JsonExtensionDataAttribute クラス

定義

IDictionary<TKey,TValue> のプロパティに置かれているとき、一致するメンバーがないプロパティは逆シリアル化中にそのディクショナリに追加され、シリアル化中に書き込まれます。

public ref class JsonExtensionDataAttribute sealed : System::Text::Json::Serialization::JsonAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=false)]
public sealed class JsonExtensionDataAttribute : System.Text.Json.Serialization.JsonAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=false)]
public sealed class JsonExtensionDataAttribute : System.Text.Json.Serialization.JsonAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=false)>]
type JsonExtensionDataAttribute = class
    inherit JsonAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=false)>]
type JsonExtensionDataAttribute = class
    inherit JsonAttribute
Public NotInheritable Class JsonExtensionDataAttribute
Inherits JsonAttribute
継承
JsonExtensionDataAttribute
属性

注釈

ディクショナリのTKey値は 、TValueまたはである必要がありますJsonElementStringObject

逆シリアル化中に、"null" JSON 値を使用 Objectする場合はオブジェクト参照として null 扱われ、使用 JsonElementする場合は "null" が JsonElement として扱われ、 ValueKind 設定 JsonValueKind.Nullされます。

シリアル化中、拡張データ プロパティの名前は JSON に含まれません。拡張データに含まれるデータは、JSON オブジェクトのプロパティとしてシリアル化されます。

この拡張データ属性を持つ型に複数のプロパティがある場合、またはプロパティ自体が正しい IDictionary<TKey,TValue> 型でない場合は、 InvalidOperationException その型の最初のシリアル化または逆シリアル化中に an がスローされます。

詳細については、「 System.Text.Json でオーバーフロー JSON を処理する方法」を参照してください

コンストラクター

JsonExtensionDataAttribute()

JsonExtensionDataAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象