EvidenceBase EvidenceBase EvidenceBase EvidenceBase Class

定義

証拠として使用するすべてのオブジェクトの派生元である基本クラスを提供します。Provides a base class from which all objects to be used as evidence must derive.

public ref class EvidenceBase abstract
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public abstract class EvidenceBase
type EvidenceBase = class
Public MustInherit Class EvidenceBase
継承
EvidenceBaseEvidenceBaseEvidenceBaseEvidenceBase
属性

注釈

より前.NET Framework 4.NET Framework 4では、ホスティングコードが証拠として適用する必要がある場合、ほとんどのオブジェクトを証拠オブジェクトとして使用できます。Before the .NET Framework 4.NET Framework 4, almost any object could be used as an evidence object if the hosting code wanted to apply it as evidence. たとえば、一部の .NET Framework コードでSystem.Uriは、オブジェクトが証拠として認識されています。For example, some .NET Framework code recognized System.Uri objects as evidence. 共通言語ランタイム (CLR) は証拠オブジェクトを参照System.Objectと見なし、タイプセーフを適用しませんでした。The common language runtime (CLR) considered evidence objects as System.Object references, and did not apply any type safety to them.

証拠オブジェクトとして使用できる型には暗黙の制限があるため、問題が発生しました。This presented a problem because there were implicit restrictions on which types could be used as evidence objects. 具体的には、証拠として使用されるすべてのオブジェクトはnullシリアル化可能である必要がありましたが、できませんでした。Specifically, any object used as evidence had to be serializable and could not be null. これらの要件が満たされていない場合、これらの前提条件のいずれかを必要とする操作が実行されたときに、CLR は例外をスローします。If these requirements were not met, the CLR threw an exception whenever an operation that required one of these assumptions was performed.

すべてEvidenceBaseの証拠オブジェクトがから派生する必要があるクラスは、 .NET Framework 4.NET Framework 4で導入されました。証拠として使用できるオブジェクトの型に対する制約を有効にし、すべての証拠に新しい機能と要件を追加する機能を提供します。表す.The EvidenceBase class, which all evidence objects must derive from, was introduced in the .NET Framework 4.NET Framework 4 to enable constraints on the types of objects that can be used as evidence and to provide the ability to add new features and requirements to all evidence objects. クラスEvidenceBaseは、インスタンス化時に証拠オブジェクトがシリアル化可能であることを保証します。The EvidenceBase class ensures, upon instantiation, that the evidence object is serializable. また、新しい既定の実装を基本クラスに追加することによって、新しい証拠要件を作成することもできます。In addition, it enables new evidence requirements to be created by adding new default implementations to the base class.

証拠オブジェクトとして CLR によって使用されるすべての型.NET Framework 4.NET Framework 4は、からEvidenceBase派生するようにで更新されています。All the types used by the CLR as evidence objects have been updated in the .NET Framework 4.NET Framework 4 to derive from EvidenceBase.

コンストラクター

EvidenceBase() EvidenceBase() EvidenceBase() EvidenceBase()

EvidenceBase クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EvidenceBase class.

メソッド

Clone() Clone() Clone() Clone()

現在のインスタンスの完全なコピーである新しいオブジェクトを作成します。Creates a new object that is a complete copy of the current instance.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象