ContentElement.DragLeave イベント

定義

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。Occurs when the input system reports an underlying drag event with this element as the drag origin.

public:
 event System::Windows::DragEventHandler ^ DragLeave;
public event System.Windows.DragEventHandler DragLeave;
member this.DragLeave : System.Windows.DragEventHandler 
Public Custom Event DragLeave As DragEventHandler 

注釈

このイベントは、このクラスの DragDrop.DragLeave 添付イベントのエイリアスを作成し、ContentElement が基本要素として継承されている場合に ContentElement.DragLeave がクラスメンバーリストに含まれるようにします。This event creates an alias for the DragDrop.DragLeave attached event for this class so that ContentElement.DragLeave is part of the class members list when ContentElement is inherited as a base element. DragLeave イベントにアタッチされるイベントハンドラーは、基になる DragDrop.DragLeave アタッチされるイベントにアタッチされ、同じイベントデータインスタンスを受け取ります。Event handlers that are attached to the DragLeave event are attached to the underlying DragDrop.DragLeave attached event and receive the same event data instance.

ルーティングされたイベント情報Routed Event Information

識別子フィールドIdentifier field DragLeaveEvent
ルーティング方法Routing strategy バブリングBubbling
DelegateDelegate DragEventHandler
  • 対応するトンネリングイベントが PreviewDragLeave です。The corresponding tunneling event is PreviewDragLeave.

  • 派生クラスでこのイベントのクラス処理を実装するには、OnDragLeave をオーバーライドします。Override OnDragLeave to implement class handling for this event in derived classes.

適用対象

こちらもご覧ください