ComSourceInterfacesAttribute クラス

定義

警告

この API は現在使われていません。

属性付きクラスの COM イベント ソースとして公開されるインターフェイスのリストを識別します。Identifies a list of interfaces that are exposed as COM event sources for the attributed class.

public ref class ComSourceInterfacesAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, Inherited=true)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Obsolete("ComSourceInterfacesAttribute may be unavailable in future releases.")]
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, Inherited=false)]
public sealed class ComSourceInterfacesAttribute : Attribute
type ComSourceInterfacesAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class ComSourceInterfacesAttribute
Inherits Attribute
継承
ComSourceInterfacesAttribute
属性

次の例は、を適用しComSourceInterfacesAttributeて、名前空間とイベントシンクインターフェイスを渡すことによってイベントシンクインターフェイスをクラスに接続する方法を示しています。The following example shows how to apply the ComSourceInterfacesAttribute to connect the event sink interface to a class by passing the namespace and event sink interface.

using namespace System::Runtime::InteropServices;

[ComSourceInterfacesAttribute("ButtonEventsLib.ButtonEvents, ButtonEventsLib")]
public ref class Baz{};

using System.Runtime.InteropServices;

[ComSourceInterfacesAttribute("ButtonEventsLib.ButtonEvents, ButtonEventsLib")]
public class Baz 
{
   //Insert code here.
}
Imports System.Runtime.InteropServices

<ComSourceInterfacesAttribute("ButtonEventsLib.ButtonEvents, ButtonEventsLib")> _
public Class Baz
    'Insert code here.
End Class

注釈

この属性をクラスに適用できます。You can apply this attribute to classes.

この属性をマネージクラスに適用して、クラスが COM 接続ポイントとして公開するイベントインターフェイスを識別します。You apply this attribute to a managed class to identify the event interfaces that the class exposes as COM connection points. イベントインターフェイスには、クラスのイベントメンバーにマップされるメソッドが含まれています。An event interface contains methods that map to the event members of the class. クラスイベント名とインターフェイスメソッド名は同じである必要があります。The class event name and the interface method name must be the same. この属性は、ソースインターフェイスの型を適切なコンストラクターに渡すことによって、クラスの最大4つのソースインターフェイスに対応できます。このコンストラクターは、1つの型引数と4つの型引数を取ります。This attribute can accommodate up to four source interfaces for a class by passing the type of the source interface to the appropriate constructor, which take between one and four type arguments. 4つ以上のソースインターフェイスを公開する必要があるクラスでは、コンストラクターの文字列バージョンを使用できます。For classes that want to expose more than four source interfaces, the string version of the constructor can be used. COM クライアントへの exposing.NET イベントの詳細については、「方法:COM シンクによって処理されるイベントを発生させます。For additional information about exposing.NET events to COM clients, see How to: Raise Events Handled by a COM Sink.

コンストラクター

ComSourceInterfacesAttribute(String)

イベント ソース インターフェイスの名前を指定して、ComSourceInterfacesAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ComSourceInterfacesAttribute class with the name of the event source interface.

ComSourceInterfacesAttribute(Type)

ソース インターフェイスとして使用する型を指定して、ComSourceInterfacesAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ComSourceInterfacesAttribute class with the type to use as a source interface.

ComSourceInterfacesAttribute(Type, Type)

ソース インターフェイスとして使用する型を指定して、ComSourceInterfacesAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ComSourceInterfacesAttribute class with the types to use as source interfaces.

ComSourceInterfacesAttribute(Type, Type, Type)

ソース インターフェイスとして使用する型を指定して、ComSourceInterfacesAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ComSourceInterfacesAttribute class with the types to use as source interfaces.

ComSourceInterfacesAttribute(Type, Type, Type, Type)

ソース インターフェイスとして使用する型を指定して、ComSourceInterfacesAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ComSourceInterfacesAttribute class with the types to use as source interfaces.

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)
Value

イベント ソース インターフェイスの完全限定名を取得します。Gets the fully qualified name of the event source interface.

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象