ItemsControl.IsTextSearchCaseSensitive プロパティ

定義

項目を検索するときに、大文字/小文字の区別が条件かどうかを示す値を取得または設定します。

public:
 property bool IsTextSearchCaseSensitive { bool get(); void set(bool value); };
public bool IsTextSearchCaseSensitive { get; set; }
member this.IsTextSearchCaseSensitive : bool with get, set
Public Property IsTextSearchCaseSensitive As Boolean

プロパティ値

Boolean

テキスト検索で大文字小文字が区別される場合は true。それ以外の場合は false

次の例では、 ComboBox 文字列 "dog"、"cat"、"dog"、および "cat" を含むを作成します。 この例では、 IsTextSearchCaseSensitive プロパティをのプロパティにバインドして IsChecked CheckBox います。 このチェックボックスがオンになっていて、ユーザーが "dog" を入力すると、の3番目の項目 ItemsControl が選択されます。 ユーザーがチェックボックスをオフにして「dog」と入力した場合、case は検索の条件ではないため、最初の項目が選択されます。

<StackPanel>
  
  <CheckBox Content="_Case sensitive Search" IsChecked="True"
            Name="caseSensitiveSearch"/>

  <ComboBox IsEditable="True"
            IsTextSearchCaseSensitive="{Binding 
              ElementName=caseSensitiveSearch, 
              Path=IsChecked}">
    <ComboBoxItem>DOG</ComboBoxItem>
    <ComboBoxItem>CAT</ComboBoxItem>
    <ComboBoxItem>dog</ComboBoxItem>
    <ComboBoxItem>cat</ComboBoxItem>
  </ComboBox>
</StackPanel>

注釈

プロパティがに設定されている場合、プロパティは、 IsTextSearchEnabled true IsTextSearchCaseSensitive で項目が選択されているかどうかを判断するかどうかを指定し ItemsControl ます。 たとえば、に ItemsControl "item" や "item" などの大文字と小文字のみが異なる2つの文字列が含まれている場合、入力の大文字と小文字に関係なく、最初の文字列が常に選択されます。

適用対象