DataGridViewBand.DefaultHeaderCellType DataGridViewBand.DefaultHeaderCellType DataGridViewBand.DefaultHeaderCellType DataGridViewBand.DefaultHeaderCellType Property

定義

既定のヘッダー セルのランタイム型を取得または設定します。Gets or sets the run-time type of the default header cell.

public:
 property Type ^ DefaultHeaderCellType { Type ^ get(); void set(Type ^ value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public Type DefaultHeaderCellType { get; set; }
member this.DefaultHeaderCellType : Type with get, set
Public Property DefaultHeaderCellType As Type

プロパティ値

既定のヘッダー セルとして使用されるオブジェクトのランタイム クラスを表す TypeA Type that describes the run-time class of the object used as the default header cell.

例外

このプロパティの設定時に指定された値は、Type または派生型を表す DataGridViewHeaderCell ではありません。The specified value when setting this property is not a Type representing DataGridViewHeaderCell or a derived type.

注釈

このプロパティは、 DataGridViewHeaderCellクラスまたはその派生型のいずれかのインスタンスを取得または設定する必要があります。This property must get or set an instance of the DataGridViewHeaderCell class or one of its derived types. たとえば、クラスはDataGridViewRow 、既定のDataGridViewRowHeaderCellヘッダーセル型としてを使用します。For example, the DataGridViewRow class uses a DataGridViewRowHeaderCell as the default header cell type. 同様に、 DataGridViewColumnクラスはをDataGridViewColumnHeaderCell使用します。Similarly, the DataGridViewColumn class uses a DataGridViewColumnHeaderCell.

からDataGridViewHeaderCell派生したカスタム型を行または列DefaultHeaderCellTypeで使用している場合は、プロパティをカスタム型に設定する必要があります。If you are using a custom type derived from DataGridViewHeaderCell in a row or column, the DefaultHeaderCellType property must be set to the custom type.

適用対象

こちらもご覧ください