System.ServiceModel 名前空間

サービスのモデルと関連するクラスを提供します。

クラス

ActionNotSupportedException

通常、この例外は、呼び出された操作に関連するアクションがサーバー内の操作のいずれのアクションとも一致しない場合に、クライアント上でスローされます。

AddressAccessDeniedException

アドレスへのアクセスが拒否された場合にスローされる例外です。

AddressAlreadyInUseException

既に使用されているという理由でアドレスを使用できない場合にスローされる例外です。

BasicHttpBinding

ASMX ベースの Web サービスやクライアント、および WS-I Basic Profile 1.1 に準拠するその他のサービスとの通信が可能なエンドポイントを構成および公開するために、Windows Communication Foundation (WCF) サービスが使用できるバインドを表します。

BasicHttpContextBinding

BasicHttpBinding バインドのコンテキスト対応バインドを提供します。

BasicHttpMessageSecurity

BasicHttpBinding のメッセージ レベルのセキュリティ設定を構成します。

BasicHttpsBinding

基本的な https バインディング設定を指定します。

BasicHttpSecurity

basicHttpBinding バインディングのセキュリティ設定を構成します。

BasicHttpsSecurity

基本的な https のセキュリティ設定を指定します。

CallbackBehaviorAttribute

クライアント アプリケーションでのコールバック サービス実装を構成します。

ChannelFactory

クライアントがサービス エンドポイントにメッセージを送信するために使用するチャネルの作成と管理を行います。

ChannelFactory<TChannel>

さまざまに構成されたサービス エンドポイントにメッセージを送信するためにクライアントが使用する、異なる種類のチャネルを作成するファクトリ。

ChannelTerminatedException

通常、この例外は、関連付けられた接続をサーバーが閉じたためにチャネルが終了した場合にクライアント上でスローされます。

ClientBase<TChannel>.ChannelBase<T>

ChannelBase ジェネリック クラスを表します。

ClientBase<TChannel>.InvokeAsyncCompletedEventArgs

クライアントによる非同期呼び出しの結果を格納します。

ClientBase<TChannel>

サービスを呼び出すことができる Windows Communication Foundation (WCF) クライアント オブジェクトを作成するために使用する基本実装を用意します。

ClientCredentialsSecurityTokenManager

クライアント用のセキュリティ トークンを管理します。

CommunicationException

サービスまたはクライアント アプリケーションでの通信エラーを表します。

CommunicationObjectAbortedException

ICommunicationObject オブジェクトの呼び出しが中止されたときにスローされる例外です。

CommunicationObjectFaultedException

エラーが発生している通信オブジェクトに対して呼び出しが行われたときにスローされる例外です。

CorrelationActionMessageFilter

単一のアクションに対してフィルター処理を行う MessageFilter の XAML フレンドリな実装を提供します。

CorrelationQuery

メッセージが正しいインスタンスにルーティングされるように、メッセージ固有の特性を識別する Where 句と Select 句を表します。

DataContractFormatAttribute

DataContractSerializer を使用するように Windows Communication Foundation (WCF) インフラストラクチャに指示します。

DeliveryRequirementsAttribute

バインディングがサービスまたはクライアントの実装に対して提供する必要がある機能要件を指定します。

DnsEndpointIdentity

サーバーの DNS ID を指定します。

DuplexChannelFactory<TChannel>

クライアントがサービス エンドポイントとの間でメッセージを送受信するために使用する、さまざまな種類の双方向チャネルを作成したり、管理したりする手段を提供します。

DuplexClientBase<TChannel>

双方向サービスへのチャネルを作成し、そのチャネルをコールバック オブジェクトに関連付けるために使用されます。

Endpoint

XAML で宣言されたエンドポイントを表します。

EndpointAddress

サービス エンドポイントとの通信にクライアントが使用する一意のネットワーク アドレスを提供します。

EndpointAddress10

WS-Addressing V1 に準拠し、サービス コントラクトの一部として公開可能なエンドポイント アドレスのシリアル化可能な型を用意します。

EndpointAddressAugust2004

2004 年 8 月に発行されたバージョンの WS-Addressing に準拠し、サービス コントラクトの一部として公開可能なエンドポイント アドレスのシリアル化可能な型を用意します。

EndpointAddressBuilder

指定したプロパティ値を使用して、新しい (不変の) エンドポイント アドレスを生成するためのファクトリです。

EndpointIdentity

実装された場合、エンドポイントとメッセージを交換するクライアントによるエンドポイントの認証を可能にする ID を提供する抽象クラス。

EndpointIdentityExtension

EndpointIdentity クラスのマークアップ拡張。

EndpointNotFoundException

リモート エンドポイントが見つからない、または到達できないときにスローされる例外です。

EnvelopeVersion

メッセージとその交換に関連付けられている SOAP のバージョンに関連する情報を格納します。

ExceptionDetail

エラーの詳細情報を表します。

ExceptionMapper

例外をエラーに変換するために使用されるマッピングを定義します。

ExtensionCollection<T>

拡張のコレクションを表します。

FaultCode

SOAP エラー コードを表します。

FaultContractAttribute

サービス操作で処理エラーが発生したときに返される 1 つ以上の SOAP エラーを指定します。

FaultException

SOAP エラーを表します。

FaultException<TDetail>

コントラクトで指定された SOAP エラーをキャッチするためにクライアント アプリケーションで使用されます。

FaultImportOptions

エラーの読み書きに XmlSerializer を使用するかどうかを指定します。

FaultReason

SOAP エラーの説明文を用意します。

FaultReasonText

SOAP エラーの理由のテキストを表します。

FederatedMessageSecurityOverHttp

WSFederationHttpBinding バインディングのメッセージ レベルのセキュリティ設定を構成します。

HttpBindingBase

基本 HTTP バインディングを指定します。

HttpTransportSecurity

WSHttpBinding のトランスポート レベルのセキュリティ設定を表します。

InstanceContext

サービス インスタンスに関するコンテキスト情報を表します。

InvalidMessageContractException

無効なメッセージ コントラクトを表します。

MessageBodyMemberAttribute

メンバーが SOAP 本文の中の要素としてシリアル化されることを指定します。

MessageContractAttribute

SOAP メッセージに対応する厳密に型指定されたクラスを定義します。

MessageContractMemberAttribute

MessageBodyMemberAttributeMessageHeaderAttribute の基本メンバーを宣言します。

MessageHeader<T>

SOAP ヘッダーの内容を表します。

MessageHeaderArrayAttribute

SOAP メッセージの既定のラッパー要素を、ヘッダー要素内の配列型の周囲に書き込んではならないことを指定します。

MessageHeaderAttribute

データ メンバーが SOAP メッセージ ヘッダーであることを指定します。

MessageHeaderException

SOAP メッセージを処理するときに、メッセージ ヘッダーに関する想定が満たされないときにスローされる例外です。

MessageParameterAttribute

要求の名前と応答パラメーターの名前を制御します。 Message またはメッセージ コントラクトと共に使用することはできません。

MessagePropertyAttribute

カスタムのメッセージの種類を使用してローカルに渡されるが、SOAP メッセージ内にシリアル化されないデータを表します。

MessageQuerySet

MessageQuery オブジェクトのセット、および関連付けられた文字列パラメーター。 これらの InstanceKey オブジェクトおよび関連付けられた文字列の結果から、相関関係ハッシュ (MessageQuery) が計算されます。

MessageSecurityOverHttp

wsDualHttpBinding バインドのメッセージ レベルのセキュリティのプロパティを設定できます。

MessageSecurityOverMsmq

NetMsmqBinding バインドのメッセージレベル セキュリティのプロパティを設定できます。

MessageSecurityOverTcp

TCP トランスポートを使用して送信されるメッセージのメッセージ レベルのセキュリティを構成します。

MessageSecurityVersion

さまざまな静的プロパティを使用して実装するときに、セキュリティ コンポーネントのバージョン情報を格納する抽象コンテナー クラスです。

MsmqBindingBase

NetMsmqBinding および MsmqIntegrationBinding の基本クラスです。

MsmqException

メッセージ キュー (MSMQ) によって返されたエラーをカプセル化します。 この例外は、メッセージ キュー トランスポートまたはメッセージ キュー統合チャネルによってスローされます。

MsmqPoisonMessageException

メッセージが有害メッセージであることをチャネルが検出したときにスローされる例外をカプセル化します。

MsmqTransportSecurity

MsmqTransportSecurity クラスは、キューに置かれているトランスポートのセキュリティ設定をカプセル化します。

NamedPipeTransportSecurity

名前付きパイプの保護レベルを制御するプロパティを提供します。

NetHttpBinding

NetHttpBinding の設定を指定します。

NetHttpsBinding

NetHttpsBinding の設定を指定します。

NetMsmqBinding

コンピューター間通信に適している、キューに置かれたバインドを表します。

NetMsmqSecurity

NetMsmqSecurity クラスは、NetMsmqBinding バインドを使用するときに利用できる MSMQ セキュリティ機能をカプセル化します。

NetNamedPipeBinding

コンピューター間通信のために最適化された、セキュリティで保護された信頼できるバインドを提供します。

NetNamedPipeSecurity

名前付きパイプ バインドを使用して構成されたエンドポイントのセキュリティ設定へのアクセスを提供します。

NetPeerTcpBinding

ピア ツー ピア ネットワーク アプリケーション用のセキュリティで保護されたバインドを用意します。

NetTcpBinding

複数コンピューターの通信に適した、セキュリティで保護された信頼できるバインドです。

NetTcpContextBinding

NetTcpContextBinding バインドのコンテキスト対応バインドを提供します。

NetTcpSecurity

NetTcpBinding を使用して構成されたエンドポイントで使用される、トランスポート レベルとメッセージ レベルのセキュリティの種類を指定します。

NonDualMessageSecurityOverHttp

wsHttpBinding バインドのセキュリティ設定を表します。

OperationBehaviorAttribute

サービス メソッドのローカル実行動作を指定します。

OperationContext

サービス メソッドの実行コンテキストへのアクセスを提供します。

OperationContextScope

スコープに OperationContext オブジェクトが含まれるブロックを作成します。

OperationContractAttribute

メソッドが、Windows Communication Foundation (WCF) アプリケーションのサービス コントラクトの一部である操作を定義することを示します。

OptionalReliableSession

信頼できるセッションがオプションである定義済みのバインドを使用するときに、信頼できるセッションを有効にする便利な方法を提供します。

PeerHopCountAttribute

SOAP メッセージ ヘッダー ブロックのピア ホップ カウント メンバーを指定します。

PeerMessagePropagationFilter

ピア チャネル メッセージ フィルターの基本クラスを定義します。

PeerNode

特定のピア メッシュに参加するアプリケーションによって使用されるピア ノードのインスタンスを定義します。

PeerNodeAddress

ピア ノードの EndpointAddress と、オプションのマルチホーム IP アドレスのコレクションを格納する型を指定します。

PeerResolver

ピア メッシュ ID の登録と、メッシュに参加しているノードからエンドポイント アドレスへのピア メッシュ ID の解決を行うコントラクトを定義するために使用される基本型を指定します。

PeerSecuritySettings

ピア チャネルに関連付けられたセキュリティ設定を格納します。使用される認証の種類とメッセージ トランスポートで使用されるセキュリティを含みます。

PeerTransportSecuritySettings

ピア チャネル トランスポートのセキュリティ設定を格納します。

PoisonMessageException

メッセージが有害と見なされた場合にスローされる例外です。 メッセージの配信が繰り返し失敗した場合、そのメッセージは有害メッセージになります。

ProtocolException

クライアントに示される例外で、データ転送プロトコルが一致しないのでリモート側と通信できない場合にスローされる例外です。

QuotaExceededException

メッセージ クォータを超過した場合にスローされる例外です。

ReceiveContextEnabledAttribute

この属性は、受信コンテキストの動作を有効にするためにサービス操作に適用できます。

ReliableMessagingVersion

サポートされる WS-ReliableMessaging プロトコルのバージョンの設定を格納します。 これは抽象クラスです。

ReliableSession

システム指定のバインドのいずれかを使用したときに使用できる、信頼できるセッションのバインド要素のプロパティにアクセスする便利な方法を提供します。

RsaEndpointIdentity

サービス エンドポイントの RSA ID を指定します。

ServerTooBusyException

サーバーがビジーでメッセージを受信できない場合にスローされる例外です。

ServiceActivationException

サービスがアクティブにならない場合にスローされる例外です。

ServiceAuthenticationManager

サービス認証マネージャーを表します。

ServiceAuthorizationManager

サービス操作の承認アクセス チェックを行います。

ServiceBehaviorAttribute

サービス コントラクトの実装の内部実行動作を指定します。

ServiceConfiguration

サービスの構成可能なプロパティを表します。

ServiceContractAttribute

インターフェイスまたはクラスが、Windows Communication Foundation (WCF) アプリケーション内にサービス コントラクトを定義することを示します。

ServiceHost

サービスのホストを提供します。

ServiceHostBase

ServiceHostBase クラスを拡張して、カスタム プログラミング モデルを公開するホストを実装します。

ServiceHostingEnvironment

Windows Communication Foundation (WCF) サービスを実行中である現在のホスト環境に関する情報を提供します。

ServiceKnownTypeAttribute

シリアル化または逆シリアル化するときに、サービスによって使用される既知の型を指定します。

ServiceSecurityContext

リモート パーティのセキュリティ コンテキストを表します。 クライアントではサービス ID を、サービスではクライアント ID を表します。

SpnEndpointIdentity

バインドで Kerberos を使用する場合に、ID 用のサービス プリンシパル名 (SPN) を表します。

TcpTransportSecurity

TCP トランスポートの認証パラメーターと保護レベルを制御するプロパティを提供します。

TransactionFlowAttribute

クライアントからの受信トランザクションをサービス操作が受け入れるかどうかを指定します。

TransactionProtocol

トランザクションをフローさせるために使用するトランザクション プロトコルを指定します。

UdpBinding

UDP バインディングを表します。

UnknownMessageReceivedEventArgs

チャネルで受信したメッセージで、どのコールバック操作または保留要求にも関連付けることができないメッセージを含みます。

UpnEndpointIdentity

バインドで SSPINegotiate 認証モードを利用するときに使用される ID のユーザー プリンシパル名 (UPN) を表します。

UriSchemeKeyedCollection

トランスポート スキーマ名がキーとして追加された URI を含むスレッド セーフなコレクションを用意します。

WebHttpBinding

SOAP メッセージではなく、HTTP 要求を介して公開される Windows Communication Foundation (WCF) Web サービスのエンドポイントを構成するために使用されるバインディング。

WebHttpSecurity

HTTP 要求を受信するために構成するサービス エンドポイントで使用できるセキュリティの種類を指定します。

WorkflowServiceHost

ワークフローベースのサービスのホストを提供します。

WS2007FederationHttpBinding

WS2007HttpBindingから派生し、フェデレーション セキュリティをサポートする、セキュリティで保護された相互運用可能なバインディングです。

WS2007HttpBinding

WSHttpBinding から派生した相互運用可能なバインドを表し、SecurityReliableSession、および TransactionFlow の各バインド要素の更新バージョンをサポートします。

WSDualHttpBinding

サービスとクライアントの両方がメッセージを送受信できる双方向サービス コントラクトで使用するように設計された、安全で相互運用可能なバインドです。

WSDualHttpSecurity

WSDualHttpBinding のセキュリティ設定を指定します。

WSFederationHttpBinding

フェデレーション セキュリティをサポートする安全で相互運用可能なバインドです。

WSFederationHttpSecurity

WSFederationHttpBinding のセキュリティ設定を指定します。 このクラスは継承できません。

WSHttpBinding

分散トランザクションとセキュリティで保護された信頼できるセッションをサポートする相互操作可能なバインドを表します。

WSHttpBindingBase

WSHttpBinding および WSFederationHttpBinding に共通のメンバーを持つ基本クラスを提供します。

WSHttpContextBinding

のコンテキスト対応バインディングを提供 WSHttpContextBinding します。

WSHttpSecurity

WSHttpBinding のセキュリティ設定を表します。

X509CertificateEndpointIdentity

サービス エンドポイントの証明書 ID を表します。 サービス エンドポイントと通信しようとするクライアントは、エンドポイント ID 内に提供された証明書に基づいてサービスを認証する必要があります。

XmlSerializerFormatAttribute

XmlObjectSerializer の代わりに XmlSerializer を使用するように Windows Communication Foundation (WCF) インフラストラクチャに指示します。

XPathMessageQuery

XPath 式を評価してメッセージからデータを取得するメッセージ クエリです。

インターフェイス

IClientChannel

クライアント アプリケーションによって使用される送信要求チャネルと要求/応答チャネルの動作を定義します。

ICommunicationObject

システム内のチャネル、チャネル マネージャー、ファクトリ、リスナー、およびディスパッチャーを含むすべての通信指向オブジェクトとサービス ホストに対して使用する、基本ステート マシンのためのコントラクトを定義します。

IContextChannel

チャネルのコンテキスト コントロールのインターフェイスを定義します。

IDefaultCommunicationTimeouts

チャネル、チャネル リスナーやチャネル ファクトリなどのチャネルマネージャー、およびサービスホストによって使用される通信のタイムアウトを指定するインターフェイスを定義します。

IDuplexContextChannel

クライアント チャネルが双方向セッションでメッセージを交換するために実装する必要があるインターフェイスを定義します。

IExtensibleObject<T>

オブジェクトが、イベントの登録や状態遷移の監視などのカスタム動作に参加できるようにします。

IExtension<T>

オブジェクトが集約を介して別のオブジェクトを拡張できるようにします。

IExtensionCollection<T>

IExtension<T> を型を指定して取得できるようにする IExtension<T> オブジェクトのコレクション。

IOnlineStatus

ネットワーク対応オブジェクトがネットワークでの使用可能性を示すために使用するプロパティとイベントを定義します。

IServiceChannel

サービス チャネルのインターフェイスを定義します。

列挙型

AddressFilterMode

ディスパッチャーが受信メッセージを適切なエンドポイントにルーティングするために使用する照合セマンティクスの種類を指定します。

AuditLevel

セキュリティ イベントをいつ監査するかを指定します。

AuditLogLocation

セキュリティ関連のイベント ログが書き込まれる場所を指定します。

BasicHttpMessageCredentialType

BasicHttpBinding バインディングでセキュリティが有効な場合に、クライアントが認証できる資格情報の種類を列挙します。

BasicHttpSecurityMode

システム指定の BasicHttpBinding と共に使用できるセキュリティの種類を指定します。

BasicHttpsSecurityMode

基本的な https のセキュリティ モードを指定します。

CacheSetting

キャッシュ構成の列挙を指定します。

CommunicationState

ICommunicationObject が存在できる状態を定義します。

ConcurrencyMode

サービス クラスがシングルスレッド モードまたはマルチスレッド モードの操作をサポートするかどうかを指定します。

DeadLetterQueue

使用する配信不能キューの種類を指定します。

HostNameComparisonMode

受信メッセージをサービスポイントにディスパッチするときに、URI 比較の中でホスト名をどのように使用するかを指定します。

HttpClientCredentialType

HTTP クライアントの有効な資格情報の種類を列挙します。

HttpProxyCredentialType

HTTP プロキシ認証にとって有効な資格情報の種類を列挙します。

ImpersonationOption

サービス インスタンスのサービス操作の偽装動作を指定します。

InstanceContextMode

入力メッセージに含まれている呼び出しを処理するために使用できるサービス インスタンスの数を指定します。

MessageCredentialType

有効なメッセージ資格情報の種類を列挙します。

MsmqAuthenticationMode

バインドに使用する認証の種類を指定します。

MsmqEncryptionAlgorithm

ネットワーク上でメッセージを暗号化するために使用できる暗号アルゴリズムのセットを格納します。

MsmqSecureHashAlgorithm

Message Queuing (MSMQ) がメッセージへの署名に使用できるハッシュ アルゴリズムを格納します。

NetHttpMessageEncoding

Net Http メッセージのエンコーディングを指定します。

NetMsmqSecurityMode

NetMsmqSecurityMode 列挙体は、MSMQ トランスポートで使用できるセキュリティ モードを指定します。

NetNamedPipeSecurityMode

トランスポート レベルのセキュリティが名前付きパイプで使用されるかどうか指定します。

OperationFormatStyle

サービスの WSDL メタデータの書式設定方法を決定する SOAP スタイルを表します。

OperationFormatUse

メッセージの形式を決定します。

PeerMessageOrigination

ピア チャネル メッセージのネットワーク原点を示します。

PeerMessagePropagation

ピア チャネルを通して送信されたメッセージの受信先を示します。

PeerTransportCredentialType

ピア チャネル トランスポートを認証するために使用される資格情報の種類のセットを指定します。

QueuedDeliveryRequirementsMode

QueuedDeliveryRequirementsMode 列挙体は、キュー配信要件を指定します。

QueueTransferProtocol

キュー マネージャー間でのメッセージの転送で使用されるプロトコルを示します。

ReceiveErrorHandling

有害なメッセージの処理を指定します。

ReleaseInstanceMode

システムが操作呼び出しプロセスの中でサービス オブジェクトをいつリサイクルするかを指定します。

SecurityMode

バインディングのセキュリティ設定を決定します。

SessionMode

コントラクトが要求する、またはサポートする、信頼できるセッションのサポートを示すために使用できる値を指定します。

TcpClientCredentialType

TCP クライアントの有効な資格情報の種類を列挙します。

TransactionFlowOption

サービス操作のトランザクション フロー ポリシーを指定するために TransactionFlowAttribute と共に使用される列挙体です。

TransferMode

チャネルが要求メッセージと応答メッセージの転送でストリーミング モードとバッファー モードのどちらを使用するかを示します。

WebHttpSecurityMode

HTTP 要求を受信するサービス エンドポイントを構成するために使用できるセキュリティのモードを定義します。

WSDualHttpSecurityMode

WSDualHttpBinding の別のセキュリティ モードを指定します。

WSFederationHttpSecurityMode

WSFederationHttpBinding の別のセキュリティ モードを指定します。

WSMessageEncoding

SOAP メッセージのエンコードに Message Transmission Optimization Mechanism (MTOM) またはテキストを使用するかどうかを指定します。

代理人

ClientBase<TChannel>.BeginOperationDelegate

非同期操作を呼び出すために InvokeAsync(ClientBase<TChannel>.BeginOperationDelegate, Object[], ClientBase<TChannel>.EndOperationDelegate, SendOrPostCallback, Object) によって使用されるデリゲート。

ClientBase<TChannel>.EndOperationDelegate

InvokeAsync(ClientBase<TChannel>.BeginOperationDelegate, Object[], ClientBase<TChannel>.EndOperationDelegate, SendOrPostCallback, Object) による ClientBase<TChannel>.BeginOperationDelegate に対する呼び出しが正常に完了したときに、InvokeAsync(ClientBase<TChannel>.BeginOperationDelegate, Object[], ClientBase<TChannel>.EndOperationDelegate, SendOrPostCallback, Object) によって呼び出されるデリゲートを表します。