DetailsView.AllowPaging プロパティ

定義

ページング機能が有効かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the paging feature is enabled.

public:
 virtual property bool AllowPaging { bool get(); void set(bool value); };
public virtual bool AllowPaging { get; set; }
member this.AllowPaging : bool with get, set
Public Overridable Property AllowPaging As Boolean

プロパティ値

ページング機能を有効にする場合は true。それ以外の場合は falsetrue to enable the paging feature; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

次のコード例は、 AllowPagingプロパティを使用してDetailsViewコントロールのページング機能を有効にする方法を示しています。The following code example demonstrates how to use the AllowPaging property to enable the paging capabilities of the DetailsView control.

<%@ Page language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>DetailsView AllowPaging Example</title>
</head>
<body>
    <form id="Form1" runat="server">
        
      <h3>DetailsView AllowPaging Example</h3>
                
        <asp:detailsview id="StoresDetailView"
          datasourceid="Customers"
          autogeneraterows="true" 
          allowpaging="true"
          runat="server">
               
          <headerstyle backcolor="Navy"
            forecolor="White"/>
            
          <pagersettings mode="NextPreviousFirstLast"
            firstpagetext="First"
            lastpagetext="Last"
            nextpagetext="Next"
            previouspagetext="Prev"/>
            
          <pagerstyle forecolor="White"
            backcolor="Blue"
            font-names="Arial"
            font-size="8" />   
        </asp:detailsview>
            
        <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects -->
        <!-- to the Northwind sample database. -->           
        <asp:SqlDataSource ID="Customers" runat="server" 
          ConnectionString=
            "<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
          SelectCommand="SELECT [CompanyName], [ContactName], 
             [CustomerID] FROM [Customers]">
        </asp:SqlDataSource>
            
      </form>
  </body>
</html>
<%@ Page language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>DetailsView AllowPaging Example</title>
</head>
<body>
    <form id="Form1" runat="server">
        
      <h3>DetailsView AllowPaging Example</h3>
                
        <asp:detailsview id="StoresDetailView"
          datasourceid="Customers"
          autogeneraterows="true" 
          allowpaging="true"
          runat="server">
               
          <headerstyle backcolor="Navy"
            forecolor="White"/>
            
          <pagersettings mode="NextPreviousFirstLast"
            firstpagetext="First"
            lastpagetext="Last"
            nextpagetext="Next"
            previouspagetext="Prev"/>
            
          <pagerstyle forecolor="White"
            backcolor="Blue"
            font-names="Arial"
            font-size="8" />   
        </asp:detailsview>
            
        <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects -->
        <!-- to the Northwind sample database. -->           
        <asp:SqlDataSource ID="Customers" runat="server" 
          ConnectionString=
            "<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
          SelectCommand="SELECT [CompanyName], [ContactName], 
             [CustomerID] FROM [Customers]">
        </asp:SqlDataSource>
            
      </form>
  </body>
</html>

注釈

コントロールDetailsViewには、ユーザーがデータソース内の別のレコードに移動できるようにするためのページング機能が組み込まれています。The DetailsView control has built-in paging capabilities, which allow a user to navigate to a different record in the data source.

コントロールDetailsViewは、ユーザーインターフェイス (UI) とデータソースのページングの両方を実行できます。The DetailsView control can perform both user interface (UI) and data source paging. UI ページング機能は、 System.Collections.ICollectionインターフェイスをサポートする任意のデータソースオブジェクトで使用できます。The UI paging feature can be used with any data source object that supports the System.Collections.ICollection interface. 各ページング操作についてDetailsView 、コントロールはデータコレクション全体のデータソースに対してクエリを実行し、表示する行を選択して、実質的に残りのデータを破棄します。For each paging operation, the DetailsView control queries the data source for the entire data collection and selects the row to display, essentially discarding the remaining data.

データソースがを実装DataSourceViewし、 CanPageプロパティがtrueを返すDetailsView場合、コントロールは UI ページングではなく、データソースのページングを使用します。If a data source implements DataSourceView and the CanPage property returns true, the DetailsView control will use data source paging instead of UI paging. この場合、コントロールはDetailsView 、各ページング操作に必要な行だけを照会します。In this case, the DetailsView control will query for only the row needed for each paging operation. したがって、データソースのページングは UI ページングよりも効率的です。Thus, data source paging is more efficient than UI paging. 変更せObjectDataSourceViewずにデータソースのページングをサポートしているのは、オブジェクトだけです。Only the ObjectDataSourceView object supports data source paging without modification.

ページング機能を有効にするにはAllowPaging 、プロパティtrueをに設定します。To enable the paging feature, set the AllowPaging property to true. PageCountプロパティを使用すると、基になるデータソース内の項目の合計数を確認できます。You can determine the total number of items in the underlying data source by using the PageCount property. 現在表示されている項目のインデックスを確認するPageIndexには、プロパティを使用します。To determine the index of the currently displayed item, use the PageIndex property.

ページングを有効にすると、ページャー行と呼ばれる追加の行がDetailsViewコントロールに自動的に表示されます。When paging is enabled, an additional row called the pager row is automatically displayed in the DetailsView control. ページャー行にはページナビゲーションコントロールが含まれており、コントロールの上部、下部、またはその両方に表示できます。The pager row contains the page navigation controls and can be displayed at the top, bottom, or both the top and bottom of the control. ポケットベルの行には、番号付きページと次のページリンク (既定) の2つのページャー表示モードが組み込まれています。The pager row has two built-in pager display modes: numbered pages and next and previous page links (default). 番号付きページモードでは、個々のページへのリンクが表示され、ユーザーは特定のページに移動できます。The numbered pages mode displays links for the individual pages, allowing the user to navigate to a specific page. 次のリンクモードと前のリンクモードでは、ユーザーが次のページまたは前のページに移動できるようにするコントロールが表示されます。The next and previous links mode displays controls that allow the user to navigate to the next or the previous page.

注意

データDetailsViewソースに含まれるレコードが2つ未満の場合、コントロールは自動的にポケットベルの行を非表示にします。The DetailsView control automatically hides the pager row when the data source contains fewer than two records.

PagerSettingsプロパティを使用して、ページャーの表示モード、一度に表示するページリンクの数、およびページャーコントロールのテキストラベルなど、ページャーの行の設定を制御できます。You can control the settings of the pager row (such as the pager display mode, the number of page links to display at a time, and the pager control's text label) by using the PagerSettings property. ページャー行の外観 (背景色、フォントの色、位置など) を制御するには、 PagerStyleプロパティを使用します。To control the appearance of the pager row (including its background color, font color, and position), use the PagerStyle property. コントロールDetailsViewでは、ページャー行のカスタムテンプレートを定義することもできます。The DetailsView control also allows you to define a custom template for the pager row. カスタムのページャー行テンプレートの作成の詳細についてPagerTemplateは、「」を参照してください。For more information on creating a custom pager row template, see PagerTemplate.

コントロールDetailsViewには、ページングが発生したときにカスタムアクションを実行するために使用できるいくつかのイベントが用意されています。The DetailsView control provides several events that you can use to perform a custom action when paging occurs. 次の表に、使用可能なイベントを示します。The following table lists the available events.

eventEvent 説明Description
PageIndexChanged ページャー ボタンの 1 つがクリックされた場合に、DetailsView コントロールがページング操作を処理した後に発生します。Occurs when one of the pager buttons is clicked, but after the DetailsView control handles the paging operation. このイベントは、ユーザーがコントロール内の別のレコードに移動した後にタスクを実行する必要がある場合によく使用されます。This event is commonly used when you need to perform a task after the user navigates to a different record in the control.
PageIndexChanging ページャー ボタンの 1 つがクリックされた場合に、DetailsView コントロールがページング操作を処理する前に発生します。Occurs when one of the pager buttons is clicked, but before the DetailsView control handles the paging operation. このイベントは、ページング操作をキャンセルするためによく使用されます。This event is often used to cancel the paging operation.

AllowPaging値は、ビューステートに格納されます。The value of AllowPaging is stored in view state.

適用対象

こちらもご覧ください