GridViewColumn.HeaderTemplateSelector プロパティ

定義

列ヘッダーの表示に使用するテンプレートを選択するためのロジックを提供する、DataTemplateSelector を取得または設定します。Gets or sets the DataTemplateSelector that provides logic to select the template to use to display the column header.

public:
 property System::Windows::Controls::DataTemplateSelector ^ HeaderTemplateSelector { System::Windows::Controls::DataTemplateSelector ^ get(); void set(System::Windows::Controls::DataTemplateSelector ^ value); };
public System.Windows.Controls.DataTemplateSelector HeaderTemplateSelector { get; set; }
member this.HeaderTemplateSelector : System.Windows.Controls.DataTemplateSelector with get, set
Public Property HeaderTemplateSelector As DataTemplateSelector

プロパティ値

DataTemplateSelector のデータ テンプレートを選択できるようにする GridViewColumn オブジェクト。The DataTemplateSelector object that provides data template selection for each GridViewColumn. 既定値は、null です。The default is null.

注釈

HeaderTemplateSelector プロパティHeaderTemplateHeaderTemplateプロパティの両方が設定されている場合は、プロパティが優先されます。If both the HeaderTemplateSelector property and the HeaderTemplate property are set, the HeaderTemplate property takes precedence.

列ヘッダーのコンテンツ、レイアウト、およびスタイルを定義するプロパティは、関連する多くのクラスにあります。これらのプロパティの一部は、類似または同一の機能を持っています。Properties that define the content, layout, and style of a column header are found on many related classes, and some of these properties have functionality that is similar or the same. 詳細については、GridView の列ヘッダーのスタイルとテンプレートの概要を参照してください。For more information, see GridView Column Header Styles and Templates Overview.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object HeaderTemplateSelector="{ResourceExtension DataTemplateSelectorClassKey}"/>  

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

<object>  
  <object.HeaderTemplateSelector>  
    <MyDataTemplateSelectorImplementation .../>  
  </object.HeaderTemplateSelector>  
</object>  

XAML 値XAML Values

ResourceExtensionResourceExtension
次のいずれか: StaticResource、またDynamicResourceは。One of the following: StaticResource, or DynamicResource. XAML リソース」を参照してください。See XAML Resources.

DataTemplateSelectorClassKeyDataTemplateSelectorClassKey
要求されているセレクターの実装を識別するキー。The key that identifies the selector implementation being requested. このキーは、実用的SelectTemplateなオーバーライドを実装する派生クラスを参照します。The key refers to a derived class that implements a practical SelectTemplate override. カスタムクラスをマップする方法の詳細については、「 WPF xaml の Xaml 名前空間と名前空間のマッピング」を参照してください。For information about how to map your custom class, see XAML Namespaces and Namespace Mapping for WPF XAML. リソースディクショナリにリソースとしてDataTemplateSelectorクラスのインスタンスをプログラムで追加することもできます。You can also programmatically add an instance of your DataTemplateSelector class as a resource to a resource dictionary.

MyDataTemplateSelectorImplementationMyDataTemplateSelectorImplementation
実用的DataTemplateSelector SelectTemplateなオーバーライドを実装するから派生したクラス。A class that derives from DataTemplateSelector that implements a practical SelectTemplate override. カスタムクラスをマップする方法の詳細については、「 WPF xaml の Xaml 名前空間と名前空間のマッピング」を参照してください。For information about how to map your custom class, see XAML Namespaces and Namespace Mapping for WPF XAML.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field HeaderTemplateSelectorProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象