checked during authentication.

注釈

.NET Framework 4.7 より、この方法では None を使用して認証を行うため、オペレーティング システムが使用する最適なプロトコルを選択し、セキュリティで保護されていないプロトコルをブロックできるようになります。Starting with .NET Framework 4.7, this method authenticates using None, which allows the operating system to choose the best protocol to use, and to block protocols that are not secure. .NET Framework 4.6 (および最新のセキュリティ パッチがインストールされている .NET Framework 4.5) で許可されている TLS /SSL プロトコルのバージョンは 1.2、1.1 および 1.0 です (ただし、Windows のレジストリを編集して強力な暗号化を無効にしていない場合に限ります)。In .NET Framework 4.6 (and .NET Framework 4.5 with the latest security patches installed), the allowed TLS/SSL protocols versions are 1.2, 1.1, and 1.0 (unless you disable strong cryptography by editing the Windows Registry).

認証が成功したら、 IsEncrypted プロパティとプロパティを確認し IsSigned て、で使用されているセキュリティサービスを確認する必要があり SslStream ます。When authentication succeeds, you must check the IsEncrypted and IsSigned properties to determine what security services are used by the SslStream. プロパティをチェックして、 IsMutuallyAuthenticated 相互認証が行われたかどうかを確認します。Check the IsMutuallyAuthenticated property to determine whether mutual authentication occurred.

認証に失敗すると、が表示され、 AuthenticationException これは使用でき SslStream なくなります。If the authentication fails, you receive a AuthenticationException, and this SslStream is no longer useable. このオブジェクトを閉じて、ガベージコレクターによって収集されるように、このオブジェクトへのすべての参照を削除する必要があります。You should close this object and remove all references to it so that it can be collected by the garbage collector.

注意

クライアント証明書は、SSL バージョン2プロトコルではサポートされていません。Client certificates are not supported in the SSL version 2 protocol.

適用対象