Assembly.Load Assembly.Load Assembly.Load Assembly.Load Method

定義

アセンブリを読み込みます。Loads an assembly.

オーバーロード

Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource) Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource) Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource)

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。シンボルを含めることも、セキュリティ コンテキストのソースを指定することもできます。Loads the assembly with a common object file format (COFF)-based image containing an emitted assembly, optionally including symbols and specifying the source for the security context. このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller.

Load(Byte[], Byte[], Evidence) Load(Byte[], Byte[], Evidence) Load(Byte[], Byte[], Evidence) Load(Byte[], Byte[], Evidence)

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。アセンブリのシンボルと証拠を含めることもできます。Loads the assembly with a common object file format (COFF)-based image containing an emitted assembly, optionally including symbols and evidence for the assembly. このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller.

Load(String, Evidence) Load(String, Evidence) Load(String, Evidence) Load(String, Evidence)

表示名を指定してアセンブリを読み込みます。アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。Loads an assembly given its display name, loading the assembly into the domain of the caller using the supplied evidence.

Load(AssemblyName, Evidence) Load(AssemblyName, Evidence) Load(AssemblyName, Evidence) Load(AssemblyName, Evidence)

AssemblyName を指定してアセンブリを読み込みます。Loads an assembly given its AssemblyName. アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the domain of the caller using the supplied evidence.

Load(Byte[]) Load(Byte[]) Load(Byte[]) Load(Byte[])

生成されたアセンブリを含む COFF (Common Object File Format) ベースのイメージを使用して、アセンブリを読み込みます。Loads the assembly with a common object file format (COFF)-based image containing an emitted assembly. このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller.

Load(String) Load(String) Load(String) Load(String)

長い形式の名前を指定してアセンブリを読み込みます。Loads an assembly given the long form of its name.

Load(AssemblyName) Load(AssemblyName) Load(AssemblyName) Load(AssemblyName)

AssemblyName を指定してアセンブリを読み込みます。Loads an assembly given its AssemblyName.

Load(Byte[], Byte[]) Load(Byte[], Byte[]) Load(Byte[], Byte[]) Load(Byte[], Byte[])

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。アセンブリのシンボルを含めることもできます。Loads the assembly with a common object file format (COFF)-based image containing an emitted assembly, optionally including symbols for the assembly. このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller.

Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource) Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource) Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource)

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。シンボルを含めることも、セキュリティ コンテキストのソースを指定することもできます。Loads the assembly with a common object file format (COFF)-based image containing an emitted assembly, optionally including symbols and specifying the source for the security context. このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller.

public:
 static System::Reflection::Assembly ^ Load(cli::array <System::Byte> ^ rawAssembly, cli::array <System::Byte> ^ rawSymbolStore, System::Security::SecurityContextSource securityContextSource);
public static System.Reflection.Assembly Load (byte[] rawAssembly, byte[] rawSymbolStore, System.Security.SecurityContextSource securityContextSource);
static member Load : byte[] * byte[] * System.Security.SecurityContextSource -> System.Reflection.Assembly

パラメーター

rawAssembly
Byte[]

生成されたアセンブリを含む COFF ベースのイメージであるバイト配列。A byte array that is a COFF-based image containing an emitted assembly.

rawSymbolStore
Byte[]

アセンブリのシンボルを表す生バイトを格納するバイト配列。A byte array that contains the raw bytes representing the symbols for the assembly.

securityContextSource
SecurityContextSource SecurityContextSource SecurityContextSource SecurityContextSource

セキュリティ コンテキストのソース。The source of the security context.

戻り値

読み込まれるアセンブリ。The loaded assembly.

例外

rawAssembly は正しいアセンブリではありません。rawAssembly is not a valid assembly.

- または --or- 現在読み込まれているバージョンよりも新しいバージョンの共通言語ランタイムで、rawAssembly がコンパイルされました。rawAssembly was compiled with a later version of the common language runtime than the version that is currently loaded.

securityContextSource の値は、列挙値の 1 つではありません。The value of securityContextSource is not one of the enumeration values.

注釈

アセンブリは、指定されたセキュリティコンテキストのソースを使用して、呼び出し元のアプリケーションドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller using the specified source for the security context. rawSymbolStore指定した場合は、アセンブリのシンボルを表す生バイトも読み込まれます。If rawSymbolStore was specified, the raw bytes that represent the symbols for the assembly are also loaded.

Load(Byte[], Byte[], Evidence) Load(Byte[], Byte[], Evidence) Load(Byte[], Byte[], Evidence) Load(Byte[], Byte[], Evidence)

警告

この API は現在使われていません。

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。アセンブリのシンボルと証拠を含めることもできます。Loads the assembly with a common object file format (COFF)-based image containing an emitted assembly, optionally including symbols and evidence for the assembly. このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller.

public:
 static System::Reflection::Assembly ^ Load(cli::array <System::Byte> ^ rawAssembly, cli::array <System::Byte> ^ rawSymbolStore, System::Security::Policy::Evidence ^ securityEvidence);
[System.Obsolete]
[System.Obsolete("This method is obsolete and will be removed in a future release of the .NET Framework. Please use an overload of Load which does not take an Evidence parameter. See http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=155570 for more information.")]
public static System.Reflection.Assembly Load (byte[] rawAssembly, byte[] rawSymbolStore, System.Security.Policy.Evidence securityEvidence);
static member Load : byte[] * byte[] * System.Security.Policy.Evidence -> System.Reflection.Assembly
Public Shared Function Load (rawAssembly As Byte(), rawSymbolStore As Byte(), securityEvidence As Evidence) As Assembly

パラメーター

rawAssembly
Byte[]

生成されたアセンブリを含む COFF ベースのイメージであるバイト配列。A byte array that is a COFF-based image containing an emitted assembly.

rawSymbolStore
Byte[]

アセンブリのシンボルを表す生バイトを格納するバイト配列。A byte array that contains the raw bytes representing the symbols for the assembly.

securityEvidence
Evidence Evidence Evidence Evidence

アセンブリを読み込むために必要な証拠。Evidence for loading the assembly.

戻り値

読み込まれるアセンブリ。The loaded assembly.

例外

rawAssembly は正しいアセンブリではありません。rawAssembly is not a valid assembly.

- または --or- 共通言語ランタイムのバージョン 2.0 以降が現在読み込まれています。rawAssembly は、より新しいバージョンでコンパイルされています。Version 2.0 or later of the common language runtime is currently loaded and rawAssembly was compiled with a later version.

アセンブリまたはモジュールが、2 つの異なる証拠を使用して 2 回読み込まれました。An assembly or module was loaded twice with two different evidences.

securityEvidencenull ではありません。securityEvidence is not null. 既定では、従来の CAS ポリシーは .NET Framework 4.NET Framework 4 で有効ではありません。有効でない場合、securityEvidencenull である必要があります。By default, legacy CAS policy is not enabled in the .NET Framework 4.NET Framework 4; when it is not enabled, securityEvidence must be null.

注釈

アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the domain of the caller using the supplied evidence. アセンブリのシンボルを表す生バイトも読み込まれます。The raw bytes representing the symbols for the assembly are also loaded.

アセンブリに対して特定のアクセス許可を付与するかどうかは、証拠に基づいて決定されます。Whether certain permissions are granted or not granted to an assembly is based on evidence. アセンブリおよびセキュリティの証拠のマージ規則は次のとおりです。The rules for assembly and security evidence merging are as follows:

  • パラメーターを指定せLoadEvidenceにメソッドを使用すると、アセンブリはローダーが提供する証拠と共に読み込まれます。When you use a Load method with no Evidence parameter, the assembly is loaded with the evidence that the loader supplies.

  • Evidenceパラメーターを指定しLoadてメソッドを使用すると、証拠の断片がマージされます。When you use a Load method with an Evidence parameter, pieces of evidence are merged. メソッドのLoad引数として指定された証拠の部分は、ローダーによって提供される証拠の部分を置き換えます。Pieces of evidence supplied as an argument to the Load method supersede pieces of evidence supplied by the loader.

  • パラメーターと共にLoadメソッドオーバーロードを使用して COFF イメージを読み込むと、呼び出し元のアセンブリから証拠が継承されます。 Byte[]When you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a COFF image, evidence is inherited from the calling assembly. これは、.NET Framework バージョン 1.1 Service Pack 1 (SP1) およびそれ以降のリリースに適用されます。This applies to the .NET Framework version 1.1 Service Pack 1 (SP1) and subsequent releases.

    注意

    .NET Framework バージョン1.0 で、バージョン1.1 が SP1 でない場合、パラメーターをLoad Byte[]指定してメソッドオーバーロードを使用して COFF イメージを読み込むと、証拠が結合されます。In the .NET Framework version 1.0 and in version 1.1 without SP1, when you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a COFF image, evidence is combined. ZoneUrlSiteおよびはHashStrongName呼び出し元のアセンブリから継承され、およびは COFF アセンブリから取得されます。Zone, Url and Site are inherited from the calling assembly, and Hash and StrongName are taken from the COFF assembly.

  • パラメーターを指定しLoad Evidenceてメソッドを使用し、COFF イメージを読み込む場合は、指定された証拠だけが使用されます。 Byte[]When you use a Load method with a Byte[] parameter and Evidence to load a COFF image, only the supplied evidence is used. 呼び出し元アセンブリの証拠と COFF イメージの証拠は無視されます。Evidence of the calling assembly and evidence of the COFF image are ignored.

実行可能C++ファイルに反映するとBadImageFormatException、がスローされる場合があります。Reflecting on C++ executable files might throw a BadImageFormatException. これは、ほとんどの場合、 C++コンパイラが再配置アドレスまたは.relocセクションを実行可能ファイルから除去することが原因です。This is most likely caused by the C++ compiler stripping the relocation addresses or the .reloc section from your executable file. 実行可能ファイル.relocのアドレスを保持するには/fixed:no 、リンクするときにを指定します。 C++To preserve the .reloc address for your C++ executable file, specify /fixed:no when you are linking.

同じアセンブリで [], Byte<xref: system.object% 2a > メソッドを複数回呼び出したが、異なる証拠が指定されていると、共通言語ランタイムはをFileLoadExceptionスローしません。これは、異なる証拠仕様の等価性と整合性を確認できません。If you call the [], Byte<xref:System.Reflection.Assembly.Load%2A> method more than once on the same assembly but with a different evidence specified, the common language runtime does not throw a FileLoadException because the equality and integrity of the different evidence specifications cannot be determined. 最初に成功する証拠は、使用される証拠です。The evidence that first succeeds is the evidence that is used.

このメソッドオーバーロードは、常に独自のAssemblyマッピングで新しいオブジェクトを作成することに注意してください。Note that this method overload always creates a new Assembly object with its own mapping.

セキュリティ

SecurityPermission
証拠を提供する機能。for the ability to supply evidence. ControlEvidence (関連する列挙体)Associated enumeration: ControlEvidence. セキュリティアクション: DemandSecurity action: Demand.

Load(String, Evidence) Load(String, Evidence) Load(String, Evidence) Load(String, Evidence)

警告

この API は現在使われていません。

表示名を指定してアセンブリを読み込みます。アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。Loads an assembly given its display name, loading the assembly into the domain of the caller using the supplied evidence.

public:
 static System::Reflection::Assembly ^ Load(System::String ^ assemblyString, System::Security::Policy::Evidence ^ assemblySecurity);
[System.Obsolete]
[System.Obsolete("This method is obsolete and will be removed in a future release of the .NET Framework. Please use an overload of Load which does not take an Evidence parameter. See http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=155570 for more information.")]
public static System.Reflection.Assembly Load (string assemblyString, System.Security.Policy.Evidence assemblySecurity);
static member Load : string * System.Security.Policy.Evidence -> System.Reflection.Assembly
Public Shared Function Load (assemblyString As String, assemblySecurity As Evidence) As Assembly

パラメーター

assemblyString
String String String String

アセンブリの表示名。The display name of the assembly.

assemblySecurity
Evidence Evidence Evidence Evidence

アセンブリを読み込むために必要な証拠。Evidence for loading the assembly.

戻り値

読み込まれるアセンブリ。The loaded assembly.

例外

assemblyStringnullです。assemblyString is null.

assemblyString が見つかりません。assemblyString is not found.

assemblyString は正しいアセンブリではありません。assemblyString is not a valid assembly.

- または --or- 共通言語ランタイムのバージョン 2.0 以降が現在読み込まれています。assemblyString は、より新しいバージョンでコンパイルされています。Version 2.0 or later of the common language runtime is currently loaded and assemblyString was compiled with a later version.

検出されたファイルを読み込めませんでした。A file that was found could not be loaded.

- または --or-

アセンブリまたはモジュールが、2 つの異なる証拠を使用して 2 回読み込まれました。An assembly or module was loaded twice with two different evidences.

注釈

FileLoadExceptionが完全なassemblyStringアセンブリ名を指定し、簡易名と一致する最初のアセンブリのバージョン、カルチャ、または公開キートークンが異なる場合は、がスローされます。FileLoadException is thrown if assemblyString specifies the full assembly name, and the first assembly that matches the simple name has a different version, culture, or public key token. ローダーは、簡易名と一致する他のアセンブリのプローブを続行しません。The loader does not continue probing for other assemblies that match the simple name.

アセンブリに対して特定のアクセス許可を付与するかどうかは、証拠に基づいて決定されます。Whether certain permissions are granted or not granted to an assembly is based on evidence. アセンブリおよびセキュリティの証拠のマージ規則は次のとおりです。The rules for assembly and security evidence merging are as follows:

  • パラメーターを指定せLoadEvidenceにメソッドを使用すると、アセンブリはローダーが提供する証拠と共に読み込まれます。When you use a Load method with no Evidence parameter, the assembly is loaded with the evidence that the loader supplies.

  • Evidenceパラメーターを指定しLoadてメソッドを使用すると、証拠の断片がマージされます。When you use a Load method with an Evidence parameter, pieces of evidence are merged. メソッドのLoad引数として指定された証拠の部分は、ローダーによって提供される証拠の部分を置き換えます。Pieces of evidence supplied as an argument to the Load method supersede pieces of evidence supplied by the loader.

  • パラメーターと共にLoadメソッドオーバーロードを使用して Common Object File Format (COFF) イメージを読み込むと、呼び出し元のアセンブリから証拠が継承されます。 Byte[]When you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a common object file format (COFF) image, evidence is inherited from the calling assembly. これは、.NET Framework バージョン 1.1 Service Pack 1 (SP1) およびそれ以降のリリースに適用されます。This applies to the .NET Framework version 1.1 Service Pack 1 (SP1) and subsequent releases.

    注意

    .NET Framework バージョン1.0 で、バージョン1.1 が SP1 でない場合、パラメーターをLoad Byte[]指定してメソッドオーバーロードを使用して COFF イメージを読み込むと、証拠が結合されます。In the .NET Framework version 1.0 and in version 1.1 without SP1, when you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a COFF image, evidence is combined. ZoneUrlSiteおよびはHashStrongName呼び出し元のアセンブリから継承され、およびは COFF アセンブリから取得されます。Zone, Url and Site are inherited from the calling assembly, and Hash and StrongName are taken from the COFF assembly.

  • パラメーターを指定しLoad Evidenceてメソッドを使用し、COFF イメージを読み込む場合は、指定された証拠だけが使用されます。 Byte[]When you use a Load method with a Byte[] parameter and Evidence to load a COFF image, only the supplied evidence is used. 呼び出し元アセンブリの証拠および COFF イメージの証拠は無視されます。Evidence of the calling assembly and evidence of the COFF image is ignored.

実行可能C++ファイルに反映するとBadImageFormatException、がスローされる場合があります。Reflecting on C++ executable files might throw a BadImageFormatException. これは、ほとんどの場合、 C++コンパイラが再配置アドレスまたは.relocセクションを実行可能ファイルから除去することが原因です。This is most likely caused by the C++ compiler stripping the relocation addresses or the .reloc section from your executable file. 実行可能ファイル.relocのアドレスを保持するには/fixed:no 、リンクするときにを指定します。 C++To preserve the .reloc address for your C++ executable file, specify /fixed:no when you are linking.

同じアセンブリでこのメソッドを複数回呼び出しても、異なる証拠が指定されている場合、共通言語ランタイムはをFileLoadExceptionスローしません。これは、異なる証拠仕様の等価性と整合性を判別できないためです。If you call this method more than once on the same assembly but with a different evidence specified, the common language runtime does not throw a FileLoadException because the equality and integrity of the different evidence specifications cannot be determined. 最初に成功する証拠は、使用される証拠です。The evidence that first succeeds is the evidence that is used.

.NET Framework バージョン2.0 では、プロセッサアーキテクチャがアセンブリ id に追加され、アセンブリ名文字列の一部として指定できるようになりました。In the .NET Framework version 2.0, processor architecture is added to assembly identity, and can be specified as part of assembly name strings. たとえば、"ProcessorArchitecture = msil" のようになります。For example, "ProcessorArchitecture=msil". ただし、アセンブリ名を指定する場合は、 AssemblyNameオブジェクトを作成し、 Loadメソッドの適切なオーバーロードに渡すことをお勧めします。However, the recommended way to specify an assembly name is to create an AssemblyName object and pass it to an appropriate overload of the Load method. 以下を参照してください。AssemblyName.ProcessorArchitectureSee AssemblyName.ProcessorArchitecture.

セキュリティ

SecurityPermission
証拠を使用してアセンブリを読み込む場合は。to load an assembly with evidence. 関連付けられた列挙型:ControlEvidenceAssociated enumeration: ControlEvidence

こちらもご覧ください

Load(AssemblyName, Evidence) Load(AssemblyName, Evidence) Load(AssemblyName, Evidence) Load(AssemblyName, Evidence)

警告

この API は現在使われていません。

AssemblyName を指定してアセンブリを読み込みます。Loads an assembly given its AssemblyName. アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the domain of the caller using the supplied evidence.

public:
 static System::Reflection::Assembly ^ Load(System::Reflection::AssemblyName ^ assemblyRef, System::Security::Policy::Evidence ^ assemblySecurity);
[System.Obsolete]
[System.Obsolete("This method is obsolete and will be removed in a future release of the .NET Framework. Please use an overload of Load which does not take an Evidence parameter. See http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=155570 for more information.")]
public static System.Reflection.Assembly Load (System.Reflection.AssemblyName assemblyRef, System.Security.Policy.Evidence assemblySecurity);
static member Load : System.Reflection.AssemblyName * System.Security.Policy.Evidence -> System.Reflection.Assembly
Public Shared Function Load (assemblyRef As AssemblyName, assemblySecurity As Evidence) As Assembly

パラメーター

assemblyRef
AssemblyName AssemblyName AssemblyName AssemblyName

読み込むアセンブリを記述するオブジェクト。The object that describes the assembly to be loaded.

assemblySecurity
Evidence Evidence Evidence Evidence

アセンブリを読み込むために必要な証拠。Evidence for loading the assembly.

戻り値

読み込まれるアセンブリ。The loaded assembly.

例外

assemblyRef が見つかりません。assemblyRef is not found.

assemblyRef は正しいアセンブリではありません。assemblyRef is not a valid assembly.

- または --or- 共通言語ランタイムのバージョン 2.0 以降が現在読み込まれています。assemblyRef は、より新しいバージョンでコンパイルされています。Version 2.0 or later of the common language runtime is currently loaded and assemblyRef was compiled with a later version.

アセンブリまたはモジュールが、2 つの異なる証拠を使用して 2 回読み込まれました。An assembly or module was loaded twice with two different evidences.

- または --or-

assemblyRef でリモート アセンブリが指定されていますが、リモート アセンブリ内でコードを実行する機能が無効になっています。assemblyRef specifies a remote assembly, but the ability to execute code in remote assemblies is disabled. <loadFromRemoteSources> を参照してください。See <loadFromRemoteSources>.

注釈

FileLoadExceptionが完全なassemblyRefアセンブリ名を指定し、簡易名と一致する最初のアセンブリのバージョン、カルチャ、または公開キートークンが異なる場合は、がスローされます。FileLoadException is thrown if assemblyRef specifies the full assembly name, and the first assembly that matches the simple name has a different version, culture, or public key token. ローダーは、簡易名と一致する他のアセンブリのプローブを続行しません。The loader does not continue probing for other assemblies that match the simple name. .NET Framework 4 以降では、リモートアセンブリでのコードの実行が既定で無効にFileLoadExceptionなっているためassemblyRef 、がリモートアセンブリを指定すると、もスローされます。Starting with .NET Framework 4, because execution of code in remote assemblies is disabled by default, a FileLoadException is also thrown if assemblyRef specifies a remote assembly. リモートの場所から読み込まれたコードの実行を有効にする<loadFromRemoteSources>には、構成要素を使用します。To enable execution of code loaded from remote locations, you can use the <loadFromRemoteSources> configuration element.

注意

プロパティCodeBaseセットのみAssemblyNameを含むを使用しないでください。Do not use an AssemblyName with only the CodeBase property set. プロパティはアセンブリ id の要素 (name や version など) を提供しないため、メソッドのLoad場合と同様に、id の読み込み規則に従って読み込みが行われることはありません。 CodeBaseThe CodeBase property does not supply any elements of the assembly identity (such as name or version), so loading does not occur according to load-by-identity rules, as you would expect from the Load method. 代わりに、読み込み規則を使用してアセンブリが読み込まれます。Instead, the assembly is loaded using load-from rules. 読み込み元コンテキストを使用する場合の欠点については、「 Assembly.LoadFromメソッドのオーバーロード」または「アセンブリの読み込みのベストプラクティス」を参照してください。For information about the disadvantages of using the load-from context, see the Assembly.LoadFrom method overload or Best Practices for Assembly Loading.

アセンブリに対して特定のアクセス許可を付与するかどうかは、証拠に基づいて決定されます。Whether certain permissions are granted or not granted to an assembly is based on evidence. アセンブリおよびセキュリティの証拠のマージ規則は次のとおりです。The rules for assembly and security evidence merging are as follows:

  • パラメーターを指定せLoadEvidenceにメソッドを使用すると、アセンブリはローダーが提供する証拠と共に読み込まれます。When you use a Load method with no Evidence parameter, the assembly is loaded with the evidence that the loader supplies.

  • Evidenceパラメーターを指定しLoadてメソッドを使用すると、証拠の断片がマージされます。When you use a Load method with an Evidence parameter, pieces of evidence are merged. メソッドのLoad引数として指定された証拠の部分は、ローダーによって提供される証拠の部分を置き換えます。Pieces of evidence supplied as an argument to the Load method supersede pieces of evidence supplied by the loader.

  • パラメーターと共にLoadメソッドオーバーロードを使用して Common Object File Format (COFF) イメージを読み込むと、呼び出し元のアセンブリから証拠が継承されます。 Byte[]When you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a common object file format (COFF) image, evidence is inherited from the calling assembly. これは、.NET Framework バージョン 1.1 Service Pack 1 (SP1) およびそれ以降のリリースに適用されます。This applies to the .NET Framework version 1.1 Service Pack 1 (SP1) and subsequent releases.

    注意

    .NET Framework バージョン1.0 で、バージョン1.1 が SP1 でない場合、パラメーターをLoad Byte[]指定してメソッドオーバーロードを使用して COFF イメージを読み込むと、証拠が結合されます。In the .NET Framework version 1.0 and in version 1.1 without SP1, when you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a COFF image, evidence is combined. ZoneUrlSiteおよびはHashStrongName呼び出し元のアセンブリから継承され、およびは COFF アセンブリから取得されます。Zone, Url and Site are inherited from the calling assembly, and Hash and StrongName are taken from the COFF assembly.

  • パラメーターを指定しLoad Evidenceてメソッドを使用し、COFF イメージを読み込む場合は、指定された証拠だけが使用されます。 Byte[]When you use a Load method with a Byte[] parameter and Evidence to load a COFF image, only the supplied evidence is used. 呼び出し元アセンブリの証拠および COFF イメージの証拠は無視されます。Evidence of the calling assembly and evidence of the COFF image is ignored.

実行可能C++ファイルに反映するとBadImageFormatException、がスローされる場合があります。Reflecting on C++ executable files might throw a BadImageFormatException. これは、ほとんどの場合、 C++コンパイラが再配置アドレスまたは.relocセクションを実行可能ファイルから除去することが原因です。This is most likely caused by the C++ compiler stripping the relocation addresses or the .reloc section from your executable file. 実行可能ファイル.relocのアドレスを保持するには/fixed:no 、リンクするときにを指定します。 C++To preserve the .reloc address for your C++ executable file, specify /fixed:no when you are linking.

注意

AssemblyName.NameプロパティAssembly.FullNameとプロパティの両方が設定されている場合、最初にアセンブリを読み込もうとしたときに、プロパティによって返される表示名 (バージョン、カルチャなど) が使用AssemblyName.CodeBaseされます。If both the AssemblyName.Name property and the AssemblyName.CodeBase property are set, the first attempt to load the assembly uses the display name (including version, culture, and so on, as returned by the Assembly.FullName property). ファイルが見つからない場合は、 CodeBaseを使用してアセンブリを検索します。If the file is not found, CodeBase is used to search for the assembly. アセンブリがを使用してCodeBase検出された場合、表示名がアセンブリと照合されます。If the assembly is found using CodeBase, the display name is matched against the assembly. 一致が失敗FileLoadExceptionした場合は、がスローされます。If the match fails, a FileLoadException is thrown.

同じアセンブリでメソッドLoadを複数回呼び出しても、異なる証拠が指定されている場合、共通言語ランタイムはをFileLoadExceptionスローしません。これは、異なる証拠仕様の等価性と整合性を従っ.If you call the Load method more than once on the same assembly but with a different evidence specified, the common language runtime does not throw a FileLoadException because the equality and integrity of the different evidence specifications cannot be determined. 最初に成功する証拠は、使用される証拠です。The evidence that first succeeds is the evidence that is used.

セキュリティ

FileIOPermission
ファイルまたはディレクトリから読み取るアクセス許可、およびパス自体の情報にアクセスするための。for access to read from a file or directory, and for access to the information in the path itself. 関連付けられReadた列挙型:、PathDiscoveryAssociated enumerations: Read, PathDiscovery

WebPermission
"file://" で始まらない URI を読み取る場合。for reading a URI that does not begin with "file://".

SecurityPermission
証拠を使用してアセンブリを読み込む場合は。to load an assembly with evidence. 関連付けられた列挙型:ControlEvidenceAssociated enumeration: ControlEvidence

こちらもご覧ください

Load(Byte[]) Load(Byte[]) Load(Byte[]) Load(Byte[])

生成されたアセンブリを含む COFF (Common Object File Format) ベースのイメージを使用して、アセンブリを読み込みます。Loads the assembly with a common object file format (COFF)-based image containing an emitted assembly. このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller.

public:
 static System::Reflection::Assembly ^ Load(cli::array <System::Byte> ^ rawAssembly);
public static System.Reflection.Assembly Load (byte[] rawAssembly);
static member Load : byte[] -> System.Reflection.Assembly
Public Shared Function Load (rawAssembly As Byte()) As Assembly

パラメーター

rawAssembly
Byte[]

生成されたアセンブリを含む COFF ベースのイメージであるバイト配列。A byte array that is a COFF-based image containing an emitted assembly.

戻り値

読み込まれるアセンブリ。The loaded assembly.

例外

rawAssemblynull です。rawAssembly is null.

rawAssembly は正しいアセンブリではありません。rawAssembly is not a valid assembly.

または-or- 共通言語ランタイムのバージョン 2.0 以降が現在読み込まれています。rawAssembly は、より新しいバージョンでコンパイルされています。Version 2.0 or later of the common language runtime is currently loaded and rawAssembly was compiled with a later version.

注釈

このメソッドを使用して読み込まれるアセンブリの信頼レベルは、呼び出し元アセンブリの信頼レベルと同じです。The trust level of an assembly that is loaded by using this method is the same as the trust level of the calling assembly. アプリケーションドメインの信頼レベルを使用して、バイト配列からアセンブリを読み込むには、 Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource)メソッドオーバーロードを使用します。To load an assembly from a byte array with the trust level of the application domain, use the Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource) method overload. バイト配列を受け取るLoadメソッドのオーバーロードと共に証拠を使用する方法の詳細については、 Load(Byte[], Byte[], Evidence)メソッドのオーバーロードに関する説明を参照してください。For more information about the use of evidence with overloads of the Load method that take byte arrays, see the Load(Byte[], Byte[], Evidence) method overload.

実行可能C++ファイルに反映するとBadImageFormatException、がスローされる場合があります。Reflecting on C++ executable files might throw a BadImageFormatException. これは、ほとんどの場合、 C++コンパイラが再配置アドレスまたは.relocセクションを実行可能ファイルから除去することが原因です。This is most likely caused by the C++ compiler stripping the relocation addresses or the .reloc section from your executable file. 実行可能ファイル.relocのアドレスを保持するには/fixed:no 、リンクするときにを指定します。 C++To preserve the .reloc address for your C++ executable file, specify /fixed:no when you are linking.

このメソッドオーバーロードは、常に独自のAssemblyマッピングで新しいオブジェクトを作成することに注意してください。Note that this method overload always creates a new Assembly object with its own mapping.

Load(String) Load(String) Load(String) Load(String)

長い形式の名前を指定してアセンブリを読み込みます。Loads an assembly given the long form of its name.

public:
 static System::Reflection::Assembly ^ Load(System::String ^ assemblyString);
public static System.Reflection.Assembly Load (string assemblyString);
static member Load : string -> System.Reflection.Assembly
Public Shared Function Load (assemblyString As String) As Assembly

パラメーター

assemblyString
String String String String

長い形式のアセンブリ名。The long form of the assembly name.

戻り値

読み込まれるアセンブリ。The loaded assembly.

例外

assemblyStringnullです。assemblyString is null.

assemblyString は長さゼロの文字列です。assemblyString is a zero-length string.

assemblyString が見つかりません。assemblyString is not found.

検出されたファイルを読み込めませんでした。A file that was found could not be loaded.

assemblyString は正しいアセンブリではありません。assemblyString is not a valid assembly.

- または --or- 共通言語ランタイムのバージョン 2.0 以降が現在読み込まれています。assemblyString は、より新しいバージョンでコンパイルされています。Version 2.0 or later of the common language runtime is currently loaded and assemblyString was compiled with a later version.

次の例では、完全修飾名を指定してアセンブリを読み込み、指定したアセンブリに含まれるすべての型を一覧表示します。The following example loads an assembly given its fully qualified name, and lists all the types contained in the specified assembly. このコード例を実行するには、完全修飾アセンブリ名を指定する必要があります。For this code example to run, you must provide the fully qualified assembly name. 完全修飾アセンブリ名を取得する方法については、「アセンブリ名」を参照してください。For information about how to obtain the fully qualified assembly name, see Assembly Names.

using namespace System;
using namespace System::Collections;
using namespace System::Reflection;
int main()
{
    // You must supply a valid fully qualified assembly name.            
    Assembly^ SampleAssembly = Assembly::Load
        ( "SampleAssembly, Version=1.0.2004.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=8744b20f8da049e3" );
    array<Type^>^ Types = SampleAssembly->GetTypes();
    
    // Display all the types contained in the specified assembly.
    IEnumerator^ myEnum = Types->GetEnumerator();
    Type^ oType;
    while ( myEnum->MoveNext() )
    {
        oType = safe_cast<Type^>(myEnum->Current);
        Console::WriteLine( oType->Name );
    }
}

using System;
using System.Reflection;

class Class1
{
    public static void Main()
    {
        // You must supply a valid fully qualified assembly name.            
        Assembly SampleAssembly = Assembly.Load
            ("SampleAssembly, Version=1.0.2004.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=8744b20f8da049e3");
        // Display all the types contained in the specified assembly.
        foreach (Type oType in SampleAssembly.GetTypes()) {
            Console.WriteLine(oType.Name);
        }
    }
}
Imports System.Reflection

Class Class1
    Public Shared Sub Main()
        ' You must supply a valid fully qualified assembly name.            
        Dim SampleAssembly As [Assembly] = _
            [Assembly].Load("SampleAssembly, Version=1.0.2004.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=8744b20f8da049e3")
        Dim oType As Type
        ' Display all the types contained in the specified assembly.
        For Each oType In SampleAssembly.GetTypes()
            Console.WriteLine(oType.Name)
        Next oType
    End Sub	'LoadSample
End Class

注釈

アセンブリ名の長い形式は、単純な名前 (.dll アセンブリの "System" など) と共に、そのバージョン、カルチャ、公開キートークン、およびオプションでプロセッサアーキテクチャを使用して構成されます。The long form of an assembly name consists of its simple name (such as "System" for the System.dll assembly) along with its version, culture, public key token, and optionally its processor architecture. これは、アセンブリのFullNameプロパティに対応します。It corresponds to the assembly's FullName property. 次の例は、長い名前を使用して .NET Framework 4 の .dll アセンブリを読み込む方法を示しています。The following example illustrates the use of a long name to load the System.dll assembly for the .NET Framework 4.

using System;
using System.Reflection;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string longName = "system, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089";
      Assembly assem = Assembly.Load(longName);
      if (assem == null)
         Console.WriteLine("Unable to load assembly...");
      else
         Console.WriteLine(assem.FullName);
   }
}
// The example displays the following output:
//        system, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
Imports System.Reflection

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim longName As String = "system, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089"
      Dim assem As Assembly = Assembly.Load(longName)
      If assem Is Nothing Then
         Console.WriteLine("Unable to load assembly...")
      Else
         Console.WriteLine(assem.FullName)
      End If
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       system, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089

FileLoadExceptionが完全なassemblyStringアセンブリ名を指定し、簡易名と一致する最初のアセンブリのバージョン、カルチャ、または公開キートークンが異なる場合は、がスローされます。FileLoadException is thrown if assemblyString specifies the full assembly name, and the first assembly that matches the simple name has a different version, culture, or public key token. ローダーは、簡易名と一致する他のアセンブリのプローブを続行しません。The loader does not continue probing for other assemblies that match the simple name.

アセンブリに対して特定のアクセス許可を付与するかどうかは、証拠に基づいて決定されます。Whether certain permissions are granted or not granted to an assembly is based on evidence. アセンブリおよびセキュリティの証拠のマージ規則は次のとおりです。The rules for assembly and security evidence merging are as follows:

  • パラメーターを指定せLoadEvidenceにメソッドを使用すると、アセンブリはローダーが提供する証拠と共に読み込まれます。When you use a Load method with no Evidence parameter, the assembly is loaded with the evidence that the loader supplies.

  • Evidenceパラメーターを指定しLoadてメソッドを使用すると、証拠の断片がマージされます。When you use a Load method with an Evidence parameter, pieces of evidence are merged. メソッドのLoad引数として指定された証拠の部分は、ローダーによって提供される証拠の部分を置き換えます。Pieces of evidence supplied as an argument to the Load method supersede pieces of evidence supplied by the loader.

  • パラメーターと共にLoadメソッドオーバーロードを使用して Common Object File Format (COFF) イメージを読み込むと、呼び出し元のアセンブリから証拠が継承されます。 Byte[]When you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a common object file format (COFF) image, evidence is inherited from the calling assembly. これは、.NET Framework バージョン 1.1 Service Pack 1 (SP1) およびそれ以降のリリースに適用されます。This applies to the .NET Framework version 1.1 Service Pack 1 (SP1) and subsequent releases.

    注意

    .NET Framework バージョン1.0 で、バージョン1.1 が SP1 でない場合、パラメーターをLoad Byte[]指定してメソッドオーバーロードを使用して COFF イメージを読み込むと、証拠が結合されます。In the .NET Framework version 1.0 and in version 1.1 without SP1, when you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a COFF image, evidence is combined. ZoneUrlSiteおよびはHashStrongName呼び出し元のアセンブリから継承され、およびは COFF アセンブリから取得されます。Zone, Url and Site are inherited from the calling assembly, and Hash and StrongName are taken from the COFF assembly.

  • パラメーターを指定しLoad Evidenceてメソッドを使用し、COFF イメージを読み込む場合は、指定された証拠だけが使用されます。 Byte[]When you use a Load method with a Byte[] parameter and Evidence to load a COFF image, only the supplied evidence is used. 呼び出し元アセンブリの証拠および COFF イメージの証拠は無視されます。Evidence of the calling assembly and evidence of the COFF image is ignored.

実行可能C++ファイルに反映するとBadImageFormatException、がスローされる場合があります。Reflecting on C++ executable files might throw a BadImageFormatException. これは、ほとんどの場合、 C++コンパイラが再配置アドレスまたは.relocセクションを実行可能ファイルから除去することが原因です。This is most likely caused by the C++ compiler stripping the relocation addresses or the .reloc section from your executable file. 実行可能ファイル.relocのアドレスを保持するには/fixed:no 、リンクするときにを指定します。 C++To preserve the .reloc address for your C++ executable file, specify /fixed:no when you are linking.

.NET Framework バージョン2.0 では、プロセッサアーキテクチャがアセンブリ id に追加され、アセンブリ名文字列の一部として指定できるようになりました。In the .NET Framework version 2.0, processor architecture is added to assembly identity, and can be specified as part of assembly name strings. たとえば、"ProcessorArchitecture = msil" のようになります。For example, "ProcessorArchitecture=msil". ただし、アセンブリ名を指定する場合は、 AssemblyNameオブジェクトを作成し、 Loadメソッドの適切なオーバーロードに渡すことをお勧めします。However, the recommended way to specify an assembly name is to create an AssemblyName object and pass it to an appropriate overload of the Load method. 以下を参照してください。AssemblyName.ProcessorArchitectureSee AssemblyName.ProcessorArchitecture.

セキュリティ

SecurityPermission
証拠を使用してアセンブリを読み込む場合は。to load an assembly with evidence. 関連付けられた列挙型:ControlEvidenceAssociated enumeration: ControlEvidence

こちらもご覧ください

Load(AssemblyName) Load(AssemblyName) Load(AssemblyName) Load(AssemblyName)

AssemblyName を指定してアセンブリを読み込みます。Loads an assembly given its AssemblyName.

public:
 static System::Reflection::Assembly ^ Load(System::Reflection::AssemblyName ^ assemblyRef);
public static System.Reflection.Assembly Load (System.Reflection.AssemblyName assemblyRef);
static member Load : System.Reflection.AssemblyName -> System.Reflection.Assembly
Public Shared Function Load (assemblyRef As AssemblyName) As Assembly

パラメーター

assemblyRef
AssemblyName AssemblyName AssemblyName AssemblyName

読み込むアセンブリを記述するオブジェクト。The object that describes the assembly to be loaded.

戻り値

読み込まれるアセンブリ。The loaded assembly.

例外

assemblyRef が見つかりません。assemblyRef is not found.

Windows ストア アプリ用 .NET またはポータブル クラス ライブラリでは、基本クラスの例外である IOException を代わりにキャッチします。In the .NET for Windows Store apps or the Portable Class Library, catch the base class exception, IOException, instead.

検出されたファイルを読み込めませんでした。A file that was found could not be loaded.

または-or-

assemblyRef でリモート アセンブリが指定されていますが、リモート アセンブリ内でコードを実行する機能が無効になっています。assemblyRef specifies a remote assembly, but the ability to execute code in remote assemblies is disabled. <loadFromRemoteSources> を参照してください。See <loadFromRemoteSources>.

assemblyRef は正しいアセンブリではありません。assemblyRef is not a valid assembly. - または --or- 共通言語ランタイムのバージョン 2.0 以降が現在読み込まれています。assemblyRef は、より新しいバージョンでコンパイルされています。Version 2.0 or later of the common language runtime is currently loaded and assemblyRef was compiled with a later version.

次の例ではAssemblyName 、オブジェクトをインスタンス化し、 sysglobal.dllそれを使用してアセンブリを読み込みます。The following example instantiates an AssemblyName object and uses it to load the sysglobal.dll assembly. この例では、アセンブリのパブリック型の完全な名前が表示されます。The example then displays the full name of the assembly's public types.

using System;
using System.Reflection;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      String fullName = "sysglobl, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, " +
                        "PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a, processor architecture=MSIL";
      var an = new AssemblyName(fullName);
      var assem = Assembly.Load(an);
      Console.WriteLine("Public types in assembly {0}:", assem.FullName);
      foreach (var t in assem.GetTypes())
         if (t.IsPublic)
            Console.WriteLine("   {0}", t.FullName);
   }
}
// The example displays the following output:
//   Public types in assembly sysglobl, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a:
//      System.Globalization.CultureAndRegionInfoBuilder
//      System.Globalization.CultureAndRegionModifiers
Imports System.Reflection

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim fullName As String = "sysglobl, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, " +
                               "PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a, processor architecture=MSIL"
      Dim an As New AssemblyName(fullName)
      Dim assem As Assembly = Assembly.Load(an)
      Console.WriteLine("Public types in assembly {0}:", assem.FullName)
      For Each t As Type in assem.GetTypes()
         If t.IsPublic Then Console.WriteLine("   {0}", t.FullName)
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'   Public types in assembly sysglobl, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a:
'      System.Globalization.CultureAndRegionInfoBuilder
'      System.Globalization.CultureAndRegionModifiers

注釈

FileLoadExceptionが完全なassemblyRefアセンブリ名を指定し、簡易名と一致する最初のアセンブリのバージョン、カルチャ、または公開キートークンが異なる場合、がスローされます。FileLoadException is thrown if assemblyRef specifies the full assembly name and the first assembly that matches the simple name has a different version, culture, or public key token. ローダーは、簡易名と一致する他のアセンブリのプローブを続行しません。The loader does not continue probing for other assemblies that match the simple name. .NET Framework 4 以降では、リモートアセンブリでのコードの実行が既定で無効にFileLoadExceptionなっているためassemblyRef 、がリモートアセンブリを指定すると、もスローされます。Starting with .NET Framework 4, because execution of code in remote assemblies is disabled by default, a FileLoadException is also thrown if assemblyRef specifies a remote assembly. リモートの場所から読み込まれたコードの実行を有効にする<loadFromRemoteSources>には、構成要素を使用します。To enable execution of code loaded from remote locations, you can use the <loadFromRemoteSources> configuration element.

注意

プロパティCodeBaseセットのみAssemblyNameを含むを使用しないでください。Do not use an AssemblyName with only the CodeBase property set. プロパティはアセンブリ id の要素 (name や version など) を提供しないため、メソッドのLoad場合と同様に、id の読み込み規則に従って読み込みが行われることはありません。 CodeBaseThe CodeBase property does not supply any elements of the assembly identity (such as name or version), so loading does not occur according to load-by-identity rules, as you would expect from the Load method. 代わりに、読み込み規則を使用してアセンブリが読み込まれます。Instead, the assembly is loaded using load-from rules. 読み込み元コンテキストを使用する場合の欠点については、「 Assembly.LoadFromメソッドのオーバーロード」または「アセンブリの読み込みのベストプラクティス」を参照してください。For information about the disadvantages of using the load-from context, see the Assembly.LoadFrom method overload or Best Practices for Assembly Loading.

アセンブリに対して特定のアクセス許可を付与するかどうかは、証拠に基づいて決定されます。Whether certain permissions are granted or not granted to an assembly is based on evidence. アセンブリおよびセキュリティの証拠のマージ規則は次のとおりです。The rules for assembly and security evidence merging are as follows:

  • パラメーターを指定せLoadEvidenceにメソッドを使用すると、アセンブリはローダーが提供する証拠と共に読み込まれます。When you use a Load method with no Evidence parameter, the assembly is loaded with the evidence that the loader supplies.

  • Evidenceパラメーターを指定しLoadてメソッドを使用すると、証拠の断片がマージされます。When you use a Load method with an Evidence parameter, pieces of evidence are merged. メソッドのLoad引数として指定された証拠の部分は、ローダーによって提供される証拠の部分を置き換えます。Pieces of evidence supplied as an argument to the Load method supersede pieces of evidence supplied by the loader.

  • パラメーターと共にLoadメソッドオーバーロードを使用して Common Object File Format (COFF) イメージを読み込むと、呼び出し元のアセンブリから証拠が継承されます。 Byte[]When you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a common object file format (COFF) image, evidence is inherited from the calling assembly. これは、.NET Framework バージョン 1.1 Service Pack 1 (SP1) およびそれ以降のリリースに適用されます。This applies to the .NET Framework version 1.1 Service Pack 1 (SP1) and subsequent releases.

    注意

    .NET Framework バージョン1.0 で、バージョン1.1 が SP1 でない場合、パラメーターをLoad Byte[]指定してメソッドオーバーロードを使用して COFF イメージを読み込むと、証拠が結合されます。In the .NET Framework version 1.0 and in version 1.1 without SP1, when you use a Load method overload with a Byte[] parameter to load a COFF image, evidence is combined. ZoneUrlSiteおよびはHashStrongName呼び出し元のアセンブリから継承され、およびは COFF アセンブリから取得されます。Zone, Url and Site are inherited from the calling assembly, and Hash and StrongName are taken from the COFF assembly.

  • パラメーターを指定しLoad Evidenceてメソッドを使用し、COFF イメージを読み込む場合は、指定された証拠だけが使用されます。 Byte[]When you use a Load method with a Byte[] parameter and Evidence to load a COFF image, only the supplied evidence is used. 呼び出し元アセンブリの証拠および COFF イメージの証拠は無視されます。Evidence of the calling assembly and evidence of the COFF image is ignored.

実行可能C++ファイルに反映するとBadImageFormatException、がスローされる場合があります。Reflecting on C++ executable files might throw a BadImageFormatException. これは、ほとんどの場合、 C++コンパイラが再配置アドレスまたは.relocセクションを実行可能ファイルから除去することが原因です。This is most likely caused by the C++ compiler stripping the relocation addresses or the .reloc section from your executable file. 実行可能ファイル.relocのアドレスを保持するには/fixed:no 、リンクするときにを指定します。 C++To preserve the .reloc address for your C++ executable file, specify /fixed:no when you are linking.

注意

AssemblyName.NameプロパティAssembly.FullNameとプロパティの両方が設定されている場合、最初にアセンブリを読み込もうとしたときに、プロパティによって返される表示名 (バージョン、カルチャなど) が使用AssemblyName.CodeBaseされます。If both the AssemblyName.Name property and the AssemblyName.CodeBase property are set, the first attempt to load the assembly uses the display name (including version, culture, and so on, as returned by the Assembly.FullName property). ファイルが見つからない場合は、 CodeBaseを使用してアセンブリを検索します。If the file is not found, CodeBase is used to search for the assembly. アセンブリがを使用してCodeBase検出された場合、表示名がアセンブリと照合されます。If the assembly is found using CodeBase, the display name is matched against the assembly. 一致が失敗FileLoadExceptionした場合は、がスローされます。If the match fails, a FileLoadException is thrown.

セキュリティ

FileIOPermission
ファイルまたはディレクトリから読み取るアクセス許可、およびパス自体の情報にアクセスするための。for access to read from a file or directory, and for access to the information in the path itself. 関連付けられReadた列挙型:、PathDiscoveryAssociated enumerations: Read, PathDiscovery

WebPermission
"file://" で始まらない URI を読み取る場合。for reading a URI that does not begin with "file://".

SecurityPermission
証拠を使用してアセンブリを読み込む場合は。to load an assembly with evidence. 関連付けられた列挙型:ControlEvidenceAssociated enumeration: ControlEvidence

こちらもご覧ください

Load(Byte[], Byte[]) Load(Byte[], Byte[]) Load(Byte[], Byte[]) Load(Byte[], Byte[])

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。アセンブリのシンボルを含めることもできます。Loads the assembly with a common object file format (COFF)-based image containing an emitted assembly, optionally including symbols for the assembly. このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。The assembly is loaded into the application domain of the caller.

public:
 static System::Reflection::Assembly ^ Load(cli::array <System::Byte> ^ rawAssembly, cli::array <System::Byte> ^ rawSymbolStore);
public static System.Reflection.Assembly Load (byte[] rawAssembly, byte[] rawSymbolStore);
static member Load : byte[] * byte[] -> System.Reflection.Assembly
Public Shared Function Load (rawAssembly As Byte(), rawSymbolStore As Byte()) As Assembly

パラメーター

rawAssembly
Byte[]

生成されたアセンブリを含む COFF ベースのイメージであるバイト配列。A byte array that is a COFF-based image containing an emitted assembly.

rawSymbolStore
Byte[]

アセンブリのシンボルを表す生バイトを格納するバイト配列。A byte array that contains the raw bytes representing the symbols for the assembly.

戻り値

読み込まれるアセンブリ。The loaded assembly.

例外

rawAssembly は正しいアセンブリではありません。rawAssembly is not a valid assembly.

または-or- 共通言語ランタイムのバージョン 2.0 以降が現在読み込まれています。rawAssembly は、より新しいバージョンでコンパイルされています。Version 2.0 or later of the common language runtime is currently loaded and rawAssembly was compiled with a later version.

注釈

このメソッドを使用して読み込まれるアセンブリの信頼レベルは、呼び出し元アセンブリの信頼レベルと同じです。The trust level of an assembly that is loaded by using this method is the same as the trust level of the calling assembly. アプリケーションドメインの信頼レベルを使用して、バイト配列からアセンブリを読み込むには、 Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource)メソッドオーバーロードを使用します。To load an assembly from a byte array with the trust level of the application domain, use the Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource) method overload. バイト配列を受け取るLoadメソッドのオーバーロードと共に証拠を使用する方法の詳細については、 Load(Byte[], Byte[], Evidence)メソッドのオーバーロードに関する説明を参照してください。For more information about the use of evidence with overloads of the Load method that take byte arrays, see the Load(Byte[], Byte[], Evidence) method overload.

実行可能C++ファイルに反映するとBadImageFormatException、がスローされる場合があります。Reflecting on C++ executable files might throw a BadImageFormatException. これは、ほとんどの場合、 C++コンパイラが再配置アドレスまたは.relocセクションを実行可能ファイルから除去することが原因です。This is most likely caused by the C++ compiler stripping the relocation addresses or the .reloc section from your executable file. 実行可能ファイル.relocのアドレスを保持するには/fixed:no 、リンクするときにを指定します。 C++To preserve the .reloc address for your C++ executable file, specify /fixed:no when you are linking.

このメソッドオーバーロードは、常に独自のAssemblyマッピングで新しいオブジェクトを作成することに注意してください。Note that this method overload always creates a new Assembly object with its own mapping.

適用対象