DataGrid.LoadingRow イベント

定義

DataGridRow がインスタンス化された後で発生します。使用する前にカスタマイズできます。Occurs after a DataGridRow is instantiated, so that you can customize it before it is used.

public:
 event EventHandler<System::Windows::Controls::DataGridRowEventArgs ^> ^ LoadingRow;
public event EventHandler<System.Windows.Controls.DataGridRowEventArgs> LoadingRow;
member this.LoadingRow : EventHandler<System.Windows.Controls.DataGridRowEventArgs> 
Public Event LoadingRow As EventHandler(Of DataGridRowEventArgs) 

注釈

パフォーマンスを向上させるEnableRowVirtualizationために、プロパティtrueは既定でに設定されています。To improve performance, the EnableRowVirtualization property is set to true by default. プロパティがにtrue設定されているDataGrid場合、は、 DataGridRowバインドされたデータソース内の各データ項目のオブジェクトをインスタンス化しません。 EnableRowVirtualizationWhen the EnableRowVirtualization property is set to true, the DataGrid does not instantiate a DataGridRow object for each data item in the bound data source. 代わりに、はDataGrid必要DataGridRowなときにのみオブジェクトを作成し、できるだけ多くのオブジェクトを再利用します。Instead, the DataGrid creates DataGridRow objects only when they are needed, and reuses them as much as it can. たとえば、はDataGrid 、現在表示DataGridRowされているデータ項目ごとにオブジェクトを作成し、その行がビューの外にスクロールしたときにその行をリサイクルします。For example, the DataGrid creates a DataGridRow object for each data item that is currently in view and recycles the row when it scrolls out of view.

このイベントを使用すると、行を使用する前に必要な変更を行うことができます。This event enables you to make any necessary changes to a row before it is used. 行を再利用する前にこれらのカスタマイズを元UnloadingRowに戻すには、イベントを処理します。To undo these customizations before a row is reused, handle the UnloadingRow event.

適用対象

こちらもご覧ください