Cursor.Current Cursor.Current Cursor.Current Cursor.Current Property

定義

マウス カーソルを表すカーソル オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets a cursor object that represents the mouse cursor.

public:
 static property System::Windows::Forms::Cursor ^ Current { System::Windows::Forms::Cursor ^ get(); void set(System::Windows::Forms::Cursor ^ value); };
public static System.Windows.Forms.Cursor Current { get; set; }
member this.Current : System.Windows.Forms.Cursor with get, set
Public Shared Property Current As Cursor

プロパティ値

マウス カーソルを表す CursorA Cursor that represents the mouse cursor. マウス カーソルが表示されない場合、既定値は null です。The default is null if the mouse cursor is not visible.

注釈

設定、Currentプロパティが現在表示されているカーソルを変更します。Setting the Current property changes the cursor currently displayed. アプリケーションは、マウス イベントをリッスンするを続行できません。The application may or may not continue to listen for mouse events. アプリケーションが実行時間の長い操作中のマウス イベントに応答する必要があることを通知するには、使用、UseWaitCursorプロパティ。To signal that the application should not respond to mouse events during a long-running operation, use the UseWaitCursor property. ただし、ほとんどの場合は、バック グラウンド スレッドを使用して、実行時間の長い操作を管理し、ユーザーがアクセスできるユーザー インターフェイスのままにする方がよい。In most cases, however, it's better to use a background thread to manage a long-running operation, and leave your user interface accessible to the user. バック グラウンド タスクを簡単に実装する方法の詳細については、次を参照してください。BackgroundWorkerします。For more information on easily implementing a background task, see BackgroundWorker.

セキュリティ

UIPermission
このプロパティを設定するセーフ サブウィンドウします。for safe subwindows to set this property. 関連付けられた列挙体。 SafeSubWindowsAssociated enumeration: SafeSubWindows

適用対象

こちらもご覧ください