SystemInformation クラス

定義

現在のシステム環境に関する情報を提供します。

public ref class SystemInformation abstract sealed
public ref class SystemInformation
public static class SystemInformation
public class SystemInformation
type SystemInformation = class
Public Class SystemInformation
継承
SystemInformation

次のコード例では、内のクラスのすべてのプロパティを一覧表示し、 SystemInformation ListBox TextBox リスト項目が選択されたときに内のプロパティの現在の値を表示します。

#using <System.Windows.Forms.dll>
#using <System.Drawing.dll>
#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Collections;
using namespace System::ComponentModel;
using namespace System::Drawing;
using namespace System::Reflection;
using namespace System::Windows::Forms;
public ref class SystemInfoBrowserForm: public System::Windows::Forms::Form
{
private:
   System::Windows::Forms::ListBox^ listBox1;
   System::Windows::Forms::TextBox^ textBox1;

public:
   SystemInfoBrowserForm()
   {
      this->SuspendLayout();
      InitForm();
      
      // Add each property of the SystemInformation class to the list box.
      Type^ t = System::Windows::Forms::SystemInformation::typeid;
      array<PropertyInfo^>^pi = t->GetProperties();
      for ( int i = 0; i < pi->Length; i++ )
         listBox1->Items->Add( pi[ i ]->Name );
      textBox1->Text = String::Format( "The SystemInformation class has {0} properties.\r\n", pi->Length );
      
      // Configure the list item selected handler for the list box to invoke a 
      // method that displays the value of each property.
      listBox1->SelectedIndexChanged += gcnew EventHandler( this, &SystemInfoBrowserForm::listBox1_SelectedIndexChanged );
      this->ResumeLayout( false );
   }


private:
   void listBox1_SelectedIndexChanged( Object^ /*sender*/, EventArgs^ /*e*/ )
   {
      
      // Return if no list item is selected.
      if ( listBox1->SelectedIndex == -1 )
            return;

      
      // Get the property name from the list item.
      String^ propname = listBox1->Text;
      if ( propname->Equals( "PowerStatus" ) )
      {
         
         // Cycle and display the values of each property of the PowerStatus property.
         textBox1->Text = String::Concat( textBox1->Text, "\r\nThe value of the PowerStatus property is:" );
         Type^ t = System::Windows::Forms::PowerStatus::typeid;
         array<PropertyInfo^>^pi = t->GetProperties();
         for ( int i = 0; i < pi->Length; i++ )
         {
            Object^ propval = pi[ i ]->GetValue( SystemInformation::PowerStatus, nullptr );
            textBox1->Text = String::Format( "{0}\r\n    PowerStatus.{1} is: {2}", textBox1->Text, pi[ i ]->Name, propval );

         }
      }
      else
      {
         
         // Display the value of the selected property of the SystemInformation type.
         Type^ t = System::Windows::Forms::SystemInformation::typeid;
         array<PropertyInfo^>^pi = t->GetProperties();
         PropertyInfo^ prop = nullptr;
         for ( int i = 0; i < pi->Length; i++ )
            if ( pi[ i ]->Name == propname )
            {
               prop = pi[ i ];
               break;
            }
         Object^ propval = prop->GetValue( nullptr, nullptr );
         textBox1->Text = String::Format( "{0}\r\nThe value of the {1} property is: {2}", textBox1->Text, propname, propval );
      }
   }

   void InitForm()
   {
      
      // Initialize the form settings
      this->listBox1 = gcnew System::Windows::Forms::ListBox;
      this->textBox1 = gcnew System::Windows::Forms::TextBox;
      this->listBox1->Anchor = (System::Windows::Forms::AnchorStyles)(System::Windows::Forms::AnchorStyles::Top | System::Windows::Forms::AnchorStyles::Bottom | System::Windows::Forms::AnchorStyles::Left | System::Windows::Forms::AnchorStyles::Right);
      this->listBox1->Location = System::Drawing::Point( 8, 16 );
      this->listBox1->Size = System::Drawing::Size( 172, 496 );
      this->listBox1->TabIndex = 0;
      this->textBox1->Anchor = (System::Windows::Forms::AnchorStyles)(System::Windows::Forms::AnchorStyles::Top | System::Windows::Forms::AnchorStyles::Bottom | System::Windows::Forms::AnchorStyles::Right);
      this->textBox1->Location = System::Drawing::Point( 188, 16 );
      this->textBox1->Multiline = true;
      this->textBox1->ScrollBars = System::Windows::Forms::ScrollBars::Vertical;
      this->textBox1->Size = System::Drawing::Size( 420, 496 );
      this->textBox1->TabIndex = 1;
      this->ClientSize = System::Drawing::Size( 616, 525 );
      this->Controls->Add( this->textBox1 );
      this->Controls->Add( this->listBox1 );
      this->Text = "Select a SystemInformation property to get the value of";
   }

};


[STAThread]
int main()
{
   Application::Run( gcnew SystemInfoBrowserForm );
}
using System;
using System.Collections;
using System.ComponentModel;
using System.Drawing;
using System.Reflection;
using System.Windows.Forms;

namespace SystemInfoBrowser
{
    public class SystemInfoBrowserForm : System.Windows.Forms.Form
    {
        private System.Windows.Forms.ListBox listBox1;
        private System.Windows.Forms.TextBox textBox1;        
        
        public SystemInfoBrowserForm()
        {
            this.SuspendLayout();
            InitForm();
            
            // Add each property of the SystemInformation class to the list box.
            Type t = typeof(System.Windows.Forms.SystemInformation);            
            PropertyInfo[] pi = t.GetProperties();            
            for( int i=0; i<pi.Length; i++ )
                listBox1.Items.Add( pi[i].Name );            
            textBox1.Text = "The SystemInformation class has "+pi.Length.ToString()+" properties.\r\n";

            // Configure the list item selected handler for the list box to invoke a 
            // method that displays the value of each property.
            listBox1.SelectedIndexChanged += new EventHandler(listBox1_SelectedIndexChanged);
            this.ResumeLayout(false);
        }
        
        private void listBox1_SelectedIndexChanged(object sender, EventArgs e)
        {
            // Return if no list item is selected.
            if( listBox1.SelectedIndex == -1 ) return;
            // Get the property name from the list item.
            string propname = listBox1.Text;
            
            if( propname == "PowerStatus" )
            {
                // Cycle and display the values of each property of the PowerStatus property.
                textBox1.Text += "\r\nThe value of the PowerStatus property is:";                                
                Type t = typeof(System.Windows.Forms.PowerStatus);
                PropertyInfo[] pi = t.GetProperties();            
                for( int i=0; i<pi.Length; i++ )
                {
                    object propval = pi[i].GetValue(SystemInformation.PowerStatus, null);            
                    textBox1.Text += "\r\n    PowerStatus."+pi[i].Name+" is: "+propval.ToString();
                }
            }
            else
            {
                // Display the value of the selected property of the SystemInformation type.
                Type t = typeof(System.Windows.Forms.SystemInformation);
                PropertyInfo[] pi = t.GetProperties();            
                PropertyInfo prop = null;
                for( int i=0; i<pi.Length; i++ )
                    if( pi[i].Name == propname )
                    {
                        prop = pi[i];
                        break;           
                    }
                object propval = prop.GetValue(null, null);            
                textBox1.Text += "\r\nThe value of the "+propname+" property is: "+propval.ToString();
            }
        }

        private void InitForm()
        {
            // Initialize the form settings
            this.listBox1 = new System.Windows.Forms.ListBox();
            this.textBox1 = new System.Windows.Forms.TextBox();            
            this.listBox1.Anchor = ((System.Windows.Forms.AnchorStyles)((((System.Windows.Forms.AnchorStyles.Top | System.Windows.Forms.AnchorStyles.Bottom) 
                | System.Windows.Forms.AnchorStyles.Left) | System.Windows.Forms.AnchorStyles.Right)));
            this.listBox1.Location = new System.Drawing.Point(8, 16);
            this.listBox1.Size = new System.Drawing.Size(172, 496);
            this.listBox1.TabIndex = 0;            
            this.textBox1.Anchor = ((System.Windows.Forms.AnchorStyles)(((System.Windows.Forms.AnchorStyles.Top | System.Windows.Forms.AnchorStyles.Bottom) 
                | System.Windows.Forms.AnchorStyles.Right)));
            this.textBox1.Location = new System.Drawing.Point(188, 16);
            this.textBox1.Multiline = true;
            this.textBox1.ScrollBars = System.Windows.Forms.ScrollBars.Vertical;           
            this.textBox1.Size = new System.Drawing.Size(420, 496);
            this.textBox1.TabIndex = 1;            
            this.ClientSize = new System.Drawing.Size(616, 525);            
            this.Controls.Add(this.textBox1);
            this.Controls.Add(this.listBox1);            
            this.Text = "Select a SystemInformation property to get the value of";                   
        }

        [STAThread]
        static void Main() 
        {
            Application.Run(new SystemInfoBrowserForm());
        }
    }
}
Imports System.Collections
Imports System.ComponentModel
Imports System.Drawing
Imports System.Reflection
Imports System.Windows.Forms

Public Class SystemInfoBrowserForm
    Inherits System.Windows.Forms.Form
    
    Private listBox1 As System.Windows.Forms.ListBox
    Private textBox1 As System.Windows.Forms.TextBox  
    
    Public Sub New()
        Me.SuspendLayout()
        InitForm()
        
        ' Add each property of the SystemInformation class to the list box.
        Dim t As Type = GetType(System.Windows.Forms.SystemInformation)
        Dim pi As PropertyInfo() = t.GetProperties()
        Dim i As Integer
        For i = 0 To pi.Length - 1
            listBox1.Items.Add(pi(i).Name)
        Next i
        textBox1.Text = "The SystemInformation class has " + pi.Length.ToString() + " properties." + ControlChars.CrLf
        
        ' Configure the list item selected handler for the list box to invoke a 
        ' method that displays the value of each property.
        AddHandler listBox1.SelectedIndexChanged, AddressOf listBox1_SelectedIndexChanged
        
        Me.ResumeLayout(False)
    End Sub    
    
    Private Sub listBox1_SelectedIndexChanged(sender As Object, e As EventArgs)
        ' Return if no list item is selected.
        If listBox1.SelectedIndex = - 1 Then
            Return
        End If         
        ' Get the property name from the list item.
        Dim propname As String = listBox1.Text
        
        If propname = "PowerStatus" Then
            ' Cycle and display the values of each property of the PowerStatus property.
            textBox1.Text += ControlChars.CrLf + "The value of the PowerStatus property is:"
            Dim t As Type = GetType(System.Windows.Forms.PowerStatus)
            Dim pi As PropertyInfo() = t.GetProperties()
            Dim i As Integer
            For i = 0 To pi.Length - 1
                Dim propval As Object = pi(i).GetValue(SystemInformation.PowerStatus, Nothing)
                textBox1.Text += ControlChars.CrLf + "    PowerStatus." + pi(i).Name + " is: " + propval.ToString()
            Next i
        Else
            ' Display the value of the selected property of the SystemInformation type.
            Dim t As Type = GetType(System.Windows.Forms.SystemInformation)
            Dim pi As PropertyInfo() = t.GetProperties()
            Dim prop As PropertyInfo = Nothing
            Dim i As Integer
            For i = 0 To pi.Length - 1
                If pi(i).Name = propname Then
                    prop = pi(i)
                    Exit For
                End If
            Next i
            Dim propval As Object = prop.GetValue(Nothing, Nothing)
            textBox1.Text += ControlChars.CrLf + "The value of the " + propname + " property is: " + propval.ToString()
        End If
    End Sub    
    
    Private Sub InitForm()
        ' Initialize the form settings
        Me.listBox1 = New System.Windows.Forms.ListBox()
        Me.textBox1 = New System.Windows.Forms.TextBox()
        Me.listBox1.Anchor = CType(System.Windows.Forms.AnchorStyles.Top Or System.Windows.Forms.AnchorStyles.Bottom Or System.Windows.Forms.AnchorStyles.Left Or System.Windows.Forms.AnchorStyles.Right, System.Windows.Forms.AnchorStyles)
        Me.listBox1.Location = New System.Drawing.Point(8, 16)
        Me.listBox1.Size = New System.Drawing.Size(172, 496)
        Me.listBox1.TabIndex = 0
        Me.textBox1.Anchor = CType(System.Windows.Forms.AnchorStyles.Top Or System.Windows.Forms.AnchorStyles.Bottom Or System.Windows.Forms.AnchorStyles.Right, System.Windows.Forms.AnchorStyles)
        Me.textBox1.Location = New System.Drawing.Point(188, 16)
        Me.textBox1.Multiline = True
        Me.textBox1.ScrollBars = System.Windows.Forms.ScrollBars.Vertical
        Me.textBox1.Size = New System.Drawing.Size(420, 496)
        Me.textBox1.TabIndex = 1
        Me.ClientSize = New System.Drawing.Size(616, 525)
        Me.Controls.Add(Me.textBox1)
        Me.Controls.Add(Me.listBox1)
        Me.Text = "Select a SystemInformation property to get the value of"
    End Sub
        
    <STAThread()>  _
    Shared Sub Main()
        Application.Run(New SystemInfoBrowserForm())
    End Sub

End Class

注釈

SystemInformationクラスには static 、現在のシステム環境に関する情報を取得するために使用できるプロパティが用意されています。 クラスは、Windows の表示要素のサイズ、オペレーティングシステムの設定、ネットワークの可用性、システムにインストールされているハードウェアの機能などの情報へのアクセスを提供します。 このクラスはインスタンス化できません。

システム全体のパラメーターの詳細については、「 SystemParametersInfo」を参照してください。

プロパティ

ActiveWindowTrackingDelay

アクティブ ウィンドウ トラッキングの遅延時間を取得します。

ArrangeDirection

オペレーティング システムが最小化ウィンドウを整列する方向を示す値を取得します。

ArrangeStartingPosition

オペレーティング システムが最小化ウィンドウの整列を開始する位置を示す ArrangeStartingPosition 値を取得します。

BootMode

システムの起動時のブート モードを示す BootMode 値を取得します。

Border3DSize

3 次元 (3D) スタイルのウィンドウまたはシステム コントロールの境界線の太さ (ピクセル単位) を取得します。

BorderMultiplierFactor

ウィンドウのサイズ変更境界線の太さを決定するときに使用する、境界線の乗数を取得します。

BorderSize

フラットスタイルのウィンドウまたはシステム コントロールの境界線の太さ (ピクセル単位) を取得します。

CaptionButtonSize

ウィンドウのタイトル バー内のボタンの標準サイズ (ピクセル単位) を取得します。

CaptionHeight

ウィンドウの標準のタイトル バー領域の高さ (ピクセル単位) を取得します。

CaretBlinkTime

キャレットの点滅間隔を取得します。

CaretWidth

エディット コントロール内のキャレットの幅 (ピクセル単位) を取得します。

ComputerName

ローカル コンピューターの NetBIOS コンピューター名を取得します。

CursorSize

カーソルに使用できる最大サイズ (ピクセル単位) を取得します。

DbcsEnabled

オペレーティング システムが 2 バイト文字セット (DBCS: Double-Byte Character Set) の文字を処理できるかどうかを示す値を取得します。

DebugOS

デバッグ バージョンの USER.EXE がインストールされているかどうかを示す値を取得します。

DoubleClickSize

2 回のクリックがダブルクリックであるとオペレーティング システムに認識されるために、ユーザーがクリックする 2 つの位置が含まれている必要がある範囲のサイズ (ピクセル単位) を取得します。

DoubleClickTime

マウス操作がダブルクリックであると OS に認識されるための、1 回目のクリックと 2 回目のクリックの間の最大経過時間 (ミリ秒単位) を取得します。

DragFullWindows

ユーザーがウィンドウ全体のドラッグを有効にしているかどうかを示す値を取得します。

DragSize

ドラッグ操作が開始されない範囲を示す、クリックしたポイントを中心とする四角形の幅と高さを取得します。

FixedFrameBorderSize

キャプションがあり、サイズを変更できないウィンドウの枠の境界線の太さ (ピクセル単位) を取得します。

FontSmoothingContrast

ClearType スムージングで使用されるフォント スムージングのコントラスト値を取得します。

FontSmoothingType

フォント スムージングの現在のタイプを取得します。

FrameBorderSize

ドラッグによるサイズ変更中のウィンドウの周囲に描かれるサイズ変更境界線の太さ (ピクセル単位) を取得します。

HighContrast

ユーザーがハイコントラスト モードのユーザー補助機能を有効にしているかどうかを示す値を取得します。

HorizontalFocusThickness

システム フォーカスを示す四角形の左端と右端の太さ (ピクセル単位) を取得します。

HorizontalResizeBorderThickness

サイズ変更中のウィンドウの周囲に描かれるサイズ変更境界線の左端と右端の太さ (ピクセル単位) を取得します。

HorizontalScrollBarArrowWidth

水平スクロール バーの矢印ビットマップの幅 (ピクセル単位) を取得します。

HorizontalScrollBarHeight

水平スクロール バーの既定の高さ (ピクセル単位) を取得します。

HorizontalScrollBarThumbWidth

水平スクロール バーのスクロール ボックスの幅 (ピクセル単位) を取得します。

IconHorizontalSpacing

大きいアイコン表示でアイコンを整列するセルの幅 (ピクセル単位) を取得します。

IconSize

Windows のプログラム アイコンの既定のサイズ (ピクセル単位) を取得します。

IconSpacingSize

大きいアイコン表示でアイコンを整列するために使用される四角形グリッドのサイズ (ピクセル単位) を取得します。

IconVerticalSpacing

大きいアイコン表示でアイコンを整列するセルの高さ (ピクセル単位) を取得します。

IsActiveWindowTrackingEnabled

アクティブ ウィンドウ トラッキングが有効かどうかを示す値を取得します。

IsComboBoxAnimationEnabled

コンボ ボックスのスライドオープン効果が有効かどうかを示す値を取得します。

IsDropShadowEnabled

ドロップ シャドウ効果が有効かどうかを示す値を取得します。

IsFlatMenuEnabled

ネイティブなユーザー メニューでフラットなメニュー表示形式を使用するかどうかを示す値を取得します。

IsFontSmoothingEnabled

フォント スムージングが有効かどうかを示す値を取得します。

IsHotTrackingEnabled

メニュー バーにあるメニュー名のようなユーザー インターフェイス要素のホット トラッキングが有効かどうかを示す値を取得します。

IsIconTitleWrappingEnabled

アイコンタイトルの折り返しが有効かどうかを示す値を取得します。

IsKeyboardPreferred

ユーザーがマウスではなくキーボードを主に使用するため、アプリケーションがキーボード インターフェイスを表示するよう設定しているかどうか (設定しない場合は表示されません) を示す値を取得します。

IsListBoxSmoothScrollingEnabled

リスト ボックスのスムーズ スクロール効果が有効かどうかを示す値を取得します。

IsMenuAnimationEnabled

メニュー フェードまたはスライド アニメーション機能が有効かどうかを示す値を取得します。

IsMenuFadeEnabled

メニュー フェード アニメーションが有効かどうかを示す値を取得します。

IsMinimizeRestoreAnimationEnabled

ウィンドウの最小化と復元のアニメーションが有効かどうかを示す値を取得します。

IsSelectionFadeEnabled

選択フェード効果が有効かどうかを示す値を取得します。

IsSnapToDefaultEnabled

既定のボタンに移動機能が有効かどうかを示す値を取得します。

IsTitleBarGradientEnabled

ウィンドウのタイトル バーのグラデーション効果が有効かどうかを示す値を取得します。

IsToolTipAnimationEnabled

ToolTip アニメーションが有効かどうかを示す値を取得します。

KanjiWindowHeight

2 バイト文字セット (DBCS) バージョンの Windows で画面の一番下に表示される漢字ウィンドウの高さ (ピクセル単位) を取得します。

KeyboardDelay

キーボードのリピート遅延設定を取得します。

KeyboardSpeed

キーボードのリピート速度設定を取得します。

MaxWindowTrackSize

キャプションとサイズ変更境界線があるウィンドウの既定の最大サイズ (ピクセル単位) を取得します。

MenuAccessKeysUnderlined

メニュー アクセス キーに常に下線を付けるかどうかを示す値を取得します。

MenuBarButtonSize

メニュー バー ボタンの既定の幅 (ピクセル単位) とメニュー バーの高さ (ピクセル単位) を取得します。

MenuButtonSize

メニュー バー ボタンの既定のサイズ (ピクセル単位) を取得します。

MenuCheckSize

メニューのチェック マーク領域の既定のサイズ (ピクセル単位) を取得します。

MenuFont

メニューに表示するテキストのフォントを取得します。

MenuHeight

メニューの 1 行の高さ (ピクセル単位) を取得します。

MenuShowDelay

マウスのカーソルがサブメニュー項目の上に置かれてから、ショートカット メニューを重ねて表示するまでにシステムが待機する時間 (ミリ秒単位) を取得します。

MidEastEnabled

オペレーティング システムがヘブライ語やアラビア語に対応しているかどうかを示す値を取得します。

MinimizedWindowSize

標準の最小化されたウィンドウのサイズ (ピクセル単位) を取得します。

MinimizedWindowSpacingSize

最小化されたウィンドウを整列する際に各ウィンドウに割り当てられる領域のサイズ (ピクセル単位) を取得します。

MinimumWindowSize

ウィンドウの最小の幅と高さ (ピクセル単位) を取得します。

MinWindowTrackSize

ドラッグによるサイズ変更時のウィンドウの既定の最小サイズ (ピクセル単位) を取得します。

MonitorCount

デスクトップ上のディスプレイ モニターの数を取得します。

MonitorsSameDisplayFormat

すべてのディスプレイ モニターで同じピクセル色形式が使用されているかどうかを示す値を取得します。

MouseButtons

マウスのボタンの数を取得します。

MouseButtonsSwapped

左右のマウス ボタンの機能が入れ替わっているかどうかを示す値を取得します。

MouseHoverSize

マウス静止メッセージが生成されるためにマウス静止時間が経過するまでマウス ポインターをとどめておく必要がある四角形の領域のサイズ (ピクセル単位) を取得します。

MouseHoverTime

マウス静止メッセージが生成されるために静止領域内にマウス ポインターをとどめておく必要がある時間 (ミリ秒単位) を取得します。

MousePresent

ポインティング デバイスが取り付けられているかどうかを示す値を取得します。

MouseSpeed

現在のマウス速度を取得します。

MouseWheelPresent

マウス ホイール付きのマウスが取り付けられているかどうかを示す値を取得します。

MouseWheelScrollDelta

マウス ホイールの 1 目盛りの回転で増分される差分値を取得します。

MouseWheelScrollLines

マウス ホイールを回転したときにスクロールする行数を取得します。

NativeMouseWheelSupport

マウス ホイール付きのマウスが取り付けられているかどうかを示す値を取得します。

Network

ネットワークが接続されているかどうかを示す値を取得します。

PenWindows

Microsoft Windows for Pen Computing 拡張機能がインストールされているかどうかを示す値を取得します。

PopupMenuAlignment

ポップアップ メニューを、対応するメニュー バー項目のどちら側に整列させるかを取得します。

PowerStatus

現在のシステム電源の状態を取得します。

PrimaryMonitorMaximizedWindowSize

プライマリ ディスプレイ上の最大化されたウィンドウの既定のサイズ (ピクセル単位) を取得します。

PrimaryMonitorSize

プライマリ ディスプレイの現在のビデオ モードのサイズ (ピクセル単位) を取得します。

RightAlignedMenus

ドロップダウン メニューが、対応するメニュー バー項目に対して右寄せになっているかどうかを示す値を取得します。

ScreenOrientation

画面の向きを取得します。

Secure

オペレーティング システムにセキュリティ マネージャーが設定されているかどうかを示す値を取得します。

ShowSounds

アプリケーションから通常は音で提供される情報を、視覚的な形で提供するようにユーザーが設定しているかどうかを示す値を取得します。

SizingBorderWidth

サイズ変更中のウィンドウの周囲に描かれるサイズ変更境界線の幅 (ピクセル単位) を取得します。

SmallCaptionButtonSize

小さいキャプション ボタンの幅 (ピクセル単位) と小さいキャプションの高さ (ピクセル単位) を取得します。

SmallIconSize

小さいアイコンのサイズ (ピクセル単位) を取得します。

TerminalServerSession

呼び出し元のプロセスがターミナル サービスのクライアント セッションに関連付けられているかどうかを示す値を取得します。

ToolWindowCaptionButtonSize

小さいキャプション ボタンのサイズ (ピクセル単位) を取得します。

ToolWindowCaptionHeight

ツール ウィンドウのキャプションの高さ (ピクセル単位) を取得します。

UIEffectsEnabled

ユーザー インターフェイス (UI) 効果が有効にされているか、無効にされているかを示す値を取得します。

UserDomainName

ユーザーが属するドメインの名前を取得します。

UserInteractive

現在のプロセスがユーザー対話モードで実行されているかどうかを示す値を取得します。

UserName

現在のスレッドに関連付けられているユーザー名を取得します。

VerticalFocusThickness

システムのフォーカスを示す四角形の上端と下端の太さ (ピクセル単位) を取得します。

VerticalResizeBorderThickness

サイズ変更中のウィンドウの周囲に描かれるサイズ変更境界線の上端と下端の太さ (ピクセル単位) を取得します。

VerticalScrollBarArrowHeight

垂直スクロール バーの矢印ビットマップの高さ (ピクセル単位) を取得します。

VerticalScrollBarThumbHeight

垂直スクロール バーのスクロール ボックスの高さ (ピクセル単位) を取得します。

VerticalScrollBarWidth

垂直スクロール バーの既定の幅 (ピクセル単位) を取得します。

VirtualScreen

仮想画面の範囲を取得します。

WorkingArea

画面の作業領域のサイズ (ピクセル単位) を取得します。

メソッド

GetBorderSizeForDpi(Int32)

指定した DPI 値のフラットスタイルのウィンドウまたはシステム コントロールの境界線の太さ (ピクセル単位) を取得します。

GetHorizontalScrollBarArrowWidthForDpi(Int32)

水平スクロール バーの矢印ビットマップの幅 (ピクセル単位) を取得します。

GetHorizontalScrollBarHeightForDpi(Int32)

指定した DPI 値の水平スクロール バーの既定の高さ (ピクセル単位) を取得します。

GetMenuFontForDpi(Int32)

特定のディスプレイ デバイスの DPI の変更で使用するためのメニューに表示するテキストのフォントを取得します。

GetVerticalScrollBarWidthForDpi(Int32)

指定した DPI 値の垂直スクロール バーの既定の高さ (ピクセル単位) を取得します。

VerticalScrollBarArrowHeightForDpi(Int32)

垂直スクロール バーの矢印ビットマップの高さ (ピクセル単位) を取得します。

適用対象

こちらもご覧ください