TableCell.Text TableCell.Text TableCell.Text TableCell.Text Property

定義

セルのテキストの内容を取得または設定します。Gets or sets the text contents of the cell.

public:
 virtual property System::String ^ Text { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.Web.UI.PersistenceMode(System.Web.UI.PersistenceMode.InnerDefaultProperty)]
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
public virtual string Text { get; set; }
member this.Text : string with get, set
Public Overridable Property Text As String

プロパティ値

セルのテキストの内容。The text contents of the cell. 既定値は Empty です。The default value is Empty.

次のコード例は、 TableCellコントロールの新しいインスタンスをプログラムで作成する方法を示しています。The following code example demonstrates how to create a new instance of a TableCell control programmatically. 特に、 Textプロパティを使用してTableCellコントロールの内容を設定する方法に注意してください。In particular, note how the Text property is used for setting the contents of the TableCell control.

このコード例は、 TableCellクラスに対して提供される大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the TableCell class.

// Create more rows for the table.
for (int rowNum = 2; rowNum < 10; rowNum++)
{
    TableRow tempRow = new TableRow();
    for (int cellNum = 0; cellNum < 3; cellNum++)
    {
        TableCell tempCell = new TableCell();
        tempCell.Text = 
            String.Format("({0},{1})", rowNum, cellNum);
        tempRow.Cells.Add(tempCell);
    }
    Table1.Rows.Add(tempRow);
}
' Create more rows for the table.
Dim rowNum As Integer
For rowNum = 2 To 9
    Dim tempRow As New TableRow()
    Dim cellNum As Integer
    For cellNum = 0 To 2
        Dim tempCell As New TableCell()
        tempCell.Text = _
            String.Format("({0},{1})", rowNum, cellNum)
        tempRow.Cells.Add(tempCell)
    Next
    Table1.Rows.Add(tempRow)
Next

注釈

セルのTextテキストコンテンツを指定または確認するには、プロパティを使用します。Use the Text property to specify or determine the text contents of the cell. このプロパティは、通常、セルの内容をプログラムによって更新するために使用されます。This property is commonly used to programmatically update the contents of a cell.

注意

プロパティをText設定すると、 TableCellに含まれる他のすべてのコントロールがクリアされます。Setting the Text property will clear any other controls contained in the TableCell.

注意事項

コントロールTextを使用して、悪意のあるクライアントスクリプトを含む可能性のあるユーザー入力を表示できます。The Text control can be used to display user input, which might include malicious client script. アプリケーションに表示する前に、実行可能スクリプト、SQL ステートメント、またはその他のコードに対してクライアントから送信された情報を確認してください。Check any information that is sent from a client for executable script, SQL statements, or other code before displaying it in your application. ASP.NET には、ユーザー入力でスクリプトと HTML をブロックする入力要求の検証機能が用意されています。ASP.NET provides an input request validation feature to block script and HTML in user input. 検証サーバーコントロールは、ユーザーの入力を評価するためにも用意されています。Validation server controls are also provided to assess user input. 詳細については、「標準コントロールのセキュリティ保護」を参照してください。文字列に HTML エンコーディングを適用し、 ASP.NET Web ページでユーザー入力を検証することにより、Web アプリケーションのスクリプト攻略を防止します。For more information, see Securing Standard Controls, How to: Protect Against Script Exploits in a Web Application by Applying HTML Encoding to Strings, and Validating User Input in ASP.NET Web Pages.

このプロパティの値は、設定されると、デザイナーツールを使用してリソースファイルに自動的に保存できます。The value of this property, when set, can be saved automatically to a resource file by using a designer tool. 詳細についてはLocalizableAttribute 、「」および「グローバリゼーションとローカリゼーション」を参照してください。For more information, see LocalizableAttribute and Globalization and Localization.

適用対象

こちらもご覧ください