Thread.CurrentCulture プロパティ

定義

現在のスレッドのカルチャを取得または設定します。

public:
 property System::Globalization::CultureInfo ^ CurrentCulture { System::Globalization::CultureInfo ^ get(); void set(System::Globalization::CultureInfo ^ value); };
public System.Globalization.CultureInfo CurrentCulture { get; set; }
member this.CurrentCulture : System.Globalization.CultureInfo with get, set
Public Property CurrentCulture As CultureInfo

プロパティ値

CultureInfo

現在のスレッドでカルチャを表すオブジェクト。

例外

プロパティが null に設定されています。

.NET Core と .NET 5 以上のみ: 別のスレッドからのスレッドのカルチャの読み取りまたは書き込みはサポートされていません。

次の例は、Windows Forms アプリケーションのユーザー インターフェイスを、コントロール パネル で設定されたカルチャに表示できるスレッド ステートメントを示しています。 追加のコードが必要です。

#using <system.dll>
#using <System.Drawing.dll>
#using <system.windows.forms.dll>

using namespace System;
using namespace System::Threading;
using namespace System::Windows::Forms;
ref class UICulture: public Form
{
public:
   UICulture()
   {
      
      // Set the user interface to display in the
      // same culture as that set in Control Panel.
      Thread::CurrentThread->CurrentUICulture = Thread::CurrentThread->CurrentCulture;
      
      // Add additional code.
   }
};


int main()
{
   Application::Run( gcnew UICulture );
}
using System;
using System.Threading;
using System.Windows.Forms;

class UICulture : Form
{
    public UICulture()
    {
        // Set the user interface to display in the
        // same culture as that set in Control Panel.
        Thread.CurrentThread.CurrentUICulture = 
            Thread.CurrentThread.CurrentCulture;

        // Add additional code.
    }

    static void Main()
    {
        Application.Run(new UICulture());
    }
}
Imports System.Threading
Imports System.Windows.Forms

Public Class UICulture : Inherits Form
    Sub New()

        ' Set the user interface to display in the
        ' same culture as that set in Control Panel.
        Thread.CurrentThread.CurrentUICulture = _
            Thread.CurrentThread.CurrentCulture

        ' Add additional code.
    End Sub

    Shared Sub Main()
        Application.Run(New UICulture())
    End Sub
End Class

注釈

このプロパティによって返される オブジェクトとそれに関連付けられているオブジェクトは、日付、時刻、数値、通貨値、テキストの並べ替え順序、大文字と小文字の規則、および文字列比較の既定の形式を決定します。 CultureInfo クラスを参照して、カルチャ名と識別子、インバリアント、ニュートラル、および特定のカルチャの違い、およびカルチャ情報がスレッドとアプリケーション ドメインに与える影響について CultureInfo 学習します。 スレッドの既定のカルチャの決定方法と、ユーザーがコンピューターのカルチャ情報を設定する方法については、 プロパティ CultureInfo.CurrentCulture を参照してください。

重要

プロパティ CurrentCulture は、現在のスレッド以外のスレッドで使用されている場合、確実に機能しません。 この.NET Framework、プロパティの読み取りは信頼性が高く、現在のスレッド以外のスレッドに対してプロパティを設定する場合は信頼できます。 .NET Core では、スレッドが別のスレッドでプロパティの読み取りまたは書き込みを試みる場合 InvalidOperationException CurrentCulture 、 がスローされます。 プロパティを使用して、現在の CultureInfo.CurrentCulture カルチャを取得して設定することをお勧めします。

4 の.NET Framework、プロパティをニュートラル カルチャ CurrentCulture に設定できます。 これは、 クラスの動作が変更されたためです。ニュートラル カルチャを表す場合、そのプロパティ値 (特に、および プロパティ CultureInfo Calendar CompareInfo DateTimeFormat NumberFormat TextInfo ) には、ニュートラル カルチャに関連付けられている特定のカルチャが反映されます。 以前のバージョンの .NET Frameworkプロパティは、ニュートラル カルチャが割り当てられたときに CurrentCulture NotSupportedException 例外をスローしました。

適用対象