ContentElement.AllowDrop ContentElement.AllowDrop ContentElement.AllowDrop ContentElement.AllowDrop Property

定義

この要素をドラッグ アンド ドロップ操作の対象として使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether this element can be used as the target of a drag-and-drop operation.

public:
 property bool AllowDrop { bool get(); void set(bool value); };
public bool AllowDrop { get; set; }
member this.AllowDrop : bool with get, set
Public Property AllowDrop As Boolean

プロパティ値

この要素をドラッグアンドドロップ操作の対象として使用できる場合は true。それ以外の場合は falsetrue if this element can be used as the target of a drag-and-drop operation; otherwise, false. 既定値は false です。The default value is false.

次の例のセットAllowDropXAMLXAMLします。The following example sets AllowDrop in XAMLXAML.

<Paragraph Name="focusableP" Style="{StaticResource FocusableParagraph}"  AllowDrop="True" Drop="dropHandler">
  Drop something here...
  <Hyperlink Name="h1" Click="MakeSpecialLink">Follow me!</Hyperlink>
</Paragraph>

注釈

ドラッグ アンド ドロップ操作が既定では、有効でないと、設定した意図的に有効にする必要がありますAllowDroptrueします。Drag-and-drop operations are not enabled by default, and must be enabled deliberately by setting AllowDrop to true. この基本の設定を超えたドラッグ アンド ドロップの動作は完全に特定の実装とによって定義されていないContentElementまたはその他の基本要素クラス。Beyond this basic setting, drag-and-drop behavior is entirely implementation specific and is not defined by ContentElement or any other base element class. たとえば、特定のコントロールRichTextBox、既定の動作は必要はContentElement派生クラスでこのような動作があります。Certain controls, for example, RichTextBox, do have a default behavior, but no ContentElement derived classes have such a behavior. ドラッグ アンド ドロップの詳細については、次を参照してください。ドラッグ アンド ドロップの概要します。For more information on drag and drop, see Drag and Drop Overview.

FrameworkContentElement その実装では、この依存関係プロパティのメタデータをオーバーライドします。FrameworkContentElement overrides the metadata for this dependency property in its implementation. 具体的には、FrameworkContentElementこのプロパティがプロパティ値の継承を使用することを指定 (Inheritstrueメタデータ内)。Specifically, FrameworkContentElement designates that this property allows property value inheritance (Inherits is true in metadata). その他の値のない子要素がある場合にプロパティ値の継承をこのコンテキストで意味AllowDropローカル値または最も近い親要素の値が割り当てられます (ここでも、いずれかの既定のスタイルでこの値、スタイルを使用して割り当てる値、またはローカル値)、その親要素から値がプロパティ システムによってすべての未使用の子要素に対する割り当てられます。Property value inheritance in this context means that if there are child elements with no other value for AllowDrop assigned through local values or styles, the value of the nearest parent element with this value assigned (again, either in styles, by default values, or a local value), then the value from that parent element is assigned to all unassigned child elements by the property system. つまり、ルート要素でドロップ操作を許可し、すべてに値を反映するかどうかを指定できますFrameworkContentElementが具体的には割り当てられていない値の子要素falseします。This means that you can specify whether to allow drop operations at the root element and then propagate the value to all FrameworkContentElement child elements that have not specifically assigned it a value of false.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドです。Identifier field AllowDropProperty
メタデータのプロパティを設定するには trueMetadata properties set to true なしNone

適用対象