DragEventArgs クラス

定義

DragDrop イベント、DragEnter イベント、または DragOver イベントのデータを提供します。

public ref class DragEventArgs : EventArgs
public class DragEventArgs : EventArgs
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class DragEventArgs : EventArgs
type DragEventArgs = class
    inherit EventArgs
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type DragEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class DragEventArgs
Inherits EventArgs
継承
DragEventArgs
派生
属性

次の例は、2つのコントロール間のドラッグアンドドロップ操作を示して ListBox います。 この例では、 DoDragDrop ドラッグ操作が開始されたときにメソッドを呼び出します。 マウスが SystemInformation.DragSize イベント中にマウスの位置から移動した場合、ドラッグ操作が開始され MouseDown ます。 IndexFromPointメソッドは、イベント中にドラッグする項目のインデックスを決定するために使用され MouseDown ます。

この例では、ドラッグアンドドロップ操作にカスタムカーソルを使用する方法も示しています。 この例では、とという2つのカーソルファイルがアプリケーションディレクトリに存在することを前提としています。これは、 3dwarro.cur 3dwno.cur それぞれカスタムドラッグアンドドロップカーソルに対して行われます。 がオンになっている場合は、カスタムカーソルが使用され UseCustomCursorsCheck CheckBox ます。 カスタムカーソルは、イベントハンドラーで設定され GiveFeedback ます。

キーボードの状態は、右のイベントハンドラーで評価され、 DragOver ListBox SHIFT、CTRL、ALT、CTRL + alt の各キーの状態に基づいてドラッグ操作がどのように行われるかを決定します。 ドロップが発生する内の場所 ListBox は、イベント中にも決定され DragOver ます。 削除するデータがではない場合、 String DragEventArgs.Effect はに設定され DragDropEffects.None ます。 最後に、ドロップの状態がに表示され DropLocationLabel Label ます。

右側にドロップするデータ ListBox はイベントハンドラーで決定され、の DragDrop String 適切な場所に値が追加され ListBox ます。 ドラッグ操作がフォームの境界の外側に移動すると、イベントハンドラーでドラッグアンドドロップ操作が取り消され QueryContinueDrag ます。

このコード抜粋では、クラスの使用方法を示し DragEventArgs ます。 DoDragDrop完全なコード例については、メソッドを参照してください。

void ListDragTarget_DragOver( Object^ /*sender*/, System::Windows::Forms::DragEventArgs^ e )
{
   // Determine whether string data exists in the drop data. If not, then
   // the drop effect reflects that the drop cannot occur.
   if (  !e->Data->GetDataPresent( System::String::typeid ) )
   {
      e->Effect = DragDropEffects::None;
      DropLocationLabel->Text = "None - no string data.";
      return;
   }

   // Set the effect based upon the KeyState.
   if ( (e->KeyState & (8 + 32)) == (8 + 32) && ((e->AllowedEffect & DragDropEffects::Link) == DragDropEffects::Link) )
   {
      // KeyState 8 + 32 = CTL + ALT
      // Link drag-and-drop effect.
      e->Effect = DragDropEffects::Link;
   }
   else
   if ( (e->KeyState & 32) == 32 && ((e->AllowedEffect & DragDropEffects::Link) == DragDropEffects::Link) )
   {
      // ALT KeyState for link.
      e->Effect = DragDropEffects::Link;
   }
   else
   if ( (e->KeyState & 4) == 4 && ((e->AllowedEffect & DragDropEffects::Move) == DragDropEffects::Move) )
   {
      // SHIFT KeyState for move.
      e->Effect = DragDropEffects::Move;
   }
   else
   if ( (e->KeyState & 8) == 8 && ((e->AllowedEffect & DragDropEffects::Copy) == DragDropEffects::Copy) )
   {
      // CTL KeyState for copy.
      e->Effect = DragDropEffects::Copy;
   }
   else
   if ( (e->AllowedEffect & DragDropEffects::Move) == DragDropEffects::Move )
   {
      // By default, the drop action should be move, if allowed.
      e->Effect = DragDropEffects::Move;
   }
   else
            e->Effect = DragDropEffects::None;





   
   // Get the index of the item the mouse is below.
   // The mouse locations are relative to the screen, so they must be
   // converted to client coordinates.
   indexOfItemUnderMouseToDrop = ListDragTarget->IndexFromPoint( ListDragTarget->PointToClient( Point(e->X,e->Y) ) );
   
   // Updates the label text.
   if ( indexOfItemUnderMouseToDrop != ListBox::NoMatches )
   {
      DropLocationLabel->Text = String::Concat( "Drops before item # ", (indexOfItemUnderMouseToDrop + 1) );
   }
   else
            DropLocationLabel->Text = "Drops at the end.";
}
private void ListDragTarget_DragOver(object sender, DragEventArgs e)
{
    // Determine whether string data exists in the drop data. If not, then
    // the drop effect reflects that the drop cannot occur.
    if (!e.Data.GetDataPresent(typeof(System.String)))
    {
        e.Effect = DragDropEffects.None;
        DropLocationLabel.Text = "None - no string data.";
        return;
    }

    // Set the effect based upon the KeyState.
    if ((e.KeyState & (8 + 32)) == (8 + 32) &&
        (e.AllowedEffect & DragDropEffects.Link) == DragDropEffects.Link)
    {
        // KeyState 8 + 32 = CTL + ALT

        // Link drag-and-drop effect.
        e.Effect = DragDropEffects.Link;
    }
    else if ((e.KeyState & 32) == 32 &&
        (e.AllowedEffect & DragDropEffects.Link) == DragDropEffects.Link)
    {
        // ALT KeyState for link.
        e.Effect = DragDropEffects.Link;
    }
    else if ((e.KeyState & 4) == 4 &&
        (e.AllowedEffect & DragDropEffects.Move) == DragDropEffects.Move)
    {
        // SHIFT KeyState for move.
        e.Effect = DragDropEffects.Move;
    }
    else if ((e.KeyState & 8) == 8 &&
        (e.AllowedEffect & DragDropEffects.Copy) == DragDropEffects.Copy)
    {
        // CTL KeyState for copy.
        e.Effect = DragDropEffects.Copy;
    }
    else if ((e.AllowedEffect & DragDropEffects.Move) == DragDropEffects.Move)
    {
        // By default, the drop action should be move, if allowed.
        e.Effect = DragDropEffects.Move;
    }
    else
    {
        e.Effect = DragDropEffects.None;
    }

    // Get the index of the item the mouse is below. 

    // The mouse locations are relative to the screen, so they must be 
    // converted to client coordinates.

    indexOfItemUnderMouseToDrop =
        ListDragTarget.IndexFromPoint(ListDragTarget.PointToClient(new Point(e.X, e.Y)));

    // Updates the label text.
    if (indexOfItemUnderMouseToDrop != ListBox.NoMatches)
    {
        DropLocationLabel.Text = "Drops before item #" + (indexOfItemUnderMouseToDrop + 1);
    }
    else
    {
        DropLocationLabel.Text = "Drops at the end.";
    }
}
Private Sub ListDragTarget_DragOver(ByVal sender As Object, ByVal e As DragEventArgs) Handles ListDragTarget.DragOver
    ' Determine whether string data exists in the drop data. If not, then
    ' the drop effect reflects that the drop cannot occur.
    If Not (e.Data.GetDataPresent(GetType(System.String))) Then

        e.Effect = DragDropEffects.None
        DropLocationLabel.Text = "None - no string data."
        Return
    End If

    ' Set the effect based upon the KeyState.
    If ((e.KeyState And (8 + 32)) = (8 + 32) And
        (e.AllowedEffect And DragDropEffects.Link) = DragDropEffects.Link) Then
        ' KeyState 8 + 32 = CTL + ALT

        ' Link drag-and-drop effect.
        e.Effect = DragDropEffects.Link

    ElseIf ((e.KeyState And 32) = 32 And
        (e.AllowedEffect And DragDropEffects.Link) = DragDropEffects.Link) Then

        ' ALT KeyState for link.
        e.Effect = DragDropEffects.Link

    ElseIf ((e.KeyState And 4) = 4 And
        (e.AllowedEffect And DragDropEffects.Move) = DragDropEffects.Move) Then

        ' SHIFT KeyState for move.
        e.Effect = DragDropEffects.Move

    ElseIf ((e.KeyState And 8) = 8 And
        (e.AllowedEffect And DragDropEffects.Copy) = DragDropEffects.Copy) Then

        ' CTL KeyState for copy.
        e.Effect = DragDropEffects.Copy

    ElseIf ((e.AllowedEffect And DragDropEffects.Move) = DragDropEffects.Move) Then

        ' By default, the drop action should be move, if allowed.
        e.Effect = DragDropEffects.Move

    Else
        e.Effect = DragDropEffects.None
    End If

    ' Gets the index of the item the mouse is below. 

    ' The mouse locations are relative to the screen, so they must be 
    ' converted to client coordinates.

    indexOfItemUnderMouseToDrop =
        ListDragTarget.IndexFromPoint(ListDragTarget.PointToClient(New Point(e.X, e.Y)))

    ' Updates the label text.
    If (indexOfItemUnderMouseToDrop <> ListBox.NoMatches) Then
        DropLocationLabel.Text = "Drops before item #" & (indexOfItemUnderMouseToDrop + 1)
    Else
        DropLocationLabel.Text = "Drops at the end."
    End If

End Sub

次の例は、 DragEventArgs ドラッグアンドドロップ操作のソースとターゲットの間でがどのように渡されるかを示しています。 この例では、 ListBox コントロールがデータのソースで RichTextBox あり、コントロールがターゲットです。 この例では、 ListBox 有効なファイル名の一覧がコントロールに設定されていることを前提としています。 ユーザーが表示されているファイル名のいずれかをコントロールからコントロールにドラッグすると、ファイル ListBox RichTextBox 名で参照されているファイルが開かれます。

操作は、 ListBox コントロールの MouseDown イベントで開始されます。 イベントハンドラーでは、 DragEnter メソッドを使用し GetDataPresent て、データがコントロールに表示できる形式であることを確認し、プロパティを設定して、 RichTextBox DragDropEffects ソース管理からターゲットコントロールにデータをコピーするように指定します。 最後に、 RichTextBox コントロールの system.windows.dragdrop.drop> イベントハンドラーは、メソッドを使用して GetData 、開くファイル名を取得します。

private:
   void Form1_Load( Object^ /*sender*/, EventArgs^ /*e*/ )
   {
      // Sets the AllowDrop property so that data can be dragged onto the control.
      richTextBox1->AllowDrop = true;

      // Add code here to populate the ListBox1 with paths to text files.
   }

   void listBox1_MouseDown( Object^ sender, System::Windows::Forms::MouseEventArgs^ e )
   {
      // Determines which item was selected.
      ListBox^ lb = (dynamic_cast<ListBox^>(sender));
      Point pt = Point(e->X,e->Y);
      int index = lb->IndexFromPoint( pt );

      // Starts a drag-and-drop operation with that item.
      if ( index >= 0 )
      {
         lb->DoDragDrop( lb->Items[ index ], DragDropEffects::Link );
      }
   }

   void richTextBox1_DragEnter( Object^ /*sender*/, DragEventArgs^ e )
   {
      // If the data is text, copy the data to the RichTextBox control.
      if ( e->Data->GetDataPresent( "Text" ) )
            e->Effect = DragDropEffects::Copy;
   }

   void richTextBox1_DragDrop( Object^ /*sender*/, DragEventArgs^ e )
   {
      // Loads the file into the control.
      richTextBox1->LoadFile( dynamic_cast<String^>(e->Data->GetData( "Text" )), System::Windows::Forms::RichTextBoxStreamType::RichText );
   }
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e) 
{
   // Sets the AllowDrop property so that data can be dragged onto the control.
   richTextBox1.AllowDrop = true;

   // Add code here to populate the ListBox1 with paths to text files.
}

private void listBox1_MouseDown(object sender, System.Windows.Forms.MouseEventArgs e)
{
   // Determines which item was selected.
   ListBox lb =( (ListBox)sender);
   Point pt = new Point(e.X,e.Y);
   int index = lb.IndexFromPoint(pt);

   // Starts a drag-and-drop operation with that item.
   if(index>=0) 
   {
      lb.DoDragDrop(lb.Items[index].ToString(), DragDropEffects.Link);
   }
}

private void richTextBox1_DragEnter(object sender, DragEventArgs e) 
{
   // If the data is text, copy the data to the RichTextBox control.
   if(e.Data.GetDataPresent("Text"))
      e.Effect = DragDropEffects.Copy;
}

private void richTextBox1_DragDrop(object sender, DragEventArgs e) 
{
   // Loads the file into the control. 
   richTextBox1.LoadFile((String)e.Data.GetData("Text"), System.Windows.Forms.RichTextBoxStreamType.RichText);
}
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
   ' Sets the AllowDrop property so that data can be dragged onto the control.
   RichTextBox1.AllowDrop = True

   ' Add code here to populate the ListBox1 with paths to text files.

End Sub

Private Sub RichTextBox1_DragEnter(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.DragEventArgs) Handles RichTextBox1.DragEnter
   ' If the data is text, copy the data to the RichTextBox control.
   If (e.Data.GetDataPresent("Text")) Then
      e.Effect = DragDropEffects.Copy
   End If
End Sub


Private Overloads Sub RichTextBox1_DragDrop(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.DragEventArgs) Handles RichTextBox1.DragDrop
   ' Loads the file into the control. 
   RichTextBox1.LoadFile(e.Data.GetData("Text"), System.Windows.Forms.RichTextBoxStreamType.RichText)
End Sub

Private Sub ListBox1_MouseDown(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.MouseEventArgs) Handles ListBox1.MouseDown
   Dim Lb As ListBox
   Dim Pt As New Point(e.X, e.Y)
   Dim Index As Integer

   ' Determines which item was selected.
   Lb = sender
   Index = Lb.IndexFromPoint(Pt)

   ' Starts a drag-and-drop operation with that item.
   If Index >= 0 Then
      Lb.DoDragDrop(Lb.Items(Index), DragDropEffects.Link)
   End If
End Sub

注釈

イベントは、 DragDrop ユーザーがドラッグアンドドロップ操作を完了したときに発生します。この操作を行うには、コントロール上でオブジェクトをドラッグし、マウスボタンを離してコントロールにドロップします。 イベントは、マウス DragEnter でオブジェクトをドラッグしているときに、ユーザーがマウスポインターをコントロール上に移動したときに発生します。 イベントは、 DragOver マウスでオブジェクトをドラッグしているときに、ユーザーがマウスポインターをコントロールの上に移動したときに発生します。

オブジェクトは、 DragEventArgs このイベントに関連付けられているすべてのデータ (SHIFT、CTRL、ALT キーの現在の状態、マウスポインターの位置、およびドラッグイベントのソースとターゲットで許可されるドラッグアンドドロップ効果) を指定します。

イベントモデルの詳細については、「 イベントの処理と発生」を参照してください。

コンストラクター

DragEventArgs(IDataObject, Int32, Int32, Int32, DragDropEffects, DragDropEffects)

DragEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AllowedEffect

ドラッグ イベントの元の場所 (またはソース) で実行できるドラッグ アンド ドロップ操作を取得します。

Data

このイベントに関連付けられているデータを含む IDataObject を取得します。

Effect

ドラッグ アンド ドロップ操作のターゲットのドロップ効果を取得または設定します。

KeyState

マウス ボタンの状態と同様に、Shift、Ctrl、Alt の各キーの現在の状態を取得します。

X

マウス ポインターの x 座標 (画面座標) を取得します。

Y

マウス ポインターの y 座標 (画面座標) を取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください