SelectionItemPattern クラス

定義

SelectionPattern をサポートするコンテナー コントロールの選択可能な子項目を表します。Represents selectable child items of container controls that support SelectionPattern.

public ref class SelectionItemPattern : System::Windows::Automation::BasePattern
public class SelectionItemPattern : System.Windows.Automation.BasePattern
type SelectionItemPattern = class
    inherit BasePattern
Public Class SelectionItemPattern
Inherits BasePattern
継承
SelectionItemPattern

注釈

このコントロールパターンを実装できるコントロールの例については、「 UI オートメーションクライアントのコントロールパターンマッピング」を参照してください。See Control Pattern Mapping for UI Automation Clients for examples of controls that can implement this control pattern.

フィールド

ElementAddedToSelectionEvent

選択した項目のコレクションに項目が追加されるときに発生するイベントを識別します。Identifies the event raised when an item is added to a collection of selected items.

ElementRemovedFromSelectionEvent

選択した項目のコレクションから項目が削除されるときに発生するイベントを識別します。Identifies the event raised when an item is removed from a collection of selected items.

ElementSelectedEvent

Select()AddToSelection()RemoveFromSelection() のいずれかを呼び出した結果として 1 つの項目が選択された状態になったときに発生するイベントを識別します。Identifies the event that is raised when a call to any of Select(), AddToSelection(), or RemoveFromSelection() results in a single item being selected.

IsSelectedProperty

IsSelected プロパティを識別します。Identifies the IsSelected property.

Pattern

SelectionItemPattern コントロール パターンを識別します。Identifies the SelectionItemPattern control pattern.

SelectionContainerProperty

SelectionContainer プロパティを識別します。Identifies the SelectionContainer property.

プロパティ

Cached

この SelectionItemPattern のキャッシュされたプロパティ値を取得します。Gets the cached property values for this SelectionItemPattern.

Current

この SelectionItemPattern の現在のプロパティ値を取得します。Gets the current property values for this SelectionItemPattern.

メソッド

AddToSelection()

選択した項目のコレクションに現在の要素を追加します。Adds the current element to the collection of selected items.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
RemoveFromSelection()

選択した項目のコレクションから現在の要素を削除します。Removes the current element from the collection of selected items.

Select()

選択したアイテムの選択を解除し、現在の要素を選択します。Deselects any selected items and then selects the current element.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください