Application.ProductVersion プロパティ

定義

このアプリケーションに関連付けられている製品のバージョンを取得します。Gets the product version associated with this application.

public:
 static property System::String ^ ProductVersion { System::String ^ get(); };
public static string ProductVersion { get; }
member this.ProductVersion : string
Public Shared ReadOnly Property ProductVersion As String

プロパティ値

製品のバージョン。The product version.

次のコード例では、このプロパティを取得し、テキストボックスにその値を表示します。The following code example gets this property and displays its value in a text box. この例では、textBox1 がフォームに配置されている必要があります。The example requires that textBox1 has been placed on a form.

private:
   void PrintProductVersion()
   {
      textBox1->Text = "The product version is: {0}",
         Application::ProductVersion;
   }
private void PrintProductVersion() {
    textBox1.Text = "The product version is: " +
       Application.ProductVersion;
 }

Private Sub PrintProductVersion()
   textBox1.Text = "The product version is: " & _
      Application.ProductVersion
End Sub

注釈

通常、バージョン番号はメジャー番号として表示されます。マイナー番号ビルド番号プライベートパート番号Typically, a version number displays as major number.minor number.build number.private part number. アセンブリのバージョンをアセンブリマニフェスト内で設定することによって、明示的に設定できます。You can set it explicitly by setting the assembly version within your assembly manifest. 詳細については、「アセンブリ マニフェスト」を参照してください。For more information, see Assembly Manifest.

ProductVersion最初にメインの実行可能ファイルを含むアセンブリに AssemblyInformationalVersion 属性が含まれているかどうかを調べます。ProductVersion first looks to see if the assembly containing the main executable has the AssemblyInformationalVersion attribute on it. この属性が存在する場合は、ProductVersionCommonAppDataPathの両方で ProductVersionが使用されます。If this attribute exists, it is used for both ProductVersion and CommonAppDataPath. この属性が存在しない場合、両方のプロパティで、実行可能ファイルのバージョンが代わりに使用されます。If this attribute does not exist, both properties use the version of the executable file instead.

適用対象

こちらもご覧ください