HotSpot HotSpot HotSpot HotSpot Class

定義

すべてのホット スポット形状に共通の基本機能を実装します。Implements the basic functionality common to all hot spot shapes.

public ref class HotSpot abstract : System::Web::UI::IStateManager
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.ExpandableObjectConverter))]
public abstract class HotSpot : System.Web.UI.IStateManager
type HotSpot = class
    interface IStateManager
Public MustInherit Class HotSpot
Implements IStateManager
継承
HotSpotHotSpotHotSpotHotSpot
派生
属性
実装

注釈

抽象HotSpotクラスのインスタンスを直接作成することはできません。You cannot directly create instances of the abstract HotSpot class. 代わりに、このクラスはCircleHotSpot、、 RectangleHotSpot、およびPolygonHotSpotの各クラスによって継承され、ホットスポットに共通の基本機能を提供します。Instead, this class is inherited by the CircleHotSpot, RectangleHotSpot, and PolygonHotSpot classes to provide the common basic functionality for a hot spot. 定義した一意のHotSpot図形を表すカスタムホットスポットクラスを作成するには、クラスから派生する必要があります。You must derive from the HotSpot class to create a custom hot spot class that represents a unique shape that you define. ただし、ほとんどの図形は、 CircleHotSpot RectangleHotSpot、、およびPolygonHotSpotの各クラスを使用して定義できます。However, you can define most shapes using the CircleHotSpot, RectangleHotSpot, and PolygonHotSpot classes.

コントロールのをHotSpotクリックすると、ページは URL に移動するか、サーバーへのポストバックを生成するか、何も実行しません。 ImageMapWhen a HotSpot in an ImageMap control is clicked, the page either navigates to a URL, generates a postback to the server, or does nothing. プロパティHotSpotModeは、この動作を指定します。The HotSpotMode property specifies this behavior. URL に移動するには、 HotSpotModeプロパティをにHotSpotMode.Navigate設定します。To navigate to a URL, set the HotSpotMode property to HotSpotMode.Navigate. 移動先NavigateUrlの URL を指定するには、プロパティを使用します。Use the NavigateUrl property to specify the URL to navigate to. サーバーにポストバックするには、 HotSpotModeプロパティをにHotSpotMode.PostBack設定します。To post back to the server, set the HotSpotMode property to HotSpotMode.PostBack. オブジェクトの名前を指定するには、 PostBackValueプロパティを使用します。 HotSpotUse the PostBackValue property to specify a name for the HotSpot object. この名前は、 ImageMapEventArgs HotSpotオブジェクトがクリックされたときにイベントデータに渡されます。This name will be passed in the ImageMapEventArgs event data when the HotSpot object is clicked. オブジェクトのHotSpot動作を設定しない場合は、 HotSpotModeプロパティをにHotSpotMode.Inactive設定します。If you want the HotSpot object to have no behavior set the HotSpotMode property to HotSpotMode.Inactive.

または、格納HotSpotMode ImageMapしているコントロールのプロパティを使用してHotSpot 、オブジェクトの動作を指定することもできます。Alternately, you can use the HotSpotMode property on the containing ImageMap control to specify a HotSpot object's behavior. 詳細については、「HotSpotMode」を参照してください。For more information, see HotSpotMode.

注意 (継承者)

HotSpot から継承する場合は、GetCoordinates() メンバーと MarkupName メンバーをオーバーライドする必要があります。When you inherit from HotSpot, you must override the following members: GetCoordinates() and MarkupName.

コンストラクター

HotSpot() HotSpot() HotSpot() HotSpot()

HotSpot クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the HotSpot class.

プロパティ

AccessKey AccessKey AccessKey AccessKey

HotSpot 領域にすばやく移動できるアクセス キーを取得または設定します。Gets or sets the access key that allows you to quickly navigate to the HotSpot region.

AlternateText AlternateText AlternateText AlternateText

イメージを使用できない場合や、イメージをサポートしないブラウザーにイメージが表示される場合に、HotSpot コントロールの ImageMap オブジェクトに表示する代替テキストを取得または設定します。Gets or sets the alternate text to display for a HotSpot object in an ImageMap control when the image is unavailable or renders to a browser that does not support images.

HotSpotMode HotSpotMode HotSpotMode HotSpotMode

HotSpot がクリックされたときの、ImageMap コントロールの HotSpot オブジェクトの動作を取得または設定します。Gets or sets the behavior of a HotSpot object in an ImageMap control when the HotSpot is clicked.

IsTrackingViewState IsTrackingViewState IsTrackingViewState IsTrackingViewState

HotSpot オブジェクトがビューステートの変更を追跡しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the HotSpot object is tracking its view-state changes.

MarkupName MarkupName MarkupName MarkupName

派生クラスでオーバーライドされると、HotSpot オブジェクトの形状の文字列形式を取得します。When overridden in a derived class, gets the string representation for the HotSpot object's shape.

NavigateUrl NavigateUrl NavigateUrl NavigateUrl

HotSpot オブジェクトがクリックされたときの移動先 URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to navigate to when a HotSpot object is clicked.

PostBackValue PostBackValue PostBackValue PostBackValue

HotSpot がクリックされたときにイベント データに渡される HotSpot オブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the HotSpot object to pass in the event data when the HotSpot is clicked.

TabIndex TabIndex TabIndex TabIndex

HotSpot 領域のタブ インデックスを取得または設定します。Gets or sets the tab index of the HotSpot region.

Target Target Target Target

URL に移動する HotSpot オブジェクトがクリックされたときに、リンク先 Web ページの内容を表示するウィンドウまたはフレームを取得または設定します。Gets or sets the target window or frame in which to display the Web page content linked to when a HotSpot object that navigates to a URL is clicked.

ViewState ViewState ViewState ViewState

同一のページに対する複数の要求にわたって、HotSpot オブジェクトのビューステートを保存し、復元できるようにする状態情報のディクショナリを取得します。Gets a dictionary of state information that allows you to save and restore the view state of a HotSpot object across multiple requests for the same page.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetCoordinates() GetCoordinates() GetCoordinates() GetCoordinates()

派生クラスでオーバーライドされると、HotSpot 領域の座標を表す文字列を返します。When overridden in a derived class, returns a string that represents the coordinates of the HotSpot region.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
LoadViewState(Object) LoadViewState(Object) LoadViewState(Object) LoadViewState(Object)

HotSpot オブジェクトが前回保存したビューステートをオブジェクトに復元します。Restores the HotSpot object's previously saved view state to the object.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
SaveViewState() SaveViewState() SaveViewState() SaveViewState()

ページがサーバーにポスト バックされた時間以降に発生した、HotSpot オブジェクトのビューステートへの変更を保存します。Saves the changes to the HotSpot object's view state since the time the page was posted back to the server.

ToString() ToString() ToString() ToString()

String オブジェクトのこのインスタンスの HotSpot 表現を返します。Returns the String representation of this instance of a HotSpot object.

TrackViewState() TrackViewState() TrackViewState() TrackViewState()

ビューステートの変更を HotSpot オブジェクトに追跡させ、変更をオブジェクトの StateBag オブジェクトに格納できるようにします。Causes the HotSpot object to track changes to its view state so they can be stored in the object's StateBag object. このオブジェクトは、ViewState プロパティによってアクセスできます。This object is accessible through the ViewState property.

明示的なインターフェイスの実装

IStateManager.IsTrackingViewState IStateManager.IsTrackingViewState IStateManager.IsTrackingViewState IStateManager.IsTrackingViewState

HotSpot オブジェクトがビューステートの変更を追跡しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the HotSpot object is tracking its view-state changes.

IStateManager.LoadViewState(Object) IStateManager.LoadViewState(Object) IStateManager.LoadViewState(Object) IStateManager.LoadViewState(Object)

HotSpot オブジェクトが前回保存したビューステートをオブジェクトに復元します。Restores the HotSpot object's previously saved view state to the object.

IStateManager.SaveViewState() IStateManager.SaveViewState() IStateManager.SaveViewState() IStateManager.SaveViewState()

ページが最後にサーバーにポスト バックされた時間以降に発生した、HotSpot オブジェクトのビューステートへの変更を保存します。Saves the changes to the HotSpot object's view state since the last time the page was posted back to the server.

IStateManager.TrackViewState() IStateManager.TrackViewState() IStateManager.TrackViewState() IStateManager.TrackViewState()

ビューステートへの変更を追跡するように HotSpot 領域に指示します。Instructs the HotSpot region to track changes to its view state.

適用対象

こちらもご覧ください