MsmqBindingBase.TimeToLive プロパティ

定義

このバインドで処理されるメッセージの期限が切れるまで、キュー内で保持する期間を取得または設定します。Gets or sets the interval of time that indicates how long the messages processed by this binding can be in the queue before they expire.

public:
 property TimeSpan TimeToLive { TimeSpan get(); void set(TimeSpan value); };
public TimeSpan TimeToLive { get; set; }
member this.TimeToLive : TimeSpan with get, set
Public Property TimeToLive As TimeSpan

プロパティ値

メッセージの期限が切れるまでのキュー内での保持期間を指定する TimeSpanThe TimeSpan that indicates how long the messages can be in the queue before they expire. 既定値は 1 日です。The default value is 1 day.

注釈

TimeToLive プロパティは、時間が重要なメッセージが、受信アプリケーションで処理される前に期限切れにならないように設定します。The TimeToLive property is set to ensure that time-sensitive messages do not become stale before they are processed by the receiving applications. キュー内のメッセージのうち、指定された期間内に受信アプリケーションでアクセスされなかったメッセージは、期限切れになります。A message in a queue that is not accessed by the receiving application within the time interval specified is expired. 期限切れのメッセージは、配信不能キューと呼ばれる特別なキューに送信されます。Expired messages are sent to a special queue called the dead-letter queue. 配信不能キューの場所は、DeadLetterQueue プロパティで設定されるか、保証に基づく適切な既定値となります。The location of the dead-letter queue is set with the DeadLetterQueue property or to the appropriate default, based on assurances.

適用対象