ClaimsIdentity.Actor プロパティ

定義

デリゲート権限が付与された呼び出しパーティの ID を取得または設定します。

public:
 property System::Security::Claims::ClaimsIdentity ^ Actor { System::Security::Claims::ClaimsIdentity ^ get(); void set(System::Security::Claims::ClaimsIdentity ^ value); };
public System.Security.Claims.ClaimsIdentity Actor { get; set; }
public System.Security.Claims.ClaimsIdentity? Actor { get; set; }
member this.Actor : System.Security.Claims.ClaimsIdentity with get, set
Public Property Actor As ClaimsIdentity

プロパティ値

ClaimsIdentity

デリゲートする権限を付与された呼び出しパーティ。

例外

プロパティを現在のインスタンスに設定することを試みました。

  • または -

value の結果は this への循環参照になります。

注釈

アプリケーションは、 プロパティを再帰的に調べることで、現在の呼び出しにつながった委任チェーンにアクセス Actor できます。 呼び出しが委任されているトークンには、 プロパティを介してアクセス BootstrapContext できます。

適用対象