DataGridView.RowTemplate プロパティ

定義

コントロール内のすべての行のテンプレートを表す行を取得または設定します。Gets or sets the row that represents the template for all the rows in the control.

public:
 property System::Windows::Forms::DataGridViewRow ^ RowTemplate { System::Windows::Forms::DataGridViewRow ^ get(); void set(System::Windows::Forms::DataGridViewRow ^ value); };
[System.ComponentModel.Browsable(true)]
public System.Windows.Forms.DataGridViewRow RowTemplate { get; set; }
member this.RowTemplate : System.Windows.Forms.DataGridViewRow with get, set
Public Property RowTemplate As DataGridViewRow

プロパティ値

行テンプレートを表す DataGridViewRowA DataGridViewRow representing the row template.

属性

例外

このプロパティの設定時に指定された行には、DataGridView プロパティが設定されています。The specified row when setting this property has its DataGridView property set.

次のコード例では、行テンプレートを使用して行の初期の高さと最小の行の高さを指定する方法を示します。The following code example illustrates how to use the row template to specify an initial row height and a minimum row height.

DataGridViewRow^ row = this->dataGridView1->RowTemplate;
row->DefaultCellStyle->BackColor = Color::Bisque;
row->Height = 35;
row->MinimumHeight = 20;

DataGridViewRow row = this.dataGridView1.RowTemplate;
row.DefaultCellStyle.BackColor = Color.Bisque;
row.Height = 35;
row.MinimumHeight = 20;
With Me.dataGridView1.RowTemplate
    .DefaultCellStyle.BackColor = Color.Bisque
    .Height = 35
    .MinimumHeight = 20
End With

注釈

場合によっては、@no__t 0 行の外観を、さまざまな DataGridView セルスタイルプロパティで提供される値よりも細かく制御する必要があります。Sometimes you want greater control over the appearance of DataGridView rows than what is provided by the various DataGridView cell style properties. @No__t-0 プロパティを使用すると、すべての行でテンプレートとして使用するための DataGridViewRow を作成および初期化できます。 AllowUserToAddRowstrue の場合は、新しいレコードの行も含まれます。The RowTemplate property lets you create and initialize a DataGridViewRow for use as a template by all rows, including the row for new records if AllowUserToAddRows is true.

これは、行の高さなどのプロパティの既定値を設定する場合に便利です。This is useful when you are setting default values for properties such as row height. たとえば、複数の列にまたがるコンテンツを表示するために通常のセルの内容の下に追加の領域を提供するために、既定の行の高さを増やすことができます。For example, you may want to increase the default row height in order to provide extra room beneath ordinary cell content for displaying content that spans multiple columns.

@No__t-0 クラスから派生したカスタム型を使用して外部データを表示する場合は、行テンプレートを設定する必要があります。Setting the row template is necessary when external data is displayed using custom types derived from the DataGridViewRow class. バインドされていない @no__t 0 コントロールを使用すると、カスタムの行の種類のインスタンスを使用して、@no__t 1 つのコレクションをプログラムで設定できます。With unbound DataGridView controls, you can programmatically populate the Rows collection with instances of your custom row type. ただし、外部データを表示する場合、行は自動的に生成されますが、行テンプレートに基づいています。これは、カスタムの行の種類のインスタンスに設定できます。When displaying external data, however, the rows are generated automatically, but they are based on the row template, which you can set to an instance of your custom row type.

このプロパティが最初に値を取得したときに設定されていない場合は、新しい DataGridViewRow が作成されて返されます。If this property has not been set the first time you retrieve its value, a new DataGridViewRow is created and returned.

適用対象

こちらもご覧ください