VirtualFileBase クラス

定義

VirtualFile オブジェクトおよび VirtualDirectory オブジェクトのコア実装を提供します。Provides the core implementation for the VirtualFile and VirtualDirectory objects. 抽象クラスであるため、このクラスのインスタンスは生成できません。An abstract class, it cannot be instantiated.

public ref class VirtualFileBase abstract : MarshalByRefObject
public abstract class VirtualFileBase : MarshalByRefObject
type VirtualFileBase = class
    inherit MarshalByRefObject
Public MustInherit Class VirtualFileBase
Inherits MarshalByRefObject
継承
VirtualFileBase
派生

注釈

VirtualFileBase抽象クラスは、オブジェクトとオブジェクトの間で共有される共通のメソッドとプロパティを提供し VirtualFile VirtualDirectory ます。The VirtualFileBase abstract class provides the common methods and properties shared between the VirtualFile and VirtualDirectory objects. これらのクラスの実装は、コンパイルに使用されるファイルとパスへのアクセスを ASP.NET ランタイムに提供します。Implementations of these classes provide the ASP.NET runtime with access to files and paths used for compilation. 仮想ファイルとパスの使用方法の詳細については、クラスを参照してください VirtualPathProviderFor more information on using virtual files and paths, see the VirtualPathProvider class.

注意 (実装者)

クラスから継承する場合は、 VirtualFileBase IsDirectory 派生オブジェクトが仮想ディレクトリであるか仮想ファイルであるかを示すために、プロパティをオーバーライドする必要があります。When you inherit from the VirtualFileBase class, you must override the IsDirectory property to indicate whether the derived object is a virtual directory or a virtual file. クラスまたはクラスから派生した場合 VirtualFile VirtualDirectoryIsDirectory プロパティは既に設定されています。If you derive from either the VirtualFile or the VirtualDirectory class, the IsDirectory property is already set.

コンストラクター

VirtualFileBase()

継承クラス インスタンスによって使用されるクラスを初期化します。Initializes the class for use by an inherited class instance. このコンストラクターは、継承クラスによってのみ呼び出すことができます。This constructor can be called only by an inherited class.

プロパティ

IsDirectory

派生クラスでオーバーライドされた場合、VirtualFileBase インスタンスが仮想ファイルと仮想ディレクトリのどちらを表すかを示す値を取得します。When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the VirtualFileBase instance represents a virtual file or a virtual directory.

Name

仮想リソースの表示名を取得します。Gets the display name of the virtual resource.

VirtualPath

仮想ファイルのパスを取得します。Gets the virtual file path.

メソッド

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

リースが作成されないようにすることで、VirtualFileBase インスタンスに無期限の有効期間を指定します。Gives a VirtualFileBase instance an infinite lifetime by preventing a lease from being created.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください