StackOverflowException クラス

定義

入れ子になったメソッド呼び出しが多くなりすぎ、実行スタックがオーバーフローした場合にスローされる例外。The exception that is thrown when the execution stack overflows because it contains too many nested method calls. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class StackOverflowException sealed : SystemException
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public sealed class StackOverflowException : SystemException
type StackOverflowException = class
    inherit SystemException
Public NotInheritable Class StackOverflowException
Inherits SystemException
継承
StackOverflowException
属性

次の例では、カウンターを使用して、 Executeメソッドへの再帰呼び出しの回数が、MAX_RECURSIVE_CALLS 定数で定義されている最大値を超えないようにしています。The following example uses a counter to ensure that the number of recursive calls to the Execute method do not exceed a maximum defined by the MAX_RECURSIVE_CALLS constant.

using System;

public class Example
{
   private const int MAX_RECURSIVE_CALLS = 1000;
   static int ctr = 0;
   
   public static void Main()
   {
      Example ex = new Example();
      ex.Execute();
      Console.WriteLine("\nThe call counter: {0}", ctr);
   }

   private void Execute()
   {
      ctr++;
      if (ctr % 50 == 0)
         Console.WriteLine("Call number {0} to the Execute method", ctr);
         
      if (ctr <= MAX_RECURSIVE_CALLS)
         Execute();
         
      ctr--;
   }
}
// The example displays the following output:
//       Call number 50 to the Execute method
//       Call number 100 to the Execute method
//       Call number 150 to the Execute method
//       Call number 200 to the Execute method
//       Call number 250 to the Execute method
//       Call number 300 to the Execute method
//       Call number 350 to the Execute method
//       Call number 400 to the Execute method
//       Call number 450 to the Execute method
//       Call number 500 to the Execute method
//       Call number 550 to the Execute method
//       Call number 600 to the Execute method
//       Call number 650 to the Execute method
//       Call number 700 to the Execute method
//       Call number 750 to the Execute method
//       Call number 800 to the Execute method
//       Call number 850 to the Execute method
//       Call number 900 to the Execute method
//       Call number 950 to the Execute method
//       Call number 1000 to the Execute method
//
//       The call counter: 0
Module Example
   Private Const MAX_RECURSIVE_CALLS As Integer = 1000
   Dim ctr As Integer = 0

   Public Sub Main()
      Execute()
      Console.WriteLine()
      Console.WriteLine("The call counter: {0}", ctr)
   End Sub

   Private Sub Execute()
      ctr += 1
      If ctr Mod 50 = 0 Then
         Console.WriteLine("Call number {0} to the Execute method", ctr)
      End If
      
      If ctr <= MAX_RECURSIVE_CALLS Then
         Execute()
      End If

      ctr -= 1
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       Call number 50 to the Execute method
'       Call number 100 to the Execute method
'       Call number 150 to the Execute method
'       Call number 200 to the Execute method
'       Call number 250 to the Execute method
'       Call number 300 to the Execute method
'       Call number 350 to the Execute method
'       Call number 400 to the Execute method
'       Call number 450 to the Execute method
'       Call number 500 to the Execute method
'       Call number 550 to the Execute method
'       Call number 600 to the Execute method
'       Call number 650 to the Execute method
'       Call number 700 to the Execute method
'       Call number 750 to the Execute method
'       Call number 800 to the Execute method
'       Call number 850 to the Execute method
'       Call number 900 to the Execute method
'       Call number 950 to the Execute method
'       Call number 1000 to the Execute method
'
'       The call counter: 0

注釈

StackOverflowException実行スタックオーバーフローエラーに対してスローされます。通常は、非常に深い再帰または無制限の再帰の場合に発生します。StackOverflowException is thrown for execution stack overflow errors, typically in case of a very deep or unbounded recursion. したがって、コードに無限ループや無限再帰がないことを確認してください。So make sure your code doesn't have an infinite loop or infinite recursion.

StackOverflowExceptionは、値0x800703E9 を持つ HRESULT COR_E_STACKOVERFLOW を使用します。StackOverflowException uses the HRESULT COR_E_STACKOVERFLOW, which has the value 0x800703E9. 中間Localloc言語 (IL) 命令は、 StackOverflowExceptionをスローします。The Localloc intermediate language (IL) instruction throws StackOverflowException. StackOverflowExceptionオブジェクトの初期プロパティ値の一覧についStackOverflowExceptionては、「コンストラクター」を参照してください。For a list of initial property values for a StackOverflowException object, see the StackOverflowException constructors.

.NET Framework 2.0 以降でStackOverflowExceptionは、 catchブロックをtry /使用してオブジェクトをキャッチすることはできません。また、対応するプロセスは既定で終了します。Starting with the .NET Framework 2.0, you can't catch a StackOverflowException object with a try/catch block, and the corresponding process is terminated by default. そのため、スタックオーバーフローを検出して回避するコードを記述する必要があります。Consequently, you should write your code to detect and prevent a stack overflow. たとえば、アプリが再帰に依存している場合は、カウンターまたは状態条件を使用して再帰ループを終了します。For example, if your app depends on recursion, use a counter or a state condition to terminate the recursive loop. この手法の図解については、「」を参照してください。See the Examples section for an illustration of this technique.

注意

HandleProcessCorruptedStateExceptionsAttributeStackOverflowExceptionスローするメソッドに属性を適用しても効果はありません。Applying the HandleProcessCorruptedStateExceptionsAttribute attribute to a method that throws a StackOverflowException has no effect. ただし、ユーザーコードから例外を処理することはできません。You still cannot handle the exception from user code.

アプリが共通言語ランタイム (CLR) をホストしている場合は、CLR がスタックオーバーフロー例外が発生したアプリケーションドメインをアンロードし、対応するプロセスを続行するように指定できます。If your app hosts the common language runtime (CLR), it can specify that the CLR should unload the application domain where the stack overflow exception occurs and let the corresponding process continue. 詳細については、「 ICLRPolicyManager インターフェイス」を参照してください。For more information, see ICLRPolicyManager Interface.

コンストラクター

StackOverflowException()

StackOverflowException クラスの新しいインスタンスの Message プロパティに、"要求された操作によってスタック オーバーフローが発生しました。" などのエラーを説明するシステムから提供されるメッセージを設定して、その新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the StackOverflowException class, setting the Message property of the new instance to a system-supplied message that describes the error, such as "The requested operation caused a stack overflow." このメッセージには、現在のシステムのカルチャが考慮されます。This message takes into account the current system culture.

StackOverflowException(String)

指定したエラー メッセージを使用して、StackOverflowException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the StackOverflowException class with a specified error message.

StackOverflowException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、StackOverflowException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the StackOverflowException class with a specified error message and a reference to the inner exception that is the cause of this exception.

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。When overridden in a derived class, sets the SerializationInfo with information about the exception.

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください