ScrollableControl.DockPaddingEdges クラス

定義

ドッキングされたコントロールの境界の埋め込みを決定します。

public: ref class ScrollableControl::DockPaddingEdges : ICloneable
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Forms.ScrollableControl+DockPaddingEdgesConverter))]
public class ScrollableControl.DockPaddingEdges : ICloneable
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Forms.ScrollableControl+DockPaddingEdgesConverter))>]
type ScrollableControl.DockPaddingEdges = class
    interface ICloneable
Public Class ScrollableControl.DockPaddingEdges
Implements ICloneable
継承
ScrollableControl.DockPaddingEdges
属性
実装

次のコード例では、派生クラス を使用します Panel 。 この例では、パネル コントロールにボタンをドッキングし、プロパティを循環し、ボタンのクリック時にそれぞれ ScrollableControl.DockPaddingEdges を個別に設定します。 このコードでは、 コントロールと がフォームでインスタンス化され、 という名前のクラス レベルのメンバー変数が 32 ビット符号付き整数として宣言されている Panel Button myCounter 必要があります。 このコードは、 ボタンの イベントで Click 呼び出す必要があります。

void SetDockPadding()
{
   // Dock the button in the panel.
   button1->Dock = System::Windows::Forms::DockStyle::Fill;

   // Reset the counter if it is greater than 5.
   if ( myCounter > 5 )
   {
      myCounter = 0;
   }


   /* Set the appropriate DockPadding and display
          which one was set on the button face. */
   switch ( myCounter )
   {
      case 0:
         panel1->DockPadding->All = 0;
         button1->Text = "Start";
         break;

      case 1:
         panel1->DockPadding->Top = 10;
         button1->Text = "Top";
         break;

      case 2:
         panel1->DockPadding->Bottom = 10;
         button1->Text = "Bottom";
         break;

      case 3:
         panel1->DockPadding->Left = 10;
         button1->Text = "Left";
         break;

      case 4:
         panel1->DockPadding->Right = 10;
         button1->Text = "Right";
         break;

      case 5:
         panel1->DockPadding->All = 20;
         button1->Text = "All";
         break;
   }
   myCounter++;
}
private void SetDockPadding()
 {
    // Dock the button in the panel.
    button1.Dock = System.Windows.Forms.DockStyle.Fill;
    
    // Reset the counter if it is greater than 5.
    if (myCounter > 5)
    {
       myCounter = 0;
    }
 
    /* Set the appropriate DockPadding and display
       which one was set on the button face. */
    switch (myCounter)
    {
       case 0:
          panel1.DockPadding.All = 0;
          button1.Text = "Start";
          break;
       case 1:
          panel1.DockPadding.Top = 10;
          button1.Text = "Top";
          break;
       case 2:
          panel1.DockPadding.Bottom = 10;
          button1.Text = "Bottom";
          break;
       case 3:
          panel1.DockPadding.Left = 10;
          button1.Text = "Left";
          break;
       case 4:
          panel1.DockPadding.Right = 10;
          button1.Text = "Right";
          break;
       case 5:
          panel1.DockPadding.All = 20;
          button1.Text = "All";
          break;
    }
    
    // Increment the counter.
    myCounter += 1;
 }
Private Sub SetDockPadding()
    ' Dock the button in the panel.
    button1.Dock = System.Windows.Forms.DockStyle.Fill
    
    ' Reset the counter if it is greater than 5.
    If myCounter > 5 Then
        myCounter = 0
    End If
    
    ' Set the appropriate DockPadding and display
    ' which one was set on the button face. 
    Select Case myCounter
        Case 0
            panel1.DockPadding.All = 0
            button1.Text = "Start"
        Case 1
            panel1.DockPadding.Top = 10
            button1.Text = "Top"
        Case 2
            panel1.DockPadding.Bottom = 10
            button1.Text = "Bottom"
        Case 3
            panel1.DockPadding.Left = 10
            button1.Text = "Left"
        Case 4
            panel1.DockPadding.Right = 10
            button1.Text = "Right"
        Case 5
            panel1.DockPadding.All = 20
            button1.Text = "All"
    End Select
    
    ' Increment the counter.
    myCounter += 1
End Sub

注釈

クラス ScrollableControl.DockPaddingEdges は、指定されたエッジまたはドッキングされたコントロールのすべての端に余白を作成します。 個々のエッジに対してこの余白の幅を設定するには、 の各プロパティ Bottom Top を設定 Left します Right 。 または、 プロパティを設定することで、すべてのエッジを同じ幅に同時に設定 All することもできます。 コントロールのサイズがコンテナーに対して大きすぎる場合は、指定した余白幅を差し引いた値を除き、コンテナーに収まるサイズに変更されます。

プロパティ

All

ドッキングされたコントロールのすべての端の埋め込み幅を取得または設定します。

Bottom

ドッキングされたコントロールの下端の埋め込み幅を取得または設定します。

Left

ドッキングされたコントロールの左端の埋め込み幅を取得または設定します。

Right

ドッキングされたコントロールの右端の埋め込み幅を取得または設定します。

Top

ドッキングされたコントロールの上端の埋め込み幅を取得または設定します。

メソッド

Equals(Object)

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

指定したオブジェクトが、現在の ScrollableControl.DockPaddingEdges オブジェクトと等しいかどうかを判断します。

GetHashCode()

特定の型についてハッシュ関数として機能します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

空の文字列を返します。

明示的なインターフェイスの実装

ICloneable.Clone()

現在のインスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。

適用対象

こちらもご覧ください