Control.DragEnter Control.DragEnter Control.DragEnter Control.DragEnter Event

定義

オブジェクトがコントロールの境界内にドラッグされると発生します。Occurs when an object is dragged into the control's bounds.

public:
 event System::Windows::Forms::DragEventHandler ^ DragEnter;
public event System.Windows.Forms.DragEventHandler DragEnter;
member this.DragEnter : System.Windows.Forms.DragEventHandler 
Public Custom Event DragEnter As DragEventHandler 

次のコード例は、2つListBoxのコントロール間のドラッグアンドドロップ操作を示しています。The following code example demonstrates a drag-and-drop operation between two ListBox controls. この例ではDoDragDrop 、ドラッグ操作が開始されたときにメソッドを呼び出します。The example calls the DoDragDrop method when the drag action starts. マウスがSystemInformation.DragSize MouseDownイベント中にマウスの位置から移動した場合、ドラッグ操作が開始されます。The drag action starts if the mouse has moved more than SystemInformation.DragSize from the mouse location during the MouseDown event. メソッドは、 MouseDownイベント中にドラッグする項目のインデックスを決定するために使用されます。 IndexFromPointThe IndexFromPoint method is used to determine the index of the item to drag during the MouseDown event.

この例では、ドラッグアンドドロップ操作にカスタムカーソルを使用する方法も示しています。The example also demonstrates using custom cursors for the drag-and-drop operation. この例では、 3dwarro.curとと3dwno.curいう2つのカーソルファイルがアプリケーションディレクトリに存在する必要があります。これは、それぞれカスタムドラッグアンドドロップカーソルに対して行われます。The example requires that two cursor files, 3dwarro.cur and 3dwno.cur, exist in the application directory, for the custom drag and no-drop cursors, respectively. がオンになってUseCustomCursorsCheck CheckBoxいる場合は、カスタムカーソルが使用されます。The custom cursors will be used if the UseCustomCursorsCheckCheckBox is checked. カスタムカーソルは、 GiveFeedbackイベントハンドラーで設定されます。The custom cursors are set in the GiveFeedback event handler.

キーボードの状態は、右DragOver ListBoxのイベントハンドラーで評価され、SHIFT、ctrl、alt、ctrl + alt の各キーの状態に基づいてドラッグ操作がどのように行われるかを決定します。The keyboard state is evaluated in the DragOver event handler for the right ListBox, to determine what the drag operation will be based on state of the SHIFT, CTRL, ALT, or CTRL+ALT keys. ドロップが発生するListBox内の場所は、 DragOverイベント中にも決定されます。The location in the ListBox where the drop would occur is also determined during the DragOver event. 削除するデータStringがではないDragEventArgs.Effect場合、はのに設定None DragDropEffectsされます。If the data to drop is not a String, then the DragEventArgs.Effect is set to None in DragDropEffects. 最後に、ドロップの状態がにDropLocationLabel Label表示されます。Finally, the status of the drop is displayed in the DropLocationLabelLabel.

右側ListBoxにドロップするデータはDragDropイベントハンドラー Stringで決定され、の適切な場所に値ListBoxが追加されます。The data to drop for the right ListBox is determined in the DragDrop event handler and the String value is added at the appropriate place in the ListBox. ドラッグ操作がフォームの境界の外側に移動すると、 QueryContinueDragイベントハンドラーでドラッグアンドドロップ操作が取り消されます。If the drag operation moves outside the bounds of the form, then the drag-and-drop operation is canceled in the QueryContinueDrag event handler.

このコード抜粋は、イベントDragEnterの使用方法を示しています。This code excerpt demonstrates using the DragEnter event. 完全なDoDragDropコード例については、メソッドを参照してください。See the DoDragDrop method for the complete code example.

void ListDragTarget_DragEnter( Object^ /*sender*/, System::Windows::Forms::DragEventArgs^ /*e*/ )
{
   // Reset the label text.
   DropLocationLabel->Text = "None";
}
private void ListDragTarget_DragEnter(object sender, System.Windows.Forms.DragEventArgs e) {
    // Reset the label text.
    DropLocationLabel.Text = "None";
}
Private Sub ListDragTarget_DragEnter(ByVal sender As Object, ByVal e As DragEventArgs) Handles ListDragTarget.DragEnter

    ' Reset the label text.
    DropLocationLabel.Text = "None"
End Sub

注釈

DragEnterイベントは、ユーザーがドラッグアンドドロップ操作中にマウスカーソルをコントロールの上にドラッグしたときに発生します。The DragEnter event is raised when the user first drags the mouse cursor over the control during a drag-and-drop operation.

注意

.NET Framework 2.0.NET Framework 2.0より前のバージョンでは、 DropDrop UserControl UserControl DragEnterDragDropのイベントを Windows フォームに配置し、デザイン時にをドラッグアンドドロップすると、イベントとDropEnterイベントは発生し.In versions earlier than .NET Framework 2.0.NET Framework 2.0, if you put a UserControl with DragEnter and DragDrop events on a Windows Form and drag and drop something onto the UserControl at design time, the DropDrop and DropEnter events are raised. ただし、ソリューションDragEnterを閉じて再度開くと、イベントとDragDropイベントは再び発生しません。However, when you close and reopen the solution, the DragEnter and DragDrop events are not raised again.

ドラッグ アンド ドロップ操作関連のイベントがどのように、いつ発生するかについて次に示します。The following describes how and when events related to drag-and-drop operations are raised.

メソッドDoDragDropは、現在のカーソル位置の下にあるコントロールを決定します。The DoDragDrop method determines the control under the current cursor location. 次に、コントロールが有効なドロップ先であるかどうかを確認します。It then checks to see if the control is a valid drop target.

コントロールが有効なドロップターゲットである場合はGiveFeedback 、指定されたドラッグアンドドロップ効果を使用してイベントが発生します。If the control is a valid drop target, the GiveFeedback event is raised with the drag-and-drop effect specified. ドラッグ アンド ドロップ効果の一覧については、DragDropEffects 列挙体を参照してください。For a list of drag-and-drop effects, see the DragDropEffects enumeration.

マウス カーソルの位置、キーボードの状態、およびマウス ボタンの状態の変更が監視されます。Changes in the mouse cursor position, keyboard state, and mouse button state are tracked.

  • ユーザーがウィンドウの外に移動した場合、DragLeave イベントが生成されます。If the user moves out of a window, the DragLeave event is raised.

  • マウスが別のコントロールに移動した場合は、そのコントロールの DragEnter が生成されます。If the mouse enters another control, the DragEnter for that control is raised.

  • マウスが移動しても同じコントロール内の場合は、DragOver イベントが生成されます。If the mouse moves but stays within the same control, the DragOver event is raised.

キーボードまたはマウスボタンの状態が変化した場合、 QueryContinueDragイベントが発生し、ドラッグを継続するか、データを削除するか、またはイベントのAction QueryContinueDragEventArgsプロパティの値に基づいて操作をキャンセルするかが決定されます。If there is a change in the keyboard or mouse button state, the QueryContinueDrag event is raised and determines whether to continue the drag, to drop the data, or to cancel the operation based on the value of the Action property of the event's QueryContinueDragEventArgs.

  • の値がContinueDragAction場合、 DragOverこのイベントGiveFeedbackは操作を続行するために発生し、新しい効果を使用してイベントが発生し、適切な視覚的フィードバックを設定できるようにします。If the value of DragAction is Continue, the DragOver event is raised to continue the operation and the GiveFeedback event is raised with the new effect so appropriate visual feedback can be set. 有効なドロップ効果の一覧については、DragDropEffects 列挙体を参照してください。For a list of valid drop effects, see the DragDropEffects enumeration.

    注意

    イベントDragOverGiveFeedbackイベントがペアになっているので、マウスをドロップ先に移動すると、マウスの位置に関する最新のフィードバックがユーザーに与えられます。The DragOver and GiveFeedback events are paired so that as the mouse moves across the drop target, the user is given the most up-to-date feedback on the mouse's position.

  • の値がDropDragAction場合、ドロップ効果の値がソースに返されます。そのため、ソースアプリケーションでは、ソースデータに対して適切な操作を実行できます。たとえば、操作が移動だった場合は、データを切り取ります。If the value of DragAction is Drop, the drop effect value is returned to the source, so the source application can perform the appropriate operation on the source data; for example, cut the data if the operation was a move.

  • の値がCancelDragAction場合、 DragLeaveイベントが発生します。If the value of DragAction is Cancel, the DragLeave event is raised.

    注意

    のプロパティYとプロパティは、クライアント座標ではなく画面座標にあります。DragEventArgs XThe X and Y properties of the DragEventArgs are in screen coordinates, not client coordinates. 次のビジュアルC#コード行は、プロパティをクライアントPointに変換します。The following line of Visual C# code converts the properties to a client Point.

    Point clientPoint = targetControl.PointToClient(new Point(de.X, de.Y));  
    

イベントの処理の詳細については、「処理とイベントの発生」を参照してください。For more information about handling events, see Handling and Raising Events.

適用対象

こちらもご覧ください