Application.LoadComponent メソッド

定義

指定した Uniform Resource Identifier (URI) にある XAMLXAML ファイルを読み込みます。Loads a XAMLXAML file that is located at the specified uniform resource identifier (URI).

オーバーロード

LoadComponent(Uri)

指定した Uniform Resource Identifier (URI) にある XAMLXAML ファイルを読み込んで、XAMLXAML ファイルのルート要素で指定したオブジェクトのインスタンスに変換します。Loads a XAMLXAML file that is located at the specified uniform resource identifier (URI), and converts it to an instance of the object that is specified by the root element of the XAMLXAML file.

LoadComponent(Object, Uri)

指定した Uniform Resource Identifier (URI) にある XAMLXAML ファイルを読み込んで、XAMLXAML ファイルのルート要素で指定したオブジェクトのインスタンスに変換します。Loads a XAMLXAML file that is located at the specified uniform resource identifier (URI) and converts it to an instance of the object that is specified by the root element of the XAMLXAML file.

注釈

XAMLXAML ファイルには、アプリケーションコードファイル (Microsoft Build Engine (MSBuild)Microsoft build engine (MSBuild) ページ項目として構成されている)、またはアプリケーションデータファイル (リソースファイル、コンテンツファイル、またはサイトの起点ファイル) を指定できます。「 WPF アプリケーションリソース、コンテンツ、およびデータファイル」を参照してください。The XAMLXAML file can be an application code file (configured as an Microsoft Build Engine (MSBuild)Microsoft build engine (MSBuild) Page item) or an application data file (a resource file, content file, or site-of-origin file; see WPF Application Resource, Content, and Data Files).

注意

このメソッドはスレッドセーフではありません。This method is not thread-safe.

LoadComponent(Uri)

指定した Uniform Resource Identifier (URI) にある XAMLXAML ファイルを読み込んで、XAMLXAML ファイルのルート要素で指定したオブジェクトのインスタンスに変換します。Loads a XAMLXAML file that is located at the specified uniform resource identifier (URI), and converts it to an instance of the object that is specified by the root element of the XAMLXAML file.

public:
 static System::Object ^ LoadComponent(Uri ^ resourceLocator);
public static object LoadComponent (Uri resourceLocator);
static member LoadComponent : Uri -> obj
Public Shared Function LoadComponent (resourceLocator As Uri) As Object

パラメーター

resourceLocator
Uri

相対 XAMLXAML ファイルにマップする UriA Uri that maps to a relative XAMLXAML file.

戻り値

読み込まれた XAML ファイルに指定されているルート要素のインスタンス。An instance of the root element specified by the XAML file loaded.

例外

resourceLocator が null です。resourceLocator is null.

resourceLocator が絶対 URI です。The resourceLocator is an absolute URI.

ファイルが XAMLXAML ファイルではありません。The file is not a XAMLXAML file.

注釈

戻り値は、XAMLXAML ファイルのルート要素と同じ型に明示的に変換する必要があります。You must explicitly convert the return value to the same type as the root element of the XAMLXAML file.

XAMLXAML ファイルには、アプリケーションコードファイル (Microsoft Build Engine (MSBuild)Microsoft build engine (MSBuild) ページ項目として構成されている)、またはアプリケーションデータファイル (リソースファイル、コンテンツファイル、またはサイトの起点ファイル) を指定できます。「 WPF アプリケーションリソース、コンテンツ、およびデータファイル」を参照してください。The XAMLXAML file can be an application code file (configured as an Microsoft Build Engine (MSBuild)Microsoft build engine (MSBuild) Page item) or an application data file (a resource file, content file, or site-of-origin file; see WPF Application Resource, Content, and Data Files).

注意

このメソッドはスレッドセーフではありません。This method is not thread-safe.

こちらもご覧ください

LoadComponent(Object, Uri)

指定した Uniform Resource Identifier (URI) にある XAMLXAML ファイルを読み込んで、XAMLXAML ファイルのルート要素で指定したオブジェクトのインスタンスに変換します。Loads a XAMLXAML file that is located at the specified uniform resource identifier (URI) and converts it to an instance of the object that is specified by the root element of the XAMLXAML file.

public:
 static void LoadComponent(System::Object ^ component, Uri ^ resourceLocator);
[System.Security.SecurityCritical]
public static void LoadComponent (object component, Uri resourceLocator);
static member LoadComponent : obj * Uri -> unit
Public Shared Sub LoadComponent (component As Object, resourceLocator As Uri)

パラメーター

component
Object

XAMLXAML ファイルのルート要素と同じ型のオブジェクト。An object of the same type as the root element of the XAMLXAML file.

resourceLocator
Uri

相対 XAMLXAML ファイルにマップする UriA Uri that maps to a relative XAMLXAML file.

属性

例外

resourceLocator が null です。resourceLocator is null.

resourceLocator が絶対 URI です。The resourceLocator is an absolute URI.

component は、XAMLXAML ファイルのルート要素に一致しない型です。component is of a type that does not match the root element of the XAMLXAML file.

注釈

XAMLXAML ファイルには、アプリケーションコードファイル (Microsoft Build Engine (MSBuild)Microsoft build engine (MSBuild) ページ項目として構成されている)、またはアプリケーションデータファイル (リソースファイル、コンテンツファイル、またはサイトの起点ファイル) を指定できます。「 WPF アプリケーションリソース、コンテンツ、およびデータファイル」を参照してください。The XAMLXAML file can be an application code file (configured as an Microsoft Build Engine (MSBuild)Microsoft build engine (MSBuild) Page item) or an application data file (a resource file, content file, or site-of-origin file; see WPF Application Resource, Content, and Data Files).

注意

このメソッドはスレッドセーフではありません。This method is not thread-safe.

こちらもご覧ください

適用対象