CallbackDebugBehavior.IncludeExceptionDetailInFaults CallbackDebugBehavior.IncludeExceptionDetailInFaults CallbackDebugBehavior.IncludeExceptionDetailInFaults CallbackDebugBehavior.IncludeExceptionDetailInFaults Property

定義

クライアント コールバック オブジェクトが SOAP エラー内のマネージド例外情報をサービスに返すかどうかを制御する値を取得または設定します。Gets or sets a value that controls whether client callback objects return managed exception information in SOAP faults back to the service.

public:
 property bool IncludeExceptionDetailInFaults { bool get(); void set(bool value); };
public bool IncludeExceptionDetailInFaults { get; set; }
member this.IncludeExceptionDetailInFaults : bool with get, set
Public Property IncludeExceptionDetailInFaults As Boolean

プロパティ値

true WCF は管理対象を返す場合、SOAP クライアント コールバック例外情報をサービス デバッグの双方向通信のための障害します。それ以外の場合、falseします。true if WCF returns managed client callback exception information in the SOAP faults for service debugging purposes in duplex communication; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

次のコード例は、クライアントをクライアントからのマネージ例外情報をコールバック オブジェクト返す SOAP メッセージでの WCF に指示する構成ファイルを示します。The following code example shows a client configuration file that instructs WCF to return managed exception information from a client callback object in SOAP messages.

  <client>
      <endpoint 
        address="http://localhost:8080/DuplexHello" 
        binding="wsDualHttpBinding"
        bindingConfiguration="WSDualHttpBinding_SampleDuplexHello"
        contract="SampleDuplexHello" 
        name="WSDualHttpBinding_SampleDuplexHello"
        behaviorConfiguration="enableCallbackDebug">
      </endpoint>
  </client>
<behaviors>
  <endpointBehaviors>
    <behavior name="enableCallbackDebug">
      <callbackDebug includeExceptionDetailInFaults="true"/>
    </behavior>
  </endpointBehaviors>
</behaviors>

注釈

アプリケーション構成ファイルまたはプログラムから、IncludeExceptionDetailInFaults プロパティを true に設定して、デバッグするために、クライアント コールバック オブジェクト内のマネージド例外情報がサービスに戻るフローを有効にします。Set the IncludeExceptionDetailInFaults property to true from an application configuration file or programmatically to enable the flow of managed exception information in a client callback object back to the service for debugging purposes.

注意事項

マネージド例外情報をサービスに戻すことは、セキュリティ リスクになり得ます。これは、例外の詳細が、非承認のサービスで使用可能な内部クライアントの実装についての情報を公開するからです。Returning managed exception information to services can be a security risk because exception details expose information about the internal client implementation that could be used by unauthorized services. さらに、CallbackDebugBehavior プロパティをプログラムで設定することはできますが、配置するときに IncludeExceptionDetailInFaults を無効にすることを忘れがちになります。In addition, although the CallbackDebugBehavior properties can also be set programmatically, it can be easy to forget to disable IncludeExceptionDetailInFaults when deploying.

セキュリティの問題にかかわるので、以下を強くお勧めします。Because of the security issues involved, it is strongly recommended that:

  • IncludeExceptionDetailInFaults プロパティの値を true に設定するには、アプリケーション構成ファイルを使用します。You use an application configuration file to set the value of the IncludeExceptionDetailInFaults property to true.

  • これは、制御されたデバッグ シナリオの場合に限って行います。You only do so only in controlled debugging scenarios.

マネージ例外情報に関連するセキュリティの問題に関する詳細については、次を参照してください。を指定すると処理のエラー コントラクトおよびサービスのします。For more information about the security issues related to managed exception information, see Specifying and Handling Faults in Contracts and Services.

構成ファイルを使用して CallbackDebugBehavior の機能を有効または無効にするにはTo enable or disable a feature of CallbackDebugBehavior using a configuration file

  1. 追加、behaviorConfiguration属性を<エンドポイント > WCF クライアント アプリケーションの要素。Add a behaviorConfiguration attribute to the client <endpoint> element for your WCF client application. CallbackDebugBehavior 動作はエンドポイントの動作です。The CallbackDebugBehavior behavior is an endpoint behavior. エンドポイントの動作が構成されている<endpoint>要素、サービスの動作が構成されている<サービス>要素。Endpoint behaviors are configured on <endpoint> elements; service behaviors are configured on <service> elements.

  2. 追加または作成、 <endpointBehaviors> セクションし、追加、 <動作> に一致する名前の要素にbehaviorConfiguration手順 1 から属性の値。Add to or create an <endpointBehaviors> section and add a <behavior> element to that with the name that matches the behaviorConfiguration attribute value from step 1. クライアントで使用するエンドポイント ビヘイビアーが追加された<エンドポイント >要素を使用して、 <endpointBehaviors> 要素。Endpoint behaviors are added for use in a client <endpoint> element using an <endpointBehaviors> element.

  3. 追加、 <callbackDebug> 要素を<動作>手順 2 から要素と有効または無効にする適切なさまざまなプロパティシナリオ。Add a <callbackDebug> element to the <behavior> element from step 2 and enable or disable the various properties appropriate to your scenario.

個々の例については、「使用例」のセクションを参照してください。For a specific example, see the Example section. 使用して、この属性の値を設定することも、 <callbackDebug> クライアント アプリケーションの構成ファイル内の要素。You can also set the values of this attribute by using the <callbackDebug> element in a client application configuration file.

適用対象