WaitHandle.SafeWaitHandle プロパティ

定義

ネイティブ オペレーティング システム ハンドルを取得または設定します。Gets or sets the native operating system handle.

public:
 property Microsoft::Win32::SafeHandles::SafeWaitHandle ^ SafeWaitHandle { Microsoft::Win32::SafeHandles::SafeWaitHandle ^ get(); void set(Microsoft::Win32::SafeHandles::SafeWaitHandle ^ value); };
[get: System.Security.SecurityCritical]
[set: System.Security.SecurityCritical]
public Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeWaitHandle SafeWaitHandle { get; set; }
member this.SafeWaitHandle : Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeWaitHandle with get, set
Public Property SafeWaitHandle As SafeWaitHandle

プロパティ値

ネイティブ オペレーティング システム ハンドルを表す SafeWaitHandleA SafeWaitHandle representing the native operating system handle.

属性

注釈

SafeWaitHandle プロパティに新しい値を割り当てると、前の SafeWaitHandle オブジェクトが収集されたときに、前のハンドルが閉じられます。When you assign a new value to the SafeWaitHandle property, the previous handle will be closed when the previous SafeWaitHandle object is collected. ハンドルを手動で閉じないでください。この結果、SafeWaitHandle がハンドルを閉じようとすると ObjectDisposedException が発生します。Do not manually close the handle, because this results in an ObjectDisposedException when the SafeWaitHandle attempts to close the handle.

WaitHandleDispose パターンを実装します。WaitHandle implements the Dispose pattern. Dispose メソッドの実装」を参照してください。See Implementing a Dispose method. WaitHandleから派生する場合は、SafeWaitHandle プロパティを使用して、ネイティブハンドルのオペレーティングシステムハンドルを格納します。When you derive from WaitHandle, use the SafeWaitHandle property to store your native handle operating system handle. 追加のアンマネージリソースを使用しない限り、保護された Dispose メソッドをオーバーライドする必要はありません。You do not need to override the protected Dispose method unless you use additional unmanaged resources.

セキュリティ

SecurityCriticalAttribute
直前の呼び出し元に完全信頼が必要です。Requires full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されているコードまたは透過的なコードでは使用できません。This member cannot be used by partially trusted or transparent code.

InheritanceDemand
派生型には、このメンバーを呼び出すための UnmanagedCode が必要です。Derived types must have UnmanagedCode to call this member.

適用対象