Control.ProcessCmdKey(Message, Keys) メソッド

定義

コマンド キーを処理します。Processes a command key.

protected:
 virtual bool ProcessCmdKey(System::Windows::Forms::Message % msg, System::Windows::Forms::Keys keyData);
protected virtual bool ProcessCmdKey (ref System.Windows.Forms.Message msg, System.Windows.Forms.Keys keyData);
abstract member ProcessCmdKey : Message * System.Windows.Forms.Keys -> bool
override this.ProcessCmdKey : Message * System.Windows.Forms.Keys -> bool
Protected Overridable Function ProcessCmdKey (ByRef msg As Message, keyData As Keys) As Boolean

パラメーター

msg
Message

処理するウィンドウ メッセージを表す、参照渡しされた MessageA Message, passed by reference, that represents the window message to process.

keyData
Keys

処理するキーを表す Keys 値の 1 つ。One of the Keys values that represents the key to process.

戻り値

文字がコントロールによって処理された場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the character was processed by the control; otherwise, false.

注釈

このメソッドは、コマンドキーを処理するために、メッセージの前処理中に呼び出されます。This method is called during message preprocessing to handle command keys. コマンドキーは、通常の入力キーより常に優先されるキーです。Command keys are keys that always take precedence over regular input keys. コマンドキーの例としては、アクセラレータやメニューのショートカットがあります。Examples of command keys include accelerators and menu shortcuts. メソッドは、コマンドキーを処理したことを示すために true を返すか、キーがコマンドキーでないことを示すために false する必要があります。The method must return true to indicate that it has processed the command key, or false to indicate that the key is not a command key. このメソッドは、コントロールが Windows フォームアプリケーションまたは ActiveX コントロールとしてホストされている場合にのみ呼び出されます。This method is only called when the control is hosted in a Windows Forms application or as an ActiveX control.

ProcessCmdKey メソッドは、まずコントロールに ContextMenuがあるかどうかを判断し、その場合は ContextMenu がコマンドキーを処理できるようにします。The ProcessCmdKey method first determines whether the control has a ContextMenu, and if so, enables the ContextMenu to process the command key. コマンドキーがメニューショートカットではなく、コントロールに親がある場合、キーは親の ProcessCmdKey メソッドに渡されます。If the command key is not a menu shortcut and the control has a parent, the key is passed to the parent's ProcessCmdKey method. 実質的な効果として、コマンドキーは制御階層に "バブル" されます。The net effect is that command keys are "bubbled" up the control hierarchy. キーデータは、ユーザーが押したキーに加えて、キーと同時に押された修飾子キーがあるかどうかも示します。In addition to the key the user pressed, the key data also indicates which, if any, modifier keys were pressed at the same time as the key. 修飾キーには、SHIFT、CTRL、ALT の各キーが含まれます。Modifier keys include the SHIFT, CTRL, and ALT keys.

注意 (継承者)

派生クラスで ProcessCmdKey(Message, Keys) メソッドをオーバーライドする場合、コントロールはキーを処理したことを示すために true を返す必要があります。When overriding the ProcessCmdKey(Message, Keys) method in a derived class, a control should return true to indicate that it has processed the key. コントロールによって処理されないキーの場合は、基本クラスの ProcessCmdKey(Message, Keys) メソッドを呼び出した結果が返されます。For keys that are not processed by the control, the result of calling the base class's ProcessCmdKey(Message, Keys) method should be returned. コントロールは、このメソッドをオーバーライドする必要はほとんどありません。Controls will seldom, if ever, need to override this method.

セキュリティ

SecurityPermission
直前の呼び出し元と継承クラスでこのメソッドを呼び出すために使用します。for the immediate caller and inheriting classes to call this method. UnmanagedCode (関連する列挙体)Associated enumeration: UnmanagedCode.

適用対象