Title.MapAreaAttributes プロパティ

定義

タイトルのマップ領域属性を取得または設定します。Gets or sets the map area attributes of the title.

public:
 property System::String ^ MapAreaAttributes { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.Web.UI.PersistenceMode(System.Web.UI.PersistenceMode.Attribute)]
public string MapAreaAttributes { get; set; }
[<System.ComponentModel.Bindable(true)>]
[<System.Web.UI.PersistenceMode(System.Web.UI.PersistenceMode.Attribute)>]
member this.MapAreaAttributes : string with get, set
Public Property MapAreaAttributes As String

プロパティ値

String

タイトルのマップ領域属性を表す string 値。A string value that represents the map area attributes of the title. 既定では、長さ 0 の文字列です。The default is a zero-length string.

実装

属性

注釈

プロパティを設定すると MapAreaAttributes 、クライアント側のイメージマップが自動的に作成されます。If you set the MapAreaAttributes property, a client-side image map will automatically be created. マップ領域も作成され、 <MAP> このプロパティが設定されているグラフオブジェクトに対応するタグに属性文字列が追加されます。A map area will also be created, with its attribute string appended to the <MAP> tag that corresponds to the chart object for which this property is being set.

属性文字列全体がタグに追加されるため <MAP> 、複数の属性をスペースで区切る必要があります。Because the entire attribute string is appended to the <MAP> tag, multiple attributes should be separated with a space.

プロパティを MapAreaAttributes プロパティと組み合わせて使用して、 Url マップ領域の属性 (Target = _Blank など) やクライアント側のイベントハンドラー (OnClick = "myevent ()" など) を指定できます。The MapAreaAttributes property can be used in conjunction with the Url property to specify map area attributes, for example, Target= _Blank, as well as client-side event handlers, for example, OnClick="MyEvent()".

IsMapEnabledプロパティがに設定されている場合、このプロパティを設定しても効果はありません falseSetting this property will have no effect if the IsMapEnabled property is set to false. 既定値は true です。Its default value is true.

重要

この方法でイメージマップを作成するには、 RenderType オブジェクトのプロパティ Chart をに設定する必要があり ImageTag ます。To create an image map in this manner, the RenderType property of the Chart object must be set to ImageTag. バイナリストリーミングを使用する場合はイメージマップを作成できますが、別の手法を使用する必要があります。It is possible to create an image map when using binary streaming, but another technique must be used.

このプロパティを設定するときには、特別なキーワードを使用できます。各キーワードは、適用可能なグラフ要素の何らかの種類のデータに置き換えられます。Special keywords may be used when setting this property; each keyword will be replaced with some type of data from the applicable chart element. 使用可能なすべてのキーワードの一覧については、次の表を参照してください。Refer to the following table for a listing of all available keywords:

KeywordKeyword 置換後のものReplaced by
#VALX#VALX データ ポイントの X 値。X-value of the data point.
#VAL、#VALY、#VALY2、#VALY3...#VAL, #VALY, #VALY2, #VALY3… データポイントの Y 値。Y-values of the data point.
#SER#SER 系列名Series name.
#LABEL#LABEL データ ポイント ラベルData point label.
#INDEX#INDEX データ ポイントのインデックスData point index.
#PERCENT#PERCENT データポイントの Y 値の比率。Percentage of the data point Y-value.
#TOTAL#TOTAL 系列内のすべての Y 値の合計。Total of all Y-values in the series.
#LEGENDTEXT#LEGENDTEXT 凡例のテキスト。Legend text.

ユーザー定義の座標を持つイメージマップを作成するには、 MapAreas ルートオブジェクトのプロパティを使用し Chart ます。To create image maps that have user-defined coordinates, use the MapAreas property of the root Chart object.

適用対象