System.Speech.Synthesis.TtsEngine Namespace

テキストの音声変換 (TTS) をレンダリングするための SSML (Speech Synthesis Markup Language) ベースのカスタム エンジンの作成をサポートします。 Supports the creation of Speech Synthesis Markup Language (SSML) based custom engines for rendering text to speech (TTS).

クラス

Prosody

PitchRateVolume などの音声プロパティの設定のコレクションを表します。Represents a collection of settings for voice properties such as Pitch, Rate and Volume.

SayAs

テキストがどのように話されるかを判断するコンテンツ タイプ (通貨、日付や住所など) や言語構成要素についての情報が含まれます。Contains information about the content type (such as currency, date, or address) or language construct that determine how text should be spoken.

SkipInfo

スキップするテキスト ストリーム項目に関する情報を提供します。Provides information about text stream items to be skipped.

TextFragment

音声合成エンジンで使用するためのテキストや音声の属性情報が含まれます。Contains text and speech attribute information for consumption by a speech synthesizer engine.

TtsEngineSsml

すべての音声読み上げ合成エンジンによって実装される抽象基本クラス。Abstract base class to be implemented by all text to speech synthesis engines.

構造体

ContourPoint

TextFragment の音声コンテンツのピッチの変更を表します。Represents changes in pitch for the speech content of a TextFragment.

FragmentState

TextFragment についての詳細情報を提供します。Provides detailed information about a TextFragment.

ProsodyNumber

韻律の属性とその値を指定します。Specifies prosody attributes and their values.

SpeechEventInfo

イベントの種類を指定し、その引数 (ある場合) はカスタム合成音声エンジンによるテキストから音声への変換の一部として生成されることを指定するために使用されます。Used to specify the type of event, and its arguments (if any) to be generated as part of the rendering of text to speech by a custom synthetic speech engine.

インターフェイス

ITtsEngineSite

オーディオ データとイベントを書き込むためのメソッドを提供します。Provides methods for writing audio data and events.

列挙型

ContourPointChangeType

ContourPoint の変更の種類の値を列挙します。Enumerates values for the types of ContourPoint change.

EmphasisBreak

読み上げられた単語間の EmphasisBreak の長さの値を列挙します。Enumerates values for lengths of EmphasisBreak between spoken words.

EmphasisWord

特定の EmphasisWordTextFragment の値を列挙します。Enumerates the values of EmphasisWord for a specific TextFragment.

EventParameterType

音声合成イベントに渡されるデータ ポインターの型を列挙します。Enumerates the types of data pointers passed to speech synthesis events.

ProsodyPitch

Pitch オブジェクトの Prosody プロパティの値を列挙します。Enumerates values for the Pitch property of a Prosody object.

ProsodyRange

Range オブジェクトの Prosody プロパティの値を列挙します。Enumerates values for the Range property of a Prosody object.

ProsodyRate

Rate オブジェクトの Prosody プロパティの値を列挙します。Enumerates values for the Rate property of a Prosody object.

ProsodyUnit

Unit オブジェクトの Prosody プロパティの値を列挙します。Enumerates values for the Unit property on the Prosody object.

ProsodyVolume

Volume オブジェクトの Prosody プロパティの値を列挙します。Enumerates values for the Volume property of a Prosody object.

SpeakOutputFormat

音声の出力形式の種類を列挙します。Enumerates the types of speech output formats.

TtsEngineAction

特定の TextFragment をレンダリングするときに実行する SSML (Speech Synthesis Markup Language) アクションを指定します。Specifies the Speech Synthesis Markup Language (SSML) action to be taken in rendering a given TextFragment.

TtsEventId

音声合成イベントの型を列挙します。Enumerates types of speech synthesis events.

注釈

メンバー、System.Speech.Synthesis.TtsEngine名前空間が使用可能な Windows Desktop Speech テクノロジ マークアップ言語 SSML (Speech Synthesis) ベースのマークアップ言語と音声合成エンジンの構築のサポートを作成します。The members of the System.Speech.Synthesis.TtsEngine namespace make available Windows Desktop Speech Technology support for Speech Synthesis Markup Language (SSML) based markup language and the construction of synthetic speech engines.

SSML マークアップ言語は、業界の合成音声エンジンを支援する豊富な XML ベースの言語を提供する標準です。The SSML markup language is the industry standard to provide a rich, XML-based language for assisting the synthetic speech engines. Microsoft と他社が、動作保証済みです。It is endorsed by Microsoft and our competitors. SSML の詳細については、次を参照してください。音声合成のマークアップ言語仕様します。For more information on SSML, see Speech Synthesis Markup Language Specification.

新しい合成音声エンジンを使用するを作成するSystem.Speech.Synthesis.TtsEngine実装と抽象基本クラスから派生したオブジェクトの登録が必要ですTtsEngineSsmlします。Creating of a new of synthetic speech engine using System.Speech.Synthesis.TtsEngine requires the implementation and registration of an object derived from the abstract base class TtsEngineSsml.

System.Speech.Synthesis.TtsEngine ベースの合成音声エンジンは、ツールを使用して、Windows Desktop Speech テクノロジ インフラストラクチャを通じてアクセス、System.Speech.Synthesis名前空間には、特にSpeechSynthesizerオブジェクト、およびアプリケーションによって直接使用されます。System.Speech.Synthesis.TtsEngine based synthetic speech engines are accessed through Windows Desktop Speech Technology infrastructure, using the tools in the System.Speech.Synthesis namespace, in particular SpeechSynthesizer object, and are never directly used by applications.

Windows Desktop Speech テクノロジ インフラストラクチャにより、合成音声エンジンに渡されるすべてのパラメーターが検証され、スレッドが同期されていること。The Windows Desktop Speech Technology infrastructures ensures that all parameters passed to a synthetic speech engine are validated and thread synchronized.

使用して実装されている音声合成エンジンのSystem.Speech.Synthesis.TtsEngineテクノロジことができます。A of synthetic speech engine implemented using System.Speech.Synthesis.TtsEngine technology can: