WindowsIdentity.Dispose WindowsIdentity.Dispose WindowsIdentity.Dispose WindowsIdentity.Dispose Method

定義

WindowsIdentity で使用したリソースを解放します。Releases the resources used by the WindowsIdentity.

オーバーロード

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

WindowsIdentity によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the WindowsIdentity.

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

WindowsIdentity によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the WindowsIdentity and optionally releases the managed resources.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

WindowsIdentity によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the WindowsIdentity.

public:
 virtual void Dispose();
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public void Dispose ();
abstract member Dispose : unit -> unit
override this.Dispose : unit -> unit
Public Sub Dispose ()

実装

注釈

Dispose を使い終わったら WindowsIdentity を呼び出します。Call Dispose when you are finished using the WindowsIdentity. Disposeメソッドによって、WindowsIdentity は使用不可の状態になります。The Dispose method leaves the WindowsIdentity in an unusable state. Dispose呼び出し後は、WindowsIdentityによって占有されていたメモリをガベージ コレクターがクリアできるよう、WindowsIdentity へのすべての参照を解放する必要があります。After calling Dispose, you must release all references to the WindowsIdentity so the garbage collector can reclaim the memory that the WindowsIdentity was occupying. 詳細については、アンマネージ リソースのクリーンアップおよびDispose メソッドの実装を参照してください。For more information, see Cleaning Up Unmanaged Resources and Implementing a Dispose Method.

注意

WindowsIdentityへの最後の参照を解放する前に、必ずDisposeを呼び出してください。Always call Dispose before you release your last reference to the WindowsIdentity. そうしないと、ガベージ コレクターが WindowsIdentity オブジェクトの Finalize メソッドを呼び出すまで、使用されているリソースは解放されません。Otherwise, the resources it is using will not be freed until the garbage collector calls the WindowsIdentity object's Finalize method.

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

WindowsIdentity によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the WindowsIdentity and optionally releases the managed resources.

protected:
 virtual void Dispose(bool disposing);
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
protected virtual void Dispose (bool disposing);
abstract member Dispose : bool -> unit
override this.Dispose : bool -> unit
Protected Overridable Sub Dispose (disposing As Boolean)

パラメーター

disposing
Boolean Boolean Boolean Boolean

マネージド リソースとアンマネージド リソースの両方を解放する場合は true。アンマネージド リソースだけを解放する場合は falsetrue to release both managed and unmanaged resources; false to release only unmanaged resources.

注釈

このメソッドは、パブリックDispose()メソッドFinalizeとメソッドによって呼び出されます。This method is called by the public Dispose() method and the Finalize method. Dispose()``disposingパラメーターをにDispose(Boolean) 設定して、保護されたメソッドtrueを呼び出します。Dispose() invokes the protected Dispose(Boolean) method with the disposing parameter set to true. Finalizeをにdisposing Dispose 設定してを呼び出しますfalseFinalize invokes Dispose with disposing set to false.

disposing パラメーターが true の場合、このメソッドは、この WindowsIdentity が参照しているすべてのマネージド オブジェクトによって保持されているリソースをすべて解放します。When the disposing parameter is true, this method releases all resources held by any managed objects that this WindowsIdentity references. このメソッドは、参照される各オブジェクトの Dispose() メソッドを呼び出します。This method invokes the Dispose() method of each referenced object.

注意 (継承者)

Dispose は、他のオブジェクトから複数回呼び出すことができます。 Dispose can be called multiple times by other objects. をオーバーライドDispose(Boolean)する場合は、以前にをDispose呼び出したときに破棄されたオブジェクトを参照しないように注意してください。When overriding Dispose(Boolean) be careful not to reference objects that have been previously disposed of in an earlier call to Dispose. を実装Dispose(Boolean)する方法の詳細については、「 Dispose メソッドの実装」を参照してください。For more information about how to implement Dispose(Boolean), see Implementing a Dispose Method.

Dispose およびFinalize()の詳細については、「アンマネージリソースのクリーンアップ」を参照してください。For more information about Dispose and Finalize(), see Cleaning Up Unmanaged Resources.

適用対象