System.Text.Json.Serialization 名前空間

属性モデルまたは型コンバーターを使用して、オブジェクトと JSON 形式のドキュメントまたはストリームの間のシリアル化および逆シリアル化をカスタマイズおよび拡張するために使用されるクラスが含まれます。

クラス

JsonAttribute

シリアル化属性のための基本クラスを提供します。

JsonConstructorAttribute

コンストラクターに配置されると、逆シリアル化時にコンストラクターを使用して型のインスタンスを作成する必要があることを示します。

JsonConverter

オブジェクトまたは値と JSON の間で変換を行います。

JsonConverter<T>

オブジェクトまたは値と JSON の間で変換を行います。

JsonConverterAttribute

プロパティまたは型に配置された場合、使用するコンバーターの型が指定されます。

JsonConverterFactory

ファクトリ パターンを使用して複数の型の変換をサポートします。

JsonDerivedTypeAttribute

型宣言に配置すると、指定したサブタイプをポリモーフィックなシリアル化にオプトインする必要があることを示します。

JsonExtensionDataAttribute

IDictionary<TKey,TValue> のプロパティに置かれているとき、一致するメンバーがないプロパティは逆シリアル化中にそのディクショナリに追加され、シリアル化中に書き込まれます。

JsonIgnoreAttribute

プロパティのシリアル化または逆シリアル化を防ぎます。

JsonIncludeAttribute

シリアル化および逆シリアル化のためにメンバーが含まれる必要があることを示します。

JsonNumberHandlingAttribute

型、プロパティ、またはフィールドに対して指定すると、数値をシリアル化または逆シリアル化するときに使用する必要がある JsonNumberHandling の設定を示します。

JsonPolymorphicAttribute

型に配置すると、型をポリモーフィックにシリアル化する必要があることを示します。

JsonPolymorphicTypeConfiguration

指定した基本型のポリモーフィック構成を定義します。

JsonPolymorphicTypeConfiguration<TBaseType>

特定の型のポリモーフィック型の構成を定義します。

JsonPropertyNameAttribute

シリアル化または逆シリアル化の際、JSON に存在するプロパティ名を指定します。 これにより、JsonNamingPolicy によって指定された名前付けポリシーがオーバーライドされます。

JsonPropertyOrderAttribute

シリアル化時に JSON に存在するプロパティの順序を指定します。 下位の値は最初にシリアル化されます。 属性が指定されていない場合、既定値は 0 です。

JsonSerializableAttribute

オブジェクト グラフで指定した型と型のインスタンスをシリアル化および逆シリアル化するときにパフォーマンスを最適化するために、ソース コードを生成するように System.Text.Json ソース ジェネレーターに指示します。

JsonSerializerContext

JSON シリアル化に関連する一連の型に関するメタデータを提供します。

JsonSourceGenerationOptionsAttribute

指定したオプションが実行時 JsonSerializerOptionsに使用されることを想定するように System.Text.Json ソース ジェネレーターに指示します。

JsonStringEnumConverter

列挙値と文字列の間の変換を行います。

ReferenceHandler

シリアル化と逆シリアル化に JsonSerializer 関する参照を処理する方法を定義します。

ReferenceHandler<T>

シリアル化と逆シリアル化に JsonSerializer 関する参照を処理する方法を定義します。

ReferenceResolver

シリアル化と逆シリアル化に JsonSerializer 関する参照を処理する方法を定義します。 シリアル化および逆シリアル化で参照を維持するための主要な動作を定義します。

インターフェイス

IJsonOnDeserialized

逆シリアル化が発生した後に JSON 型のメソッドを OnDeserialized() 呼び出す必要があることを指定します。

IJsonOnDeserializing

逆シリアル化が発生する前に、型のメソッドを OnDeserializing() 呼び出す必要があることを指定します。

IJsonOnSerialized

シリアル化が行われると、型にメソッドを OnSerialized() 呼び出す必要があることを指定します。

IJsonOnSerializing

シリアル化が発生する前に型のメソッドを OnSerializing() 呼び出す必要があることを指定します。

列挙型

JsonIgnoreCondition

シリアル化および逆シリアル化時に JsonIgnoreAttribute によりプロパティを無視する方法を制御します。

JsonKnownNamingPolicy

JsonNamingPolicy実行時に使用する値。

JsonNumberHandling

シリアル化および逆シリアル化のときに、JsonSerializer で数値を処理する方法を決定します。

JsonSourceGenerationMode

System.Text.Json ソース ジェネレーターの生成モード。

JsonUnknownDerivedTypeHandling

ポリモーフィックシリアル化のために明示的に宣言されていない派生ランタイム型のオブジェクトを処理する方法を定義します。

JsonUnknownTypeHandling

逆シリアル化中に、宣言された型を逆シリアル化する方法を Object 定義します。