DependencyProperty.DefaultMetadata プロパティ

定義

依存関係プロパティの既定のメタデータを取得します。Gets the default metadata of the dependency property.

public:
 property System::Windows::PropertyMetadata ^ DefaultMetadata { System::Windows::PropertyMetadata ^ get(); };
public System.Windows.PropertyMetadata DefaultMetadata { get; }
member this.DefaultMetadata : System.Windows.PropertyMetadata
Public ReadOnly Property DefaultMetadata As PropertyMetadata

プロパティ値

依存関係プロパティの既定のメタデータ。The default metadata of the dependency property.

pm = dp.GetMetadata(dp.OwnerType);
pm = dp.GetMetadata(dp.OwnerType)
PropertyMetadata pmDefault = dp.DefaultMetadata;
Dim pmDefault As PropertyMetadata = dp.DefaultMetadata

注釈

既定のメタデータは、明示的な Register または OverrideMetadata 呼び出しによって代替メタデータが指定されていない場合に、その特定のオブジェクトまたは派生型のオブジェクトで使用できるプロパティメタデータです。The default metadata is the property metadata that is available to that particular object or an object of a derived type where no alternative metadata was supplied by an explicit Register or OverrideMetadata call.

元の所有者が、依存関係プロパティを確立した最初の Register 呼び出しにメタデータを適用した場合、そのメタデータは DefaultMetadataとして返されます。If the original owner applied metadata to the first Register call that established the dependency property, then that metadata is returned as DefaultMetadata.

元の Register の呼び出しでメタデータが適用されていない場合は、Register 呼び出し内から既定のメタデータが生成され、この値が DefaultMetadataとして返されます。If no metadata was applied in the original Register call, then default metadata is generated from within the Register call and this value is returned as the DefaultMetadata.

DependencyProperty に既定のメタデータを関連付ける主な目的は、DependencyObject または派生型のこのプロパティに既定値を指定することです。The main purpose of having default metadata associated with a DependencyProperty is to supply a default value for this property on any DependencyObject or a derived type.

非添付プロパティの場合、このプロパティによって返されるメタデータ型を PropertyMetadata 型の派生型にキャストすることはできません。これは、プロパティが最初に派生メタデータ型に登録されていた場合でも同様です。For nonattached properties, the metadata type returned by this property cannot be cast to derived types of PropertyMetadata type, even if the property was originally registered with a derived metadata type. 最初に登録されたメタデータを元のメタデータ型として使用する場合は、代わりに GetMetadata(Type) を呼び出し、元の登録型をパラメーターとして渡します。If you want the originally registered metadata including its original possibly derived metadata type, call GetMetadata(Type) instead, passing the original registering type as a parameter.

添付プロパティの場合、このプロパティによって返されるメタデータの型は、元の RegisterAttached 登録方法で指定された型と一致します。For attached properties, the type of the metadata returned by this property will match the type given in the original RegisterAttached registration method.

適用対象