MessageVersion クラス

定義

メッセージとその交換に関連付けられている SOAP と WS アドレス指定のバージョンを指定します。Specifies the versions of SOAP and WS-Addressing associated with a message and its exchange.

public ref class MessageVersion sealed
public sealed class MessageVersion
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ServiceModel.Configuration.MessageVersionConverter))]
public sealed class MessageVersion
type MessageVersion = class
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ServiceModel.Configuration.MessageVersionConverter))>]
type MessageVersion = class
Public NotInheritable Class MessageVersion
継承
MessageVersion
属性

注釈

MessageVersion には、SOAP エンベロープと、メッセージが使用するアドレス指定プロトコルの両方に関する、バージョン管理情報が格納されます。The MessageVersion contains the versioning information both about the SOAP envelope and the addressing protocol that is used by a message. Message のインスタンスは、MessageVersion のいずれかのオーバーロードに対するパラメーターとしてバージョンを渡すことで、作成時に特定の CreateMessage に対してバインドします。An instance of Message is bound upon creation to a specific MessageVersion by passing the version as a parameter into one of the CreateMessage overloads.

や など、このクラスのすべての静的な"get" プロパティには、列挙に似たセマンティクスがあります。All the static "get" properties in this class, such as Soap11WSAddressing10 and Soap12 have enumeration-like semantics. これらは、Windows Communication Foundation (WCF) ランタイムによってサポートされる可能性のあるメッセージバージョンの列挙を提供します。They provide an enumeration of the possible message versions supported by the Windows Communication Foundation (WCF) runtime. 1 つのメッセージには、エンベロープ構造の部分とアドレス指定構造の部分があります。A message has an envelope structure and an addressing structure. MessageVersion は、{EnvelopeVersionAddressingVersion} をまとめて提供するためのショートカットです。MessageVersion is just a shortcut for supplying {EnvelopeVersion, AddressingVersion} together.

現在、SOAP エンベロープには、SOAP 1.1 と SOAP 1.2 の 2 つのバージョンがあります。There are currently two SOAP envelope versions available: SOAP 1.1 and SOAP 1.2. SOAP のこれらのバージョンは EnvelopeVersion で表され、Soap11 プロパティおよび Soap12 プロパティから返されます。These versions of SOAP are represented by EnvelopeVersion and are returned by the Soap11 and Soap12 properties. MessageVersion に関連付けられている SOAP のバージョンは、Envelope プロパティを使用して回復できます。The version of SOAP associated with the MessageVersion can be recovered by using the Envelope property. 詳細については、「 soap 1.1 および soap 1.2のスキーマ」を参照してください。For more information, see the schema for SOAP 1.1 and SOAP 1.2.

現在、2 つのバージョンの WS-Addressing を利用できます。There are currently two versions of WS-Addressing available. 1 つは 2004 年 8 月 10 日に提出されたもので、もう 1 つは WS-Addressing 1.0 プロトコルで指定されているものです。The one submitted on 10 August 2004 and the one specified in the WS-Addressing 1.0 protocol. 現在のメッセージ バージョンで使用されているアドレス バージョンは、Addressing プロパティを使用して回復できます。The address version used by the current message version can be recovered using the Addressing property. これらのバージョンの WS-Addressing は、AddressingVersion によって表され、WSAddressingAugust2004 プロパティと WSAddressing10 プロパティで返されます。These versions of WS-Addressing are represented by AddressingVersion and are returned by the WSAddressingAugust2004 and WSAddressing10 properties. 2004 年 8 月版の WS-Addressing は、レガシ値として保持されています。The WS-Addressing August 2004 is retained as a legacy value. WS-ADDRESSING の2004年8月10日の W3C メンバー送信は、 Web サービスのアドレス指定 (ws-addressing)で入手できます。The 10 August 2004 W3C Member Submission for WS-Addressing is available at Web Services Addressing (WS-Addressing). WS-ADDRESSING 1.0-Core の2005年8月17日の勧告候補として、 Web サービスアドレス1.0 コアに関する推奨事項が提供されています。The 17 August 2005 W3C Candidate Recommendation for WS-Addressing 1.0 - Core is available at Web Services Addressing 1.0 - Core.

None "plain old XML" (POX) スタイルのメッセージングを使用するためのサポートを提供します。None provides support for using "plain old XML" (POX)-style messaging. 基本的な POX メッセージングを有効にするには、サービスの HTTP バインドに、None を使用するテキスト エンコーダーを設定します。Enabling basic POX messaging is now a matter of setting up an HTTP binding on your service with a text encoder that uses None.

メッセージ バージョン オブジェクトは、いずれかの CreateVersion オーバーロードを使用し、WS-Addressing と SOAP のバージョンを指定して作成できます。Message version objects can be created using specified versions of WS-Addressing and SOAP using one of the CreateVersion overloads.

プロパティ

Addressing

現在のメッセージ バージョンに関連付けられている WS-Addressing のバージョンを取得または設定します。Gets or sets the version of WS-Addressing that is associated with the current message version.

Default

Windows Communication Foundation (WCF) によって使用される既定のメッセージ バージョンを取得します。Gets the default message version used by Windows Communication Foundation (WCF).

Envelope

現在のメッセージ バージョンに関連付けられている SOAP バージョンを取得します。Gets the SOAP version associated with the current message version.

None

SOAP または WS-Addressing を使用しないメッセージ バージョンを取得します。Gets the message version that does not use SOAP or WS-Addressing.

Soap11

SOAP 1.1 を使用するメッセージ バージョンを取得します。Gets the message version using SOAP 1.1.

Soap11WSAddressing10

WS-Addressing 1.0 および SOAP 1.1 を使用するメッセージ バージョンを取得します。Gets the message version using WS-Addressing 1.0 and SOAP 1.1.

Soap11WSAddressingAugust2004

2004 年 8 月 10 日提出の WS-Addressing と SOAP 1.1 を使用して、メッセージ バージョンを取得します。Gets the message version by using WS-Addressing submitted 10 August 2004 and SOAP 1.1.

Soap12

SOAP 1.2 を使用するメッセージ バージョンを取得します。Gets the message version using SOAP 1.2.

Soap12WSAddressing10

WS-Addressing 1.0 および SOAP 1.2 を使用するメッセージ バージョンを取得します。Gets the message version using WS-Addressing 1.0 and SOAP 1.2.

Soap12WSAddressingAugust2004

2004 年 8 月 10 日提出の WS-Addressing と SOAP 1.2 を使用するメッセージ バージョンを取得します。Gets the message version using WS-Addressing submitted August 2004 and SOAP 1.2.

メソッド

CreateVersion(EnvelopeVersion)

WS-Addressing 1.0 と指定した SOAP バージョンを使用して、メッセージ バージョン オブジェクトを作成します。Creates a message version object by using WS-Addressing 1.0 and with a specified SOAP version.

CreateVersion(EnvelopeVersion, AddressingVersion)

指定したバージョンの SOAP と WS-Addressing を使用して、メッセージ バージョン オブジェクトを作成します。Creates a message version object with specified SOAP and WS-Addressing versions.

Equals(Object)

現在のメッセージ バージョンが、指定したオブジェクトと等しいかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether the current message version is equal to a specified object.

GetHashCode()

現在のメッセージ バージョンに対するハッシュ コードを取得します。Gets a hash code for the current message version.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のメッセージ バージョンの文字列形式を返します。Returns the string representation of the current message version.

適用対象