Socket.EndSendTo(IAsyncResult) Socket.EndSendTo(IAsyncResult) Socket.EndSendTo(IAsyncResult) Socket.EndSendTo(IAsyncResult) Method

定義

特定の場所への、保留中の非同期送信を終了します。Ends a pending asynchronous send to a specific location.

public:
 int EndSendTo(IAsyncResult ^ result);
public int EndSendTo (IAsyncResult result);
member this.EndSendTo : IAsyncResult -> int
Public Function EndSendTo (result As IAsyncResult) As Integer

パラメーター

asyncResult
IAsyncResult IAsyncResult IAsyncResult IAsyncResult

この非同期操作の状態情報およびユーザー定義データを格納する IAsyncResultAn IAsyncResult that stores state information and any user defined data for this asynchronous operation.

戻り値

正常に完了した場合は送信したバイト数。それ以外の場合は無効な Socket エラー。If successful, the number of bytes sent; otherwise, an invalid Socket error.

例外

EndSendTo(IAsyncResult) が、非同期送信のために以前に呼び出されています。EndSendTo(IAsyncResult) was previously called for the asynchronous send.

ソケットへのアクセスを試行しているときにエラーが発生しました。An error occurred when attempting to access the socket.

次のコード例では、特定の場所への非同期送信を終了します。The following code example ends an asynchronous send to a specific location.

StateObject^ so = safe_cast<StateObject^>(ar->AsyncState);
Socket^ s = so->workSocket;

int send = s->EndSendTo( ar );

Console::WriteLine( "The size of the message sent was : {0}", send );

s->Close();
StateObject so = (StateObject) ar.AsyncState;
Socket s = so.workSocket;

int send = s.EndSendTo(ar);

      Console.WriteLine("The size of the message sent was :" + send.ToString());

s.Close();
   Dim so As StateObject = CType(ar.AsyncState, StateObject)
   Dim s As Socket = so.workSocket
   
   Dim send As Integer = s.EndSendTo(ar)
   
   Console.WriteLine(("The size of the message sent was :" + send.ToString()))
   
   s.Close()
End Sub 'SendTo_Callback

注釈

EndSendTo 開始された非同期送信操作が完了するとBeginSendToします。EndSendTo completes the asynchronous send operation started in BeginSendTo.

呼び出しの前にBeginSendTo、実装するコールバック メソッドを作成する必要がある、AsyncCallbackを委任します。Before calling BeginSendTo, you need to create a callback method that implements the AsyncCallback delegate. このコールバック メソッドは、別のスレッドで実行され、後にシステムによって呼び出されるBeginReceiveを返します。This callback method executes in a separate thread and is called by the system after BeginReceive returns. コールバック メソッドが受け入れる必要があります、IAsyncResultによって返される、BeginSendToメソッドをパラメーターとして。The callback method must accept the IAsyncResult returned by the BeginSendTo method as a parameter.

コールバック メソッド内で、AsyncStateのメソッド、IAsyncResult送信を取得するパラメーターSocketします。Within the callback method, call the AsyncState method of the IAsyncResult parameter to obtain the sending Socket. 取得した後、 Socket、呼び出すことができます、EndSendToを正常に送信操作を完了し、送信されたバイト数を返すメソッド。After obtaining the Socket, you can call the EndSendTo method to successfully complete the send operation and return the number of bytes sent.

コネクションレスのプロトコルを使用している場合EndSendToデータグラムが送信されるまでブロックされます。If you are using a connectionless protocol, EndSendTo will block until the datagram is sent. 接続指向のプロトコルを使用している場合EndSendTo要求されたバイト数が送信されるまでブロックされます。If you are using a connection-oriented protocol, EndSendTo will block until the requested number of bytes are sent. 送信するデータがすぐに、ネットワーク上に表示される保証はありません。There is no guarantee that the data you send will appear on the network immediately. ネットワークの効率を向上させるのに大量の送信データが収集されるまで、基になるシステムが送信を遅延する可能性があります。To increase network efficiency, the underlying system may delay transmission until a significant amount of outgoing data is collected. 正常に完了、BeginSendToメソッドは、基になるシステムがネットワークのデータの送信バッファーする領域を持っていることを意味します。A successful completion of the BeginSendTo method means that the underlying system has had room to buffer your data for a network send.

注意

表示された場合、SocketExceptionを使用して、SocketException.ErrorCode特定のエラー コードを取得するプロパティ。If you receive a SocketException, use the SocketException.ErrorCode property to obtain the specific error code. このコードを取得した後を参照してください、 Windows Sockets version 2 API エラー コードエラーの詳細な説明のドキュメント。After you have obtained this code, refer to the Windows Sockets version 2 API error code documentation for a detailed description of the error.

注意

このメンバーは、アプリケーションでネットワーク トレースが有効にされている場合にトレース情報を出力します。This member outputs trace information when you enable network tracing in your application. 詳細については、次を参照してください。ネットワークのトレースを .NET Framework でします。For more information, see Network Tracing in the .NET Framework.

適用対象