AuthenticationServiceManager AuthenticationServiceManager AuthenticationServiceManager AuthenticationServiceManager Class

定義

認証サービスのカスタム実装の場所を構成します。Configures the location of a custom implementation of the authentication service.

public ref class AuthenticationServiceManager
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Web.UI.EmptyStringExpandableObjectConverter))]
public class AuthenticationServiceManager
type AuthenticationServiceManager = class
Public Class AuthenticationServiceManager
継承
AuthenticationServiceManagerAuthenticationServiceManagerAuthenticationServiceManagerAuthenticationServiceManager
属性

注釈

クラスAuthenticationServiceManagerは、 ScriptManagerProxy AuthenticationService コントロールまたはコントロールのプロパティにScriptManager対応します。The AuthenticationServiceManager class corresponds to the AuthenticationService property of the ScriptManager or ScriptManagerProxy control.

認証 Web サービスは、クライアントスクリプトにログオンしてログオフするために、AJAX 対応アプリケーションによって使用されます。The authentication Web service is used by AJAX-enabled applications to log on and log off from client script. を使用AuthenticationServiceManagerすると、ASP.NET の AJAX 機能によって提供される組み込み Web サービスを使用する代わりに、認証 web サービスの代替実装のパスを指定できます。You can use AuthenticationServiceManager to provide the path of an alternative implementation of the authentication Web service instead of using the built-in Web service that is provided by the AJAX features of ASP.NET.

アプリケーションで認証サービスを使用するには、構成ファイルで認証サービスを有効にする必要があります。To use the authentication service in your application, you must enable it in the configuration file. 組み込みの認証 Web サービスを使用する場合、ページで認証サービスマネージャーを明示的に宣言する必要はありません。If you use the built-in authentication Web service, you do not have to explicitly declare the authentication service manager on the page.

独自の認証サービスを作成するには、 LoginLogoutの2つのメソッドを持つ Web サービスを実装する必要があります。To create your own authentication service, you must implement a Web service that has two methods: Login and Logout. また、これらのメソッドには、組み込みの認証 Web サービスと同じ署名が必要です。In addition, these methods require the same signature of the built-in authentication Web service.

次の例は、カスタム認証 Web サービスクラスに実装する必要がある基本クラスの構造を示しています。The following example shows the basic class structure that must be implemented in a custom authentication Web service class.

カスタム認証 Web サービスを使用するには、次の例に示すように、ページ<AuthenticationService><asp:ScriptManager>要素内に要素を含めることにより、マークアップでサービスを宣言によって追加できます。To use a custom authentication Web service, you can add the service declaratively in markup by including an <AuthenticationService> element inside the <asp:ScriptManager> element on the page, as shown in the following example.

<asp:ScriptManager ID="SM1" runat="server">  
  <AuthenticationService Path="MyAuthenticationService.asmx" />  
</asp:ScriptManager>  

プログラムを使用してPath 、カスタム認証 Web サービスを使用するようにを構成することもできます。You can also programmatically configure Path to use a custom authentication Web service.

認証サービスの宣言セクションがページ上にあるかどうかに関係なく、構成ファイルで認証サービスが有効になっている場合、AJAX 対応アプリケーションは、表示されるページに ECMAScript (JavaScript) 変数を含めます。Regardless of whether the declarative section for the authentication service is on the page, if the authentication service is enabled in the configuration file, then AJAX-enabled applications will include an ECMAScript (JavaScript) variable in the rendered page. これにより、クライアントスクリプトは、現在のユーザーが認証されているかどうかを判断できます。This allows client script to determine whether the current user is authenticated.

コンストラクター

AuthenticationServiceManager() AuthenticationServiceManager() AuthenticationServiceManager() AuthenticationServiceManager()

AuthenticationServiceManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AuthenticationServiceManager class.

プロパティ

Path Path Path Path

認証サービスのパスを取得または設定します。Gets or sets the path of the authentication service.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください