ScriptResourceAttribute クラス

定義

クライアント スクリプト ファイルから使用されるアセンブリ内のリソースを定義します。Defines a resource in an assembly to be used from a client script file. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class ScriptResourceAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly, AllowMultiple=true)]
public sealed class ScriptResourceAttribute : Attribute
type ScriptResourceAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class ScriptResourceAttribute
Inherits Attribute
継承
ScriptResourceAttribute
属性

次の例は、 ScriptResourceAttribute VerificationResources リソースファイルのリソースを使用する checkanswer という名前のスクリプトファイルの属性を示しています。The following example shows a ScriptResourceAttribute attribute for a script file named CheckAnswer.js that uses resources from the VerificationResources resource files. この名前Answerは、これらのリソースを参照するために使用されます。The name Answer is used to reference these resources.

[assembly: System.Web.UI.WebResource("LocalizingScriptResources.CheckAnswer.js", "application/x-javascript")]
[assembly: System.Web.UI.ScriptResource("LocalizingScriptResources.CheckAnswer.js", "LocalizingScriptResources.VerificationResources", "Answer")]
<Assembly: System.Web.UI.WebResource("LocalizingScriptResources.CheckAnswer.js", "application/x-javascript")> 
<Assembly: System.Web.UI.ScriptResource("LocalizingScriptResources.CheckAnswer.js", "LocalizingScriptResources.VerificationResources", "Answer")> 

次の例は、クライアントスクリプトでリソースを使用する方法を示しています。The following example shows how to use the resources in client script. リソースキー (CorrectIncorrect) には、値Answerを含むスクリプトリソース定義を識別するためのプレフィックスが付きます。The resource keys (Correct and Incorrect) are prefixed with Answer to identify the script resource definition that contains the values.

function CheckAnswer()
{
    var firstInt = $get('firstNumber').innerText;
    var secondInt = $get('secondNumber').innerText;
    var userAnswer = $get('userAnswer');
    
    if ((Number.parseLocale(firstInt) + Number.parseLocale(secondInt)) == userAnswer.value)
    {
        alert(Answer.Correct);
        return true;
    }
    else
    {
        alert(Answer.Incorrect);
        return false;
    }
}

注釈

クラスScriptResourceAttributeは、アセンブリ宣言で使用する場合にのみ有効です。The ScriptResourceAttribute class is valid only when you use it in assembly declarations. これを使用して、アセンブリ内の指定された埋め込みスクリプトリソースを有効にします。You use it to enable a specified embedded script resource in an assembly. 埋め込みスクリプトライブラリの名前、スクリプトライブラリのリソースファイルの名前、およびリソース値を取得するためのスクリプトファイルで使用される名前を定義できます。You can define the name of the embedded script library, the name of the resource file for the script library, and the name that is used in a script file for retrieving the resource values. クラスScriptManagerは、のScriptResourceAttributeプロパティを使用して、スクリプトライブラリの正しいリソース名を決定します。The ScriptManager class uses the properties in ScriptResourceAttribute to determine the correct resource name for a script library. リソースを指定するために、プロパティがリソースキーと共に使用されます。TypeNameThe TypeName property is used with a resource key to specify a resource.

注意

クラスScriptResourceAttributeは、JavaScript ファイルのテキストベースのリソースを識別するためにのみ使用できます。The ScriptResourceAttribute class can be used only to identify text-based resources for JavaScript files. ローカライズされたイメージ (バイナリ) ファイルを特定のカルチャに関連付けるには、その URL だけをローカライズされたリソースとして格納し、スクリプトで解決して読み込むようにすることを検討してください。To associate a localized image (binary) file with a particular culture, consider storing only its URL as a localized resource, which then be resolved and loaded in script.

コンストラクター

ScriptResourceAttribute(String)

ScriptResourceAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ScriptResourceAttribute class.

ScriptResourceAttribute(String, String, String)

ScriptResourceAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ScriptResourceAttribute class.

プロパティ

ScriptName

スクリプト ライブラリの名前を取得します。Gets the name of the script library.

ScriptResourceName

スクリプト ライブラリのリソース ファイルの名前を取得します。Gets the name of the resource file for the script library.

StringResourceClientTypeName

リソース ファイル内の値に使用するために作成するクライアント型の名前を取得します。Gets the name of the client type to create for the values in the resource file.

StringResourceName

スクリプト ライブラリのリソース ファイルの名前を取得します。Gets the name of the resource file for the script library.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)
TypeName

リソース ファイル内の値を取得するときに使用される名前を取得します。Gets the name that is used when retrieving the values in the resource file.

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象