PrincipalPermission.Demand メソッド

定義

実行時に、現在のプリンシパルが、現在のアクセス許可で指定されたプリンシパルと一致するかどうかを判別します。Determines at run time whether the current principal matches the principal specified by the current permission.

public:
 virtual void Demand();
public void Demand ();
abstract member Demand : unit -> unit
override this.Demand : unit -> unit
Public Sub Demand ()

実装

例外

現在のプリンシパルは、現在のアクセス許可で指定されたプリンシパルに対するセキュリティ チェックに合格しません。The current principal does not pass the security check for the principal specified by the current permission.

または-or- 現在の IPrincipalnull です。The current IPrincipal is null.

注釈

SecurityException が発生しなかった場合、Demand は成功します。If no SecurityException is raised, Demand succeeds.

このメソッドは、呼び出し元のスレッドにアタッチされているプリンシパルに対して機能します。This method acts against the principal attached to the calling thread.

重要

Demand メソッドを呼び出す前に、現在のアプリケーションドメインのプリンシパルポリシーを WindowsPrincipal列挙値に設定する必要があります。Prior to calling the Demand method, it is necessary to set the current application domain's principal policy to the enumeration value WindowsPrincipal. 既定では、プリンシパルポリシーは UnauthenticatedPrincipalに設定されます。By default the principal policy is set to UnauthenticatedPrincipal. プリンシパルポリシーを WindowsPrincipalに設定しなかった場合、プリンシパルのアクセス許可に対する要求は失敗します。If you do not set the principal policy to WindowsPrincipal, a demand for principal permission will fail. プリンシパルアクセス許可の要求が発生する前に、次のコードを実行する必要があります。The following code should be executed before the demand for principal permission occurs:

AppDomain.CurrentDomain.SetPrincipalPolicy(PrincipalPolicy.WindowsPrincipal).

適用対象