UnicodeEncoding クラス

定義

Unicode 文字の UTF-16 エンコーディングを表します。

public ref class UnicodeEncoding : System::Text::Encoding
public class UnicodeEncoding : System.Text.Encoding
[System.Serializable]
public class UnicodeEncoding : System.Text.Encoding
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class UnicodeEncoding : System.Text.Encoding
type UnicodeEncoding = class
    inherit Encoding
[<System.Serializable>]
type UnicodeEncoding = class
    inherit Encoding
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type UnicodeEncoding = class
    inherit Encoding
Public Class UnicodeEncoding
Inherits Encoding
継承
UnicodeEncoding
属性

次の例は、オブジェクトを使用して Unicode 文字の文字列をバイト配列にエンコードする方法を示して UnicodeEncoding います。 バイト配列は、データが失われていないことを示すために文字列にデコードされます。

using namespace System;
using namespace System::Text;
using namespace System::Collections;
int main()
{
   
   // The encoding.
   UnicodeEncoding^ unicode = gcnew UnicodeEncoding;
   
   // Create a String* that contains Unicode characters.
   String^ unicodeString = L"This Unicode string contains two characters with codes outside the traditional ASCII code range, Pi (\u03a0) and Sigma (\u03a3).";
   Console::WriteLine( "Original string:" );
   Console::WriteLine( unicodeString );
   
   // Encode the String*.
   array<Byte>^encodedBytes = unicode->GetBytes( unicodeString );
   Console::WriteLine();
   Console::WriteLine( "Encoded bytes:" );
   IEnumerator^ myEnum = encodedBytes->GetEnumerator();
   while ( myEnum->MoveNext() )
   {
      Byte b = safe_cast<Byte>(myEnum->Current);
      Console::Write( "[{0}]", b );
   }

   Console::WriteLine();
   
   // Decode bytes back to String*.
   // Notice Pi and Sigma characters are still present.
   String^ decodedString = unicode->GetString( encodedBytes );
   Console::WriteLine();
   Console::WriteLine( "Decoded bytes:" );
   Console::WriteLine( decodedString );
}
using System;
using System.Text;

class UnicodeEncodingExample {
    public static void Main() {
        // The encoding.
        UnicodeEncoding unicode = new UnicodeEncoding();
        
        // Create a string that contains Unicode characters.
        String unicodeString =
            "This Unicode string contains two characters " +
            "with codes outside the traditional ASCII code range, " +
            "Pi (\u03a0) and Sigma (\u03a3).";
        Console.WriteLine("Original string:");
        Console.WriteLine(unicodeString);

        // Encode the string.
        Byte[] encodedBytes = unicode.GetBytes(unicodeString);
        Console.WriteLine();
        Console.WriteLine("Encoded bytes:");
        foreach (Byte b in encodedBytes) {
            Console.Write("[{0}]", b);
        }
        Console.WriteLine();
        
        // Decode bytes back to string.
        // Notice Pi and Sigma characters are still present.
        String decodedString = unicode.GetString(encodedBytes);
        Console.WriteLine();
        Console.WriteLine("Decoded bytes:");
        Console.WriteLine(decodedString);
    }
}
Imports System.Text
Imports Microsoft.VisualBasic.Strings

Class UnicodeEncodingExample
    
    Public Shared Sub Main()
        ' The encoding.
        Dim uni As New UnicodeEncoding()
        
        ' Create a string that contains Unicode characters.
        Dim unicodeString As String = _
            "This Unicode string contains two characters " & _
            "with codes outside the traditional ASCII code range, " & _
            "Pi (" & ChrW(928) & ") and Sigma (" & ChrW(931) & ")."
        Console.WriteLine("Original string:")
        Console.WriteLine(unicodeString)
        
        ' Encode the string.
        Dim encodedBytes As Byte() = uni.GetBytes(unicodeString)
        Console.WriteLine()
        Console.WriteLine("Encoded bytes:")
        Dim b As Byte
        For Each b In  encodedBytes
            Console.Write("[{0}]", b)
        Next b
        Console.WriteLine()
        
        ' Decode bytes back to string.
        ' Notice Pi and Sigma characters are still present.
        Dim decodedString As String = uni.GetString(encodedBytes)
        Console.WriteLine()
        Console.WriteLine("Decoded bytes:")
        Console.WriteLine(decodedString)
    End Sub
End Class

次の例では、前の例と同じ文字列を使用します。ただし、エンコードされたバイトをファイルに書き込み、バイトストリームのプレフィックスをバイト順マーク (BOM) にします。 次に、オブジェクトを使用したテキストファイルとして、 StreamReader およびバイナリファイルとして、ファイルを2つの異なる方法で読み取ります。 予想どおり、新しく読み込まれた文字列には BOM が含まれていません。

using System;
using System.IO;
using System.Text;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
        // Create a UTF-16 encoding that supports a BOM.
        Encoding unicode = new UnicodeEncoding();

        // A Unicode string with two characters outside an 8-bit code range.
        String unicodeString =
            "This Unicode string has 2 characters outside the " +
            "ASCII range: \n" +
            "Pi (\u03A0)), and Sigma (\u03A3).";
        Console.WriteLine("Original string:");
        Console.WriteLine(unicodeString);
        Console.WriteLine();

        // Encode the string.
        Byte[] encodedBytes = unicode.GetBytes(unicodeString);
        Console.WriteLine("The encoded string has {0} bytes.\n",
                          encodedBytes.Length);

        // Write the bytes to a file with a BOM.
        var fs = new FileStream(@".\UTF8Encoding.txt", FileMode.Create);
        Byte[] bom = unicode.GetPreamble();
        fs.Write(bom, 0, bom.Length);
        fs.Write(encodedBytes, 0, encodedBytes.Length);
        Console.WriteLine("Wrote {0} bytes to the file.\n", fs.Length);
        fs.Close();

        // Open the file using StreamReader.
        var sr = new StreamReader(@".\UTF8Encoding.txt");
        String newString = sr.ReadToEnd();
        sr.Close();
        Console.WriteLine("String read using StreamReader:");
        Console.WriteLine(newString);
        Console.WriteLine();

        // Open the file as a binary file and decode the bytes back to a string.
        fs = new FileStream(@".\UTF8Encoding.txt", FileMode.Open);
        Byte[] bytes = new Byte[fs.Length];
        fs.Read(bytes, 0, (int)fs.Length);
        fs.Close();

        String decodedString = unicode.GetString(bytes);
        Console.WriteLine("Decoded bytes:");
        Console.WriteLine(decodedString);
   }
}
// The example displays the following output:
//    Original string:
//    This Unicode string has 2 characters outside the ASCII range:
//    Pi (π), and Sigma (Σ).
//
//    The encoded string has 172 bytes.
//
//    Wrote 174 bytes to the file.
//
//    String read using StreamReader:
//    This Unicode string has 2 characters outside the ASCII range:
//    Pi (π), and Sigma (Σ).
//
//    Decoded bytes:
//    This Unicode string has 2 characters outside the ASCII range:
//    Pi (π), and Sigma (Σ).
Imports System.IO
Imports System.Text

Class Example
    Public Shared Sub Main()
        ' Create a UTF-16 encoding that supports a BOM.
        Dim unicode As New UnicodeEncoding()
        
        ' A Unicode string with two characters outside an 8-bit code range.
        Dim unicodeString As String = _
            "This Unicode string has 2 characters outside the " &
            "ASCII range: " & vbCrLf &
            "Pi (" & ChrW(&h03A0) & "), and Sigma (" & ChrW(&h03A3) & ")."
        Console.WriteLine("Original string:")
        Console.WriteLine(unicodeString)
        Console.WriteLine()
        
        ' Encode the string.
        Dim encodedBytes As Byte() = unicode.GetBytes(unicodeString)
        Console.WriteLine("The encoded string has {0} bytes.",
                          encodedBytes.Length)
        Console.WriteLine()
        
        ' Write the bytes to a file with a BOM.
        Dim fs As New FileStream(".\UnicodeEncoding.txt", FileMode.Create)
        Dim bom() As Byte = unicode.GetPreamble()
        fs.Write(bom, 0, bom.Length)
        fs.Write(encodedBytes, 0, encodedBytes.Length)
        Console.WriteLine("Wrote {0} bytes to the file.", fs.Length)
        fs.Close()
        Console.WriteLine()
        
        ' Open the file using StreamReader.
        Dim sr As New StreamReader(".\UnicodeEncoding.txt")
        Dim newString As String = sr.ReadToEnd()
        sr.Close()
        Console.WriteLine("String read using StreamReader:")
        Console.WriteLine(newString)
        Console.WriteLine()
        
        ' Open the file as a binary file and decode the bytes back to a string.
        fs = new FileStream(".\UnicodeEncoding.txt", FileMode.Open)
        Dim bytes(fs.Length - 1) As Byte
        fs.Read(bytes, 0, fs.Length)
        fs.Close()

        Dim decodedString As String = unicode.GetString(bytes)
        Console.WriteLine("Decoded bytes:")
        Console.WriteLine(decodedString)
    End Sub
End Class
' The example displays the following output:
'    Original string:
'    This Unicode string has 2 characters outside the ASCII range:
'    Pi (π), and Sigma (Σ).
'
'    The encoded string has 172 bytes.
'
'    Wrote 174 bytes to the file.
'
'    String read using StreamReader:
'    This Unicode string has 2 characters outside the ASCII range:
'    Pi (π), and Sigma (Σ).
'
'    Decoded bytes:
'    This Unicode string has 2 characters outside the ASCII range:
'    Pi (π), and Sigma (Σ).

注釈

エンコーディングは、Unicode 文字のセットをバイト シーケンスに変換するプロセスです。 デコードとは、エンコードされたバイトシーケンスを Unicode 文字のセットに変換するプロセスです。

Unicode 規格では、サポートされているすべてのスクリプトの各文字にコードポイント (数値) が割り当てられます。 Unicode 変換形式 (UTF) は、そのコードポイントをエンコードする方法です。 Unicode 標準では、次の utfs を使用します。

  • UTF-8。各コードポイントを 1 ~ 4 バイトのシーケンスとして表します。

  • UTF-16。各コードポイントを 1 ~ 2 16 ビットの整数のシーケンスとして表します。

  • 32 UTF-8。各コードポイントを32ビット整数として表します。

UTFs およびでサポートされているその他のエンコーディングの詳細については System.Text 、「 .NET Framework の文字エンコーディング」を参照してください。

UnicodeEncodingクラスは utf-16 エンコーディングを表します。 エンコーダーでは、ビッグエンディアンバイト順 (最初に最上位バイト) またはリトルエンディアンバイト順 (最下位バイトを先頭) を使用できます。 たとえば、ラテン文字の大文字 A (コードポイント U + 0041 という) は、次のようにシリアル化されます (16 進数)。

  • ビッグエンディアンのバイト順:00 00 00 41

  • リトルエンディアンバイト順:41 00 00 00

一般に、特定のプラットフォームのネイティブバイト順序を使用して Unicode 文字を格納する方が効率的です。 たとえば、Intel コンピューターなどのリトルエンディアンプラットフォームでは、リトルエンディアンのバイト順を使用することをお勧めします。 UnicodeEncodingクラスは Windows コードページ 1200 (リトルエンディアンバイト順) と 1201 (ビッグエンディアンバイト順) に対応しています。 特定のアーキテクチャの "エンディアン" を確認するには、メソッドを呼び出し BitConverter.IsLittleEndian ます。

必要に応じて、オブジェクトはバイト UnicodeEncoding 順マーク (BOM) を提供します。これは、エンコーディングプロセスによって生成されるバイトシーケンスにプレフィックスを付けることができるバイトの配列です。 プリアンブルにバイトオーダーマーク (BOM) が含まれている場合は、デコーダーがバイト順序と変換形式または UTF を決定するのに役立ちます。

UnicodeEncodingインスタンスが BOM を提供するように構成されている場合は、メソッドを呼び出すことによって取得できます GetPreamble 。それ以外の場合、メソッドは空の配列を返します。 オブジェクトが BOM サポート用に構成されている場合でも、必要に応じて、エンコードされた UnicodeEncoding バイトストリームの先頭に bom を含める必要があることに注意してください。クラスのエンコーディングメソッドでは、 UnicodeEncoding これは自動的には行われません。

注意事項

エラー検出を有効にし、クラスインスタンスのセキュリティを強化するには、 UnicodeEncoding コンストラクターを呼び出し、 UnicodeEncoding(Boolean, Boolean, Boolean) その引数をに設定して、オブジェクトをインスタンス化する必要があり throwOnInvalidBytes true ます。 エラー検出を使用すると、無効な文字またはバイトのシーケンスを検出するメソッドがをスロー ArgumentException します。 エラー検出を行わないと、例外はスローされず、無効なシーケンスは通常は無視されます。

オブジェクトをインスタンス化するには、 UnicodeEncoding バイト順マーク (BOM) を提供するかどうか、ビッグエンディアンまたはリトルエンディアンエンコーディングを使用するかどうか、エラー検出を有効にするかどうかなど、さまざまな方法があります。 次の表に、 UnicodeEncoding Encoding オブジェクトを返すコンストラクターとプロパティを示し UnicodeEncoding ます。

メンバー エンディアン 消費 エラー検出
BigEndianUnicode ビッグエンディアン はい いいえ (置換フォールバック)
Encoding.Unicode リトルエンディアン はい いいえ (置換フォールバック)
UnicodeEncoding.UnicodeEncoding() リトルエンディアン はい いいえ (置換フォールバック)
UnicodeEncoding(Boolean, Boolean) 構成可能 構成可能 いいえ (置換フォールバック)
UnicodeEncoding.UnicodeEncoding(Boolean, Boolean, Boolean) 構成可能 構成可能 構成可能

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。

同様に、 GetCharCount メソッドはバイトシーケンスをデコードする文字数を決定し、 GetChars GetString メソッドとメソッドは実際のデコードを実行します。

複数のブロックにまたがるデータをエンコードまたはデコードするときに状態情報を保存できるエンコーダーまたはデコーダー (10万文字セグメントでエンコードされた100万文字の文字列など) では GetEncoderGetDecoder プロパティとプロパティをそれぞれ使用します。

コンストラクター

UnicodeEncoding()

UnicodeEncoding クラスの新しいインスタンスを初期化します。

UnicodeEncoding(Boolean, Boolean)

UnicodeEncoding クラスの新しいインスタンスを初期化します。 パラメーターでは、ビッグ エンディアン バイト順を使用するかどうか、および GetPreamble() メソッドが Unicode バイト順マークを返すかどうかを指定します。

UnicodeEncoding(Boolean, Boolean, Boolean)

UnicodeEncoding クラスの新しいインスタンスを初期化します。 パラメーターでは、ビッグ エンディアン バイト順を使用するかどうか、Unicode バイト順マークを付加するかどうか、および無効なエンコーディングを検出したときに例外をスローするかどうかを指定します。

フィールド

CharSize

Unicode 文字サイズをバイト単位で表します。 このフィールドは定数です。

プロパティ

BodyName

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール エージェントの Body タグと共に使用できる現在のエンコーディングの名前を取得します。

(継承元 Encoding)
CodePage

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の Encoding のコード ページ ID を取得します。

(継承元 Encoding)
DecoderFallback

現在の DecoderFallback オブジェクトの Encoding オブジェクトを取得または設定します。

(継承元 Encoding)
EncoderFallback

現在の EncoderFallback オブジェクトの Encoding オブジェクトを取得または設定します。

(継承元 Encoding)
EncodingName

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングについての記述を、ユーザーが判読できる形式で取得します。

(継承元 Encoding)
HeaderName

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール エージェント ヘッダー タグと共に使用できる現在のエンコーディングの名前を取得します。

(継承元 Encoding)
IsBrowserDisplay

派生クラスでオーバーライドされた場合、ブラウザー クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを表示できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Encoding)
IsBrowserSave

派生クラスでオーバーライドされた場合、ブラウザー クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを保存できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Encoding)
IsMailNewsDisplay

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール クライアントおよびニュース クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを表示できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Encoding)
IsMailNewsSave

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール クライアントおよびニュース クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを保存できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Encoding)
IsReadOnly

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

(継承元 Encoding)
IsSingleByte

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが 1 バイトのコード ポイントを使用するかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Encoding)
Preamble

このオブジェクトが UTF-16 形式でエンコードされた Unicode バイト順マークを提供するように構成されている場合は、そのようなマークを取得します。

Preamble

派生クラスでオーバーライドされた場合、使用するエンコードを指定するバイト シーケンスを含むスパンが返されます。

(継承元 Encoding)
WebName

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングの IANA (Internet Assigned Numbers Authority) に登録されている名前を取得します。

(継承元 Encoding)
WindowsCodePage

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングに最も厳密に対応する Windows オペレーティング システムのコード ページを取得します。

(継承元 Encoding)

メソッド

Clone()

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の Encoding オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 Encoding)
Equals(Object)

指定した Object が、現在の UnicodeEncoding オブジェクトと等しいかどうかを判断します。

GetByteCount(Char*, Int32)

指定した文字ポインターで始まる文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetByteCount(Char*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字ポインターから始まる文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

(継承元 Encoding)
GetByteCount(Char[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されているすべての文字をエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

(継承元 Encoding)
GetByteCount(Char[], Int32, Int32)

指定した文字配列から文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetByteCount(ReadOnlySpan<Char>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字スパンに格納されている文字をエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

(継承元 Encoding)
GetByteCount(String)

指定した文字列内の文字をエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetByteCount(String, Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列の文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

(継承元 Encoding)
GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32)

指定した文字ポインターで始まる文字のセットを、指定したバイト ポインターを開始位置として格納されるバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字ポインターで始まる文字のセットを、指定したバイト ポインターを開始位置として格納されるバイト シーケンスにエンコードします。

(継承元 Encoding)
GetBytes(Char[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されているすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。

(継承元 Encoding)
GetBytes(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットをバイト シーケンスにエンコードします。

(継承元 Encoding)
GetBytes(Char[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

指定した文字配列に格納されている文字のセットを指定したバイト配列にエンコードします。

GetBytes(ReadOnlySpan<Char>, Span<Byte>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した読み取り専用スパンに格納されている文字のセットをバイトのスパンにエンコードします。

(継承元 Encoding)
GetBytes(String)

指定した文字列に含まれる文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。

GetBytes(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれるすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。

(継承元 Encoding)
GetBytes(String, Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列内の count で指定した数の文字を、指定した index からバイト配列にエンコードします。

(継承元 Encoding)
GetBytes(String, Int32, Int32, Byte[], Int32)

指定した String の文字セットを、指定したバイト配列にエンコードします。

GetCharCount(Byte*, Int32)

指定したバイト ポインターで始まるバイト シーケンスをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

GetCharCount(Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト ポインターから始まるバイト シーケンスをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

(継承元 Encoding)
GetCharCount(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

(継承元 Encoding)
GetCharCount(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列からバイト シーケンスをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

GetCharCount(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した読み取り専用バイト スパンをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

(継承元 Encoding)
GetChars(Byte*, Int32, Char*, Int32)

指定したバイト ポインターで始まるバイト シーケンスを、指定した文字ポインターを開始位置として格納される文字のセットにデコードします。

GetChars(Byte*, Int32, Char*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト ポインターで始まるバイト シーケンスを、指定した文字ポインターを開始位置として格納される文字のセットにデコードします。

(継承元 Encoding)
GetChars(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトを文字のセットにデコードします。

(継承元 Encoding)
GetChars(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを文字のセットにデコードします。

(継承元 Encoding)
GetChars(Byte[], Int32, Int32, Char[], Int32)

指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを指定した文字配列にデコードします。

GetChars(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Char>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した読み取り専用バイト スパンに格納されているすべてのバイトを、文字スパンにデコードします。

(継承元 Encoding)
GetDecoder()

UTF-16 でエンコードされたバイト シーケンスを Unicode 文字のシーケンスに変換するデコーダーを取得します。

GetEncoder()

Unicode 文字のシーケンスを UTF-16 でエンコードされたバイト シーケンスに変換するエンコーダーを取得します。

GetEncoder()

派生クラスでオーバーライドされた場合、Unicode 文字のシーケンスをエンコード済みバイト シーケンスに変換するエンコーダーを取得します。

(継承元 Encoding)
GetHashCode()

現在のインスタンスのハッシュ コードを返します。

GetMaxByteCount(Int32)

指定した文字数をエンコードすることによって生成される最大バイト数を計算します。

GetMaxCharCount(Int32)

指定したバイト数をデコードすることによって生成される最大文字数を計算します。

GetPreamble()

このインスタンスのコンストラクターでバイト順マークを要求した場合は、UTF-16 形式でエンコードされた Unicode バイト順マークを返します。

GetString(Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したアドレスで始まる指定したバイト数を文字列にデコードします。

(継承元 Encoding)
GetString(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトを文字列にデコードします。

(継承元 Encoding)
GetString(Byte[], Int32, Int32)

バイト配列に格納されているある範囲のバイトを文字列にデコードします。

GetString(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを文字列にデコードします。

(継承元 Encoding)
GetString(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト スパンに格納されているすべてのバイトを文字列にデコードします。

(継承元 Encoding)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsAlwaysNormalized()

現在のエンコーディングが、既定の正規形を使用して常に正規化されるかどうかを示す値。

(継承元 Encoding)
IsAlwaysNormalized(NormalizationForm)

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが、指定した正規形を使用して常に正規化されるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Encoding)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

拡張メソッド

GetBytes(Encoding, ReadOnlySequence<Char>)

指定された Encoding を使用して、指定された ReadOnlySequence<T>Byte 配列にエンコードします。

GetBytes(Encoding, ReadOnlySequence<Char>, IBufferWriter<Byte>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySequence<T>byte にデコードし、結果を writer に書き込みます。

GetBytes(Encoding, ReadOnlySequence<Char>, Span<Byte>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySequence<T>byte にエンコードし、結果を bytes に出力します。

GetBytes(Encoding, ReadOnlySpan<Char>, IBufferWriter<Byte>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySpan<T>byte にエンコードし、結果を writer に書き込みます。

GetChars(Encoding, ReadOnlySequence<Byte>, IBufferWriter<Char>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySequence<T>char にデコードし、結果を writer に書き込みます。

GetChars(Encoding, ReadOnlySequence<Byte>, Span<Char>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySequence<T>char にデコードし、結果を chars に出力します。

GetChars(Encoding, ReadOnlySpan<Byte>, IBufferWriter<Char>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySpan<T>char にデコードし、結果を writer に書き込みます。

GetString(Encoding, ReadOnlySequence<Byte>)

指定された Encoding を使用して、指定された ReadOnlySequence<T>String にデコードします。

適用対象

こちらもご覧ください