EventInfo.GetRemoveMethod EventInfo.GetRemoveMethod EventInfo.GetRemoveMethod EventInfo.GetRemoveMethod Method

定義

イベント ソースからイベント ハンドラー デリゲートを削除するために使用するメソッドを返します。Returns the method used to remove an event handler delegate from the event source.

オーバーロード

GetRemoveMethod(Boolean) GetRemoveMethod(Boolean) GetRemoveMethod(Boolean) GetRemoveMethod(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、パブリックでないメソッドを返すかどうかを指定して、イベントのメソッドを削除する MethodInfo オブジェクトを取得します。When overridden in a derived class, retrieves the MethodInfo object for removing a method of the event, specifying whether to return non-public methods.

GetRemoveMethod() GetRemoveMethod() GetRemoveMethod() GetRemoveMethod()

イベント ソースからイベント ハンドラー デリゲートを削除するために使用するメソッドを返します。Returns the method used to remove an event handler delegate from the event source.

GetRemoveMethod(Boolean) GetRemoveMethod(Boolean) GetRemoveMethod(Boolean) GetRemoveMethod(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、パブリックでないメソッドを返すかどうかを指定して、イベントのメソッドを削除する MethodInfo オブジェクトを取得します。When overridden in a derived class, retrieves the MethodInfo object for removing a method of the event, specifying whether to return non-public methods.

public:
 abstract System::Reflection::MethodInfo ^ GetRemoveMethod(bool nonPublic);
public abstract System.Reflection.MethodInfo GetRemoveMethod (bool nonPublic);
abstract member GetRemoveMethod : bool -> System.Reflection.MethodInfo
Public MustOverride Function GetRemoveMethod (nonPublic As Boolean) As MethodInfo

パラメーター

nonPublic
Boolean Boolean Boolean Boolean

パブリックでないメソッドを返すことができる場合は true。それ以外の場合は falsetrue if non-public methods can be returned; otherwise, false.

戻り値

イベント ソースからイベント ハンドラー デリゲートを削除するために使用するメソッドを表す MethodInfo オブジェクト。A MethodInfo object representing the method used to remove an event handler delegate from the event source.

実装

例外

nonPublictrue で、イベント ハンドラー デリゲートの追加に使用したメソッドはパブリックではなく、呼び出し元にはパブリックでないメソッドに対するリフレクションのアクセス許可がありません。nonPublic is true, the method used to add an event handler delegate is non-public, and the caller does not have permission to reflect on non-public methods.

通常、メソッドのシグネチャは次のとおりです。Typically, the method has the following signature:

remove_<EventName>(<EventHandlerType> handler)  

セキュリティ

ReflectionPermission
などの機構をInvokeMember(String, BindingFlags, Binder, Object, Object[], ParameterModifier[], CultureInfo, String[])使用して遅延バインディングが呼び出された場合。when invoked late-bound through mechanisms such as InvokeMember(String, BindingFlags, Binder, Object, Object[], ParameterModifier[], CultureInfo, String[]). MemberAccess (関連する列挙体)Associated enumeration: MemberAccess.

こちらもご覧ください

GetRemoveMethod() GetRemoveMethod() GetRemoveMethod() GetRemoveMethod()

イベント ソースからイベント ハンドラー デリゲートを削除するために使用するメソッドを返します。Returns the method used to remove an event handler delegate from the event source.

public:
 virtual System::Reflection::MethodInfo ^ GetRemoveMethod();
public System.Reflection.MethodInfo GetRemoveMethod ();
abstract member GetRemoveMethod : unit -> System.Reflection.MethodInfo
override this.GetRemoveMethod : unit -> System.Reflection.MethodInfo
Public Function GetRemoveMethod () As MethodInfo

戻り値

イベント ソースからイベント ハンドラー デリゲートを削除するために使用するメソッドを表す MethodInfo オブジェクト。A MethodInfo object representing the method used to remove an event handler delegate from the event source.

実装

通常、メソッドのシグネチャは次のとおりです。Typically, the method has the following signature:

remove_<EventName>(<EventHandlerType> handler)  

セキュリティ

ReflectionPermission
などの機構をInvokeMember(String, BindingFlags, Binder, Object, Object[], ParameterModifier[], CultureInfo, String[])使用して遅延バインディングが呼び出された場合。when invoked late-bound through mechanisms such as InvokeMember(String, BindingFlags, Binder, Object, Object[], ParameterModifier[], CultureInfo, String[]). MemberAccess (関連する列挙体)Associated enumeration: MemberAccess.

こちらもご覧ください

適用対象